今年も誕生日

 
わざわざ隠すことでもなく わざわざ言うことでもなく シニアであることには違いない年齢不詳の麦である

Aっ子さんから 「お食事しましょう! いつがいいか 次の日の中から選んで!」 と言うメールがあった数日前
「では この日に」 と 候補日の中から指定したのは 思い出にしたい 私の誕生日だから

ホテルの6階とは思えない ガラス張りの外は せせらぎに浮かぶ岩でカメさん家族が甲羅干しをしている 日本庭園の風情

まずは飲み物で 「お誕生日 おめでとう」 

先付

20170620_114926.jpg 

右手前の四角い容器は 切り干し大根のキンピラ

DSC05833 (1)

20170620_120019.jpg 20170620_120653.jpg 

馬鈴薯による仕立て椀は 出し汁だけで 十分に一品料理となりそうに重厚
お刺身の 本日おすすめ は ヒラメ

20170620_122030 (1) 20170620_123224 (1) 

食事
Aっ子さんは 大海老天婦羅で蕎麦 私は 和風ステーキ丼をチョイス
ステーキは好まない私だけど 和風ってことで選んでみた
美味しかった-!

20170620_125230.jpg

デザートのトマト蜜漬けに 温かい麦茶
 

催促したみたいに 指定した誕生日当日のセレモニーになったけど きっと私の下心でないってことは 解ってくれてるはず
スマホを取り出した私のために 「写真を撮っていいですか?」 と スタッフさんに了解を得て シャッターが済むまで お料理に手を付けず待ってくれるのも 習慣となり
今年も 1年 良いことが たくさんありますように

スマホで恒例となった知友人からのメッセージも ますますバラエティーなご時世となり 幼なじみからは こんな込み入ったのが 

[広告] VPS


いつも植物の肥料は 元肥にマグアンプK 追肥はハイポネックスと リーズナブルなのだけれど ご近所の花友さんからハプニングで あの HB-101 が~!

DSC05834.jpg

彼女の誕生日に 二人で飲みに行ったとき 会計を引き受けた私へ お返しって事だけど
海老鯛のような気も ・・・
 
 
DSC05815.jpg

年々 侘しくなるような夫からの花束は 今年も 変わりなく 赤いバラ

どれも 嬉しく 
中でも特別な 徳永さんのライブチケット

MVYiyd2iTGtr41j1497972655_1497973342[1]

ツアーのお知らせが ないないと思っていたら 今年は 珍しく 9月スタートとのこと
まだチケットが届かないから 目録で 
 

みんな ありがとう

もしかしたら 今年は来ないかな と思っていた友からも いつもの年より遅れたころに メール着信あり
少し控えめな 短い お祝いメッセージだったけれど いつもと同じように 

来年も同じように いつまでも このような私の生まれた日が繰り返されますように と この日の最後に届いた友人からのメッセージ画面を目にして思った


 

スポンサーサイト


しりとり掲示板 (^^♪

 

パイナップルリリー の発芽

大成功です

これを記念して  という訳でもありませんが しりとり を こちらに移動しました
どうぞ お楽しみくださいね

【いりたまご】   次は 【ご】 です


 
パイナップリリー 発芽

DSC05807.jpg
 

ガーデニングが趣味 と言うには恐れ多く 種を蒔いて育てることを楽しんでいる ただの花好きでしかないのだけれど

その人は 我が家の玄関を通り過ぎる誰から 何を聞いたか 「貴女なら どうにかしてくれるのではないか」 と 託された 透明な花瓶の水中で白い根を出したパイナップルリリーの葉

「枯れても責任は持てない」 を条件に譲り受け 慎重に見守って 植え付けた球根は 5~6球は あったと思うけれど とりあえず 3芽
鉢から緑色の芽を見つけた時の 安堵感と 嬉しさを どう言って表したら良いのでしょう

何よりも 土の中で生きていてくれた あなたに 「芽を出してくれて ありがとう」






父の日の かくれミッキー


出張から戻ったハタラキバチさん

久しぶりに腕を振るい ≪夕飯 取りに来て≫ と ラインに入れるんだけど 返信どころか既読にもならない父の日のこと

特に父の日と言う意識はなく ただただ 娘家族と触れ合いたいだけだと思うけれど
≪大河ドラマ 直虎≫ が 始まって 私からも見放される時刻となり 「もう寝る」 と 寝室へ

20時過ぎに ようやく 「爺は~!」 と アーちゃんが やってきた


「ママがね 会社に行くとき 持って行ってね だって」

DSC05808.jpg 


父の日のプレゼントが目的 だったかどうか 怪しいけど
最近 通い始めたレッスンを休みたくない男児天使 と 年パスを持たないパパは自宅待機で アーちゃんとママが シーに行ったらしい


DSC05811.jpg

さすがに紳士用には さりげなく かくれミッキー
 

淋しくベッドに入った 父の日の父でしたが 今朝は ご機嫌で出勤しました


 
DSC05814.jpg

多肉のセダムを主に こんなリースを作ってみた
 





やっと そっと



ブログを綴るにあたり、私は、gooブログ、ブログ村、FC2、の管理体制を経験しました。
そこで、今、
【誹謗中傷】 という4文字を、軽々しく表現する人間性に接したことで、もう2度と、このようなことと関わることのないよう戒め、ここに私の結論を書き留めようと思います。

つい先日の事、訳あって、このブログにパスワードを設け、閲覧者を限定することがありました。

アクセス解析によって、分かったことが何件かあります。
結果は、HNであろうと個人情報になると思うので、初めから、今でも、それを公開する気持ちはありません。

ただ、数年前に、私のブログで初めて 【なりすまし】 と言う行為を受け、そのコメント主が、かれんさんの妹さんであることは、かれんさんの書き込みにより判明し、公になっております。
その際には、私から妹さんへ、メッセージを差し上げました。
すると 「私たち姉妹を憎む麦の執念が恐ろしくて、ブログを続けられなくなった。」 と言う意味のことを書き残して、ブログを閉じられた妹さんのことを、私は忘れることができません。

悪意のある【なりすまし】 という行為は、人道に外れていると思います。
したがって、私は、なりすまし、と言う卑劣な行為が、日常茶飯事に起こっていることだとは思いません。

孫を装った「振り込め詐欺」ほどの犯罪ではないにしても、ごく平凡な主婦のブログ上で、他人を装ったコメントが書き込まれるようなことが、日常の出来事だとは思えないのです。

ご姉妹にしても、某ブログにしても、【なりすまし】 に対する考え、行為、発言が、あまりにも軽率で、安易すぎるように思います。


【愚者の戯言】 は、まちがいなく、私が立ち上げたブログです。
当時、※moさんは、ご自身のブログを削除し、ブログ村からも退出しておられたので、【愚者の戯言】 というブログの存在そのものすら、ご存知なかったようです。

そういう状況下で、かれんさんは、【愚者の戯言】 に貼ってあった画像を、「※moさんのブログで見た。」 と言い、【愚者の戯言】 の管理人であった私を、※moさんの、【なりすまし】 だと決めつけておられました。

その後、【愚者の戯言】の存在を、お知りになった※moさんからもコメントが入り、【なりすまし】 を否定することがあったと思います。
しかし、それでも、かれんさんは、
【相手に迷惑がかかるので言えないけれど、信頼のおけるところから情報を得ているから、なりすましであることは間違いない。】 と、公言なさいました。
当然、それが、かれんさんの嘘であることは、ご本人と、※moさんと、私には、明確に分かっていることでした。

私は、この、かれんさんの嘘は、さほど悪質なものだとは思っていません。
幼い子が、つい、自分を守るために思わず嘘をつくようなレベルの、たわいない印象です。


【麦に誹謗中傷された】 という、かれんさんの思い込みを取り払っていただくことを諦めた今、上記した事柄を根拠に、かれんさんは、さりげなく嘘をつく人格であることを再認識し、ここに記す気持ちになりました。

【愚者の戯言】 の管理人は私ですし、※moさんは、まぎれもなく別人です。
当然ながら、かれんさんは、ご自分が、作ったか想像したかの嘘を公開した事を、自覚なさっておられることでしょう。
そして、妹さんも、1度ではない ご自分の 【なりすまし行為】 が明るみになった事実も、忘れてはいないと思います。

人を憎みながら生きていくのは、苦痛です。
「もう忘れましょう」  と、何度か提案して来られた、かれんさんご自身も、【誹謗中傷された】 という思い込みを、きれいに忘れ消し去ることは、できないように思いました。
そしてまた、私も、かれんさんから私へ向けられる、その視線を無視することができずにいました。

しかし、今、コメント欄を閉じながらでも、閲覧者さんへ、ご自分が被害者であることを示しつつ、ブログを綴ることで満足なら、それで良いのではないか、と思うようになりました。


【この人と、今後、絶対に関わるまい】 と決心して蓋をしてきたことが、日本の伝統を愛し守り継ぐ精神には、黙って見逃がすことができなかったのでしょう。
その、きよさんが、私の汚名を返上するために立ち上がってくださったことで、いろいろなコメントが書き残されましたね。
その中での反論のコメントは、きよさんが成し遂げようとする行動に対し、それを阻止するための内容で、一致していました。
最初の、蟹さんから今までに至る数名の、言葉使いやHNは異なっていても、意図するところは、一様に、きよさんの力を借りた私の目的を、今すぐに終わらせようとする本音が読み取れるコメントでした。

要するに、かれんさんの妹さんが、私のブログに、一方的に書き残した、URL付きのコメントの目的と同じ。
【なりすまし】 という行為に重みがなく、そのような悪意を日常茶飯事と考える世界。
他人になりすますことに、負い目を感じず、陰で嘘をついて表面では平静を保てるということ。

人生の大半を終えた年齢で、そのような感覚の方々に、今、【麦に誹謗中傷された】 という思い込みを、簡単に取り払っていただくのは不可能に近く、また、その必要もないように思います。


10数年前、PC操作に、よちよち歩きだった私にとって、理不尽な世間から逃れられるバーチャルな世界、それがネットでした。
しかし、そのような時代は過ぎ、子供からシニア世代までPCが浸透し、安易に使いこなせる昨今、バーチャルな世界で、リアリティーに理不尽な行為がまかり通るのですね。

むしろ、顔も見えず、名前も知られず、他人になりすますことが容易なネットは、実社会以上に、住みにくい世界なのかもしれません。

これまで、かれんさんから書き込まれる、ご不満に対し、その都度、その解決に向けて話し合いを求めた私でしたが、【理性を欠いた麦と話し合うことは、低次元なこと】 と、言うような理由で、拒否されてきました。
ここにきて、また、一方的に、ご自分の正当性を貫き、私には汚名を貼ったまま、去って行かれました。

そこで、私が解決しようとする目的に、しつこい、などの理由で、事実を把握しないかたからの、勝手な思い込みによるコメントが相次ぎました。

これからも、私が、何かを書いて公開したとしたら、同じような書き込みが繰り返されることでしょう。


ここに綴った、かれんさんに纏わる内容は、これまでの事実を書き留めたまでですが、第三者には、他人を中傷した内容と受け取られるかもしれません。
しかし、今後も、私から、かれんさんへの問いかけを、阻止しようとするコメントが繰り返されたなら、
それに対応する時間や、精力の無駄を思えば、たとえ中傷だと思われようとも、私の目的を、今ここで終わらせるための解決方法を、他に見出すことができませんでした。


かれんさん、貴女が、ここを開くことは無いかもしれませんが ・・・

簡単に嘘をつく、という貴女の人格を、ここに、まざまざと書き記すことは、さほど重要ではありません。

貴女が、私に対して、被害者であることを、堂々と証明できるのなら、なぜ、逃げるのでしょう。

もしも貴女が、互いの食い違いを解決する目的に向き合って下さったなら、貴女は、家族を守り守られ、お幸せで素敵な女性、というイメージで済まされたことです。
しかし、
自分勝手な思い込みを公開され、自分勝手な書き込みを繰り返され、これまた自分勝手な妹さんに、かれんさんの正当化されたメッセージを、一方的に書き残され、そして、今でも、麦に誹謗中傷された被害者の貴女。

貴女より若輩者ではありますが、私にもプライドがあります。
失礼ながら、ネット上で許せない  【誹謗中傷】 という、背筋が凍るような4文字を置き去るような人格の貴女に、蔑まれたまま引き下がるには、私のプライドが許しませんでした。

そして、私【麦】を、精神病扱いし、事あるごとに人格否定した、とある場所に於いて、
私の想像でしかありませんが、政治的思想の相違による思惑によって、貴女の是非を問うことなく、無条件で貴女を擁護されたことに甘んじる貴女を、お気の毒に思うからです。


出来ることなら、もっと柔らかに、自然体で、【麦は、かれんさんを誹謗中傷するような者ではないこと】 を、かれんさん、貴女に分かってほしかったです。
些細なことかもしれないけれど、貴女に、その切り替えをしていただくことができたなら、貴女も私も、どんなにか大きく救われたと思います。

今度こそ、決して、これから私に関わってくることは、おやめください。
これを、ここに書きあげるまでには、いろいろな下準備を重ね、ここで公開しても、ネットでのマナーに問題ないという判断を下した結果です。





何年ぶりかの イワタバコ & 八重のドクダミ


咲いた花の記録を主に綴るようになって 何年になるでしょう

SNSでの日記は 保存することもなく 解散と同時に消えてしまったけれど ほぼ10年近くともなると 毎年 同じ花の画像を載せていることに気付かされる

でも 今日の開花は 我が家で 2回目の 花

数年前に咲いてのちに絶え 去年 里山のエイちゃんが届くてくれたイワタバコに花芽が上がり いよいよ開花のときを迎えた

イワタバコ

DSC05805.jpg

咲きましたよ


確か 色違いとのことだった もう一鉢に白っぽい蕾が上がっています
もしかしたら 薄いピンクが咲くかな

冷たい冬が去り 立て続けに花開く季節から やがて炎天下で咲く夏の花も 意外に多い
その境目のとき 我が家で咲く花は 

 
ユリズイセン

DSC05758.jpg

植えっぱなしで 毎年 同じところから芽が出る 丈夫な花

メキシカンハット

DSC05806.jpg

これも 戸外で冬を越し 毎年 必ず咲いてくれる

増えすぎることで迷惑がられがちなドクダミ

DSC05756.jpg

我が家では なぜか 葉ばかりだったところ 久しぶりに花を見ることが出来た ドクダミの 八重
 

やがて迎える 太陽の季節

今年は 珍しく 2種類の朝顔を蒔いた
一種は おまけで頂いた種 曜白

もう一つは ここ数年 欠かしたことのない 渓流
炎天下が続く 真夏の朝のひととき
その名が表す通りの 清々しい花姿に 今日も一日 暑さに負けず という意気込みを貰い そして 遠い昔 この種を頂いたかたへ どうか元気でと 願い事をしたい 今年の朝顔 渓流 である

 
 
 




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad