るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


カンガルーの何?

 

数日前のこと ハタラキバチさんが どなたからか頂いたと ニコニコ顔で持ち帰った オーストラリアみやげ

色違いとかなら ともかく なぜか 色も形も まるっきし同じものが二つ

縁起が良い お守り みたいなものだそうで
「コインを入れて持ち歩けば お金が貯まるだって」  とのこと

同じものが二つなので それならばと 一個は 娘宅に 届けた


DSC06741.jpg 



パッケージの説明書きによると 
カンガルーの本革による何やら 信頼のおけるアイテムであることが伺えるのだけれど  私の英語力での訳によれば それ以上の詳細は 記されてないような ・・・

カンガルーの皮から取れる 同じもの 二つ

カンガルーの 何?


爺から 正解を聞いた アーちゃんは 青ざめたらしい


 
スポンサーサイト


喜 続く

 

1年の内で 最も好きな季節が 台風だったり 思いがけないアクシデントだったりで 鉢花の手入れも ままならないまま 冬の風
そしてまた ギブスの手では 外出もままならなかったけれど いよいよキャンセルも限界となり 袖口が広い上衣に 夫のブカブカダウンを拝借し 左腕を90度に固定して 外に出た
肘にバッグを掛け 右のポケットに入れた手の中で スマホが揺れた

「今 家に居ますか~? 柿をお届けしたいんだけど・・・」 との事なので 用事を済ませてから 帰りがけに寄ることにした

去年も 彼女のお父様が丹精込めた ・・・ とは聞いてないけど 「おじいちゃんの庭で採れた」  という柿を頂いたので 今年も豊作かなと思ったら 自家製ではなく SPモードの柿でした

 
DSC06746.jpg 



ちょうど  お嬢さんの里帰り出産中で 退院したばかりの ちっちゃなちっちゃな赤ちゃんと ご対面!

おぉ!
天使だ!

小学生だった (*´∀`*) ちゃんが 夢をかなえて 就職して 結婚して お母さんになって 友も いよいよ3人のおばあちゃんになった


ずうっと 娘の子供の事を 孫と言わず天使と言い おばあちゃん と 呼びかけられることに抵抗のある私だったけれど 彼女と同じ3人のおばあちゃんだと思うと なぜか 素直に おばあちゃんを受け入れている私が居る

彼女も 私も 正真正銘の おばあちゃんになった

でも やっぱり 赤ちゃんは 天使なんだなぁ





喜怒哀楽の喜

 

今日の私は 嬉しい事が 二つ

まずは 目覚めてすぐに 友人のラインへ 「おめでとう」 と書き込みした
そして 間に合うか気になりながら 結婚式場へ 祝電を
一週間前になったら 事前に申し込んでおくつもりでいたのに 腕の負傷騒ぎでウッカリしていたのだ
午後の披露宴なので それまでには確実に届くと伺って 安堵

今年の春
11月に 結婚式を挙げることが決まったという報告を受け まだ先だと思っていたのに とうとう 今日と言う日が来たのね
嬉しい喜びであることは違いないけれど ご主人の喜びと寂しさとの複雑な心境を聞いていた
今日は 朝から キラキラ太陽の東京
きっと 寂しさを感じる余裕もなく 喜びに包まれることでしょう


そしてもう一つの 喜 は 遅れていた種の発芽が 確認できたことである

蒔いたのは ちょうど 一ヵ月前の事
条件によって差はあっても 半月も過ぎれば発芽するものと 常日頃から 不確実な記憶に頼るアバウトな花好き

さすがに1ヶ月を経過しようとなると やや諦めムードだった数日前のこと 「オキシペタラム」 の プレートが立った土に ひび割れた土の盛り上がりを発見
それでも 使い回しの土に 雑草の種が混じった可能性は十分にあるので 手放しで喜ぶのは抑え気味だったけれど
今朝 見つけた 双葉は 間違いなく オキシペタラムの芽 だ


  DSC06739.jpg


オキシペタラムの株は 夏越ししているから 今年は蒔かなくてもよかったのだけれど そこは 我が子同然に愛しい オキシペタラム
せっかく採れた種だったし 今年は 芳しく咲くことがなかったので 来年は たくさんの苗を育て上げて 「幻のブルーが咲き乱れてる」  と形容したいもの 





そーゆーこと

 

私がチェックした その数字が もしも棒グラフで表されていたなら この日は飛びぬけて長く伸び 必要以上に不快感を覚えたに違いない

ブロガー ツイート などの新語も掲載され 莫大な数の言葉が載った 広辞苑
その広辞苑の中の とある2文字の熟語を選んで公開したことが それを目にした野次馬によって 私の そのグラフに 異常な数字を示させた原因と思われる

どのような意図で そこに さほど適切とは思えない その熟語を用いたのか 理解に苦しむ 
いえいえ 理解に苦しむなんていうことはなく きっと 下心あっての事かと想像し それを事実として決めつけかねない 今の 麦なのだ

ナンバンギセル

DSC06734.jpg 

ススキに寄生して 毎年 律儀に咲くようになった


無理しているようには見えず 自分の行動が原因で世間を お騒がせしている現実を 穏やかな表情で謝罪する姿

自然体で非を認め 反省と謝罪とを 冷静な言葉で表に現すインタビューの映像
その姿からは 骨折し髄液が漏れるほどの暴力をふるうような人には思えないけれど 酒に酔うと まるで人格が変わる人もいるから 事実は分からない

ビール瓶では 殴ってない という人もいる
しかし その人が その場でビール瓶の瞬間を見逃したかもしれないし あるいは渦中の力士に対する個人的な情か 又は何かの圧力によるところでの虚言ではないか と 言い切れないかもしれない


本人も その場にいた人でさえも ましてや お酒の場なら 思い出せないことも 分からないことも いくらでも あるかもしれないし


事実を 間違いのない事実として 確証を決定できるのは そう簡単なことではないと思う

 
知らないこと 分からないことは いくらでもある中で 自分が見聞きしたことだけを事実だと思い込み 決めつけてはならないということを 私は だいぶ大人になってから ある人との出会いによって 教わった

万が一
何も非が無かったとしても 一度 公開された言葉によって決めつけられイメージ付いた人格を もとの人格に取り戻すことは 不可能に近い気がする

その力士のファンでも 相撲ファンでも アンチ相撲でも 何でもないけれど ここ数日で見聞きする言葉が気になる次第 
  
もしも今 私の両手が自由に使えるのなら 今ここで PC前に座り こんなことを書いてるなんてことは なかったと思うけどね
ふふっ!


 


主婦業をこなせない主婦の一週間

 

腕を一本  ギブスで固定された主婦にとって 最も影響があるのは 食事かな

昨日は 差し入れのあったパンで満腹のところへ 「お昼ご飯に チヂミ食べますか」 と娘からの お声かけ

「 ありがとう  (๑❛ᴗ❛๑)オバチャンから パンの差し入れがあったから」 

と まあ
どうにかこうにか 大きく飢えることもなく 無事に 週末を迎えた

出勤前に朝食を作り 帰宅して 生姜焼きとか簡単ではあるけれど 夕食作りまで請け負ってくれたハタラキバチさんも さすがに 昨日は お疲れだったのか 駅前から お寿司を持ち帰り

世は  11月の第3木曜日 ボジョレヌーボーの 解禁日である
お友達の関係とかで 毎年 まとめ買いをしている友人から 今年も オスソワケが届いた


DSC06712.jpg DSC06727.jpg



例年なら そのうちに開けましょうと 階下の物入れに仕舞い込むところだけど 今夜は 夫に労いの気持ちを表そうと思い テーブルにセットしておいたのでしたが

「今日は いいや」 と
ここでも ゆっくりワインと言うようなユトリはないらしくて いつもの量のビールに お寿司で夕食は お開き


ようやくの 金曜日
「夕飯 何か買ってくるから」 と 言い残した夫の後ろ姿を見送り  何気なく空模様を見上げたら くっきりとした青空の東方向に 飛行機雲の始まりを発見
 
2次災害を意識して 充分に気を付けながら 大急ぎでカメラを取りに 部屋に戻った


DSC06721.jpg 



だいぶ 西の方へ伸びていたけれど まだ 先端に間に合った

飛行機かぁ ・・・
      
紅葉が目的でありながらも 微妙に最盛期を外して 秋の京都を訪ねる 私の こだわりの旅 ・・・

今年は 諦めるかなぁ ・・・
 


 




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad