るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


幸せを オスソワケ

ブログを書くようになって 10年目
綴るのは 大半が植物に関することで とりわけ多いのが オリーブのこと

それは おそらく終の棲家になるであろう  この家に植えた木に纏わる思いと 常緑樹であることから四季に亘って 私を楽しませてくれる木だからなのでしょう

ダイヤはさておき 安物の宝石にも劣らない輝きを伴って色付いた実が 我が家に幸せをもたらすクライマックスのとき 

摘んだ実を入れる籠やビニール袋を数枚と 鋏 脚立 伸びすぎた枝に付いた実は剪定がてら摘むためのノコギリを準備して 作業を始めます

通りすがりの方から 折々に 声をかけられるオリーブですが 摘果の日は 1年で 最も多くの方から お褒めの言葉をいただきます


作業も終盤となったころ 町内会の顔なじみの方が足を止められました
何かを話そうと 互いに どちらから何を切り出そうか戸惑ううち 「実を摘んだんだ?」 に  

はい 私の幸せのオリーブなんですよ  と 答えたところ

「 そりゃぁ 幸せでしょ!  俺が今まで出会った中で 3番目に美人だもの ・・・ 」

幸せと美人とに 何が関係あるのかだけど 1番目でないところが 好感度高し

あら 3番目ですか
じゃ 1番目と2番目は どなた?
決闘しなくちゃ!

と さすが この年になると ご近所さんのセクハラ対応も板につき 去り際に 「 決闘して 1番になるのね~! 」 というセリフを残された紳士にも 幸せのオスソワケ  

5mは優に超えたオリーブは 落ち葉や春の花ガラが 通行人の迷惑になることもあり せめて 今の時期に恩返しできる喜びを 今年もまた 宇宙へ発信するのです

ありのままの心で 宇宙のみんなにも 私の幸せを オスソワケしたいから 


DSCN3073.jpg



相変わらず 毎日 お越しになられているのですね

お話しがその場しのぎで支離滅裂で、いつも聞く方は頭が次第に混乱してしまいます。
もう少し筋の通った、正攻法で私を責めて下されば、宜しいのに。


と  羅列した負の言葉を私に投げかけた その人と同一人物とは思えない綺麗ごとを  ご自身のブログに連ねる あなた

私が ブログを書くキッカケとなった もっとも避けたい 表と裏を使い分ける地球人


そのような地球人に 私の幸せのオスソワケを したくなくて 私は あなたの来訪を拒むのかもしれません




スポンサーサイト


テスト


早々と クリスマスローズの蕾です



kurisumasuro-zu


画像の貼り付け 成功 !





困ったアナログ人間



まだ あのころは 展覧会が催されるほどの人気者になるとは 頭をよぎることすらなかったクリスマスローズ
花屋さんで 鉢に挿してあるプレートの クリスマス&バラ というネーミングに騙されて 蕾さえなかった苗を持ち帰ったのが始まり

頑固とか強情とか そんなのも持ち合わせた私だけど けっこう融通が利き 周りが良いといえば良いと思えてしまうところもあって いつの間にか 多彩な色と形に心揺さぶられ 蕾が見えるのを楽しみ待つようになりました

クリスマスのころに咲くからクリスマスローズかと思えば そうでもなく ほとんどの種類が 年明けに咲きそろいます

いつもの年なら 蕾が見え始める晩秋から初冬にかけて 「来たー!」 と喜びの奇声にも思える花便りに 羨望と焦燥が私の胸の中に漂うのだけれど 今年はまだ どこからも 奇声は聞こえませんが

・・・・・・・・

たぶん 今年は私が一番乗り ?

去年 24株の大人買いをした中の一株が すでに開花寸前

画像は なし

なぜって 

ハイテクなパソコンに ついていけないアナログ人間

取り込みは どうにかできたけれど 編集した画像を保存してブログに張り付ける方法が解りません

SOS ・・・


ちなみに  
< アナログ人間 > とは 「パソコン操作が苦手な人の逃げ口上」  とありました

逃げるんじゃなくて 追いかけてるんですけどね 




なんちゃって歴女のガンバリ


問題六十一

 七たび生まれ変わっても天皇国家に忠誠を尽くすという誓を立て、明治時代に皇居外苑に銅像が建てられた武将とは誰でしょう?

・ 楠正成


問題六十二
 江戸時代後期に世に出た作品で、全編怪談が書かれている本とはなんでしょうか? また作者はだれでしょうか?

・ 雨月物語
・ 上田秋成 


問題六十三
 関ヶ原の決戦は、徳川家康と石田三成との戦いだと言われることがありますが、見方を変えると豊臣家内の内輪もめ?から権力争いへとエスカレ-トしたとの見方もあります。では、豊臣家五大老たちは関ヶ原の合戦では、家康、三成のどちらに付いたでしょうか?

・ 豊臣家五大老は、徳川家康、 前田利家、宇喜多秀家、上杉景勝、毛利輝元 ?
  宇喜多も毛利も三成に付いたけれど消極的。
  

問題六十四
 中国の歴史書によれば、古代日本には卑弥呼という女性がいたという記録があります。では卑弥呼の死後、後継者となった人物は誰でしょうか?

・ 台与


問題六十五
戦国時代後期から江戸初期にかけて、世界の銀の1/3を産出して世界的に知られていた銀山とはどこでしょう? またこの銀山で産出される銀には呼び名がありました、さて何銀と呼ばれていたのでしょう?

・ 石見銀山
・ ソーマ銀


問題六十六
 では、ちょいと横道に外れた問題、余興というかこじつけ(故事付け)です(笑)。
・本能寺の変、明智光秀をそそのかして信長を討たせたのは秀吉だという説は成立する可能性はありますか?

光秀の口を封じるため?中国大返しの早業を思えば、有り得るかと、、、。

・太平洋戦争、開戦の真珠湾攻撃はアメリカは事前に知っていたという説は成立する可能性はありますか?

解りません。

・桶狭間の戦い、信長は刺客を放って今川義元を殺害したという説は成立する可能性はありますか?

そのような説があるのですか?
今川軍の油断の隙と風雨の偶然としか。

・豊臣秀頼、じつは石田三成の子ではないかという説は成立する可能性はありますか?

三成かどうかですが、秀吉の子でない可能性は高いのでは?

・上田攻め、なぜ徳川秀忠は関ヶ原に遅刻するまで上田攻めを続けたのか、秀忠は関ヶ原の戦は行われないと考えていたという説の可能性はありますか?

秀忠は、家康に反抗したかっただけじゃないですか(笑)

と言いますか、この余興のこじつけは難し過ぎです (´_`。)


問題六十七
奈良時代、女帝と姦通したのではないかという伝説がある。妖僧というレッテルをつけて呼ばれることも多い。天皇になれというお告げ(神託)があったということで和気清麻呂が調査をして陰謀を暴いたという。この妖僧とは誰でしょう?

・ 道鏡


問題六十八
 1054年7月4日のこと、地球からおよそ7000光年の彼方で超新星爆発があった。この爆発を日記に記録した人物はだれか? またこの爆発で誕生した星雲とは何か?

・ 藤原定家
・ かに星雲


問題六十九
およそ100年毎に噴火を繰り返し、特に、延暦の大噴火、貞観の大噴火、宝永の大噴火で知られている日本の火山とはどこでしょう?
また、宝永の大噴火の前年に起こった討ち入り事件とはなんでしょう?

・ 富士
・ 元禄赤穂事件


問題七十
昭和20年春、風雲急を告げる戦況から本土決戦が想定されていた、本土決戦の前に時間稼ぎの為に行われた日米間の最後の大きな戦いとは何か? またその戦いでの日本側の司令官はだれか?

・ 沖縄戦
・ 牛島 満


 


種を食べる

私が育った地で実ることも果物やさんに並ぶ事もなく 絵か写真でしか知らなかったアケビは 目に和む淡い色をして愛嬌ある形から リンゴやミカンとは異なり 現実離れした お伽の国の果物のようなイメージがありました

大人になり お付き合いの幅も広がったおかげで だいぶ大人になった今では 遠くから送ってくださったり ご近所から数年に一度くらいオスソワケがあったりします

今年は 「頂いたんだけど 要る?」 という前置きがあった上で届いたアケビ

数年前に私が初めてアケビに出会って大喜びをしたものの 何度か重なると珍しさも薄らぎ もう有り難くないのでは? という気遣いから 事前の伺いがあったものと思われます
子供のころから食べ慣れて アケビには果物としての旨味を感じてなかったらしい彼女の気配りですが 大人になった今でも私には やはり おとぎの国の果物

遠慮なく頂いて まず目で楽しみ そして味わい ・・・

DSCN2961.jpg


味わい・・・

確かに 事前に伺いを立てる友の胸の内が見透かされます

お譲りするには 「要る?」 の前置きが必要な果物と言えばトロピカルフルーツのパッションも 果肉より種が多く 食べた後に 「果物を食べた」 という満足感は得られません


半世紀以上も生きたのに まだまだ未経験の事柄は数多く このたびは <キワーノ> という 怪獣の卵が届きました

孵化するまで 1個は義父母の遺影に 1個は3月に旅立ったワンコに供えました

DSCN2672.jpg


名前はもちろん見るのも聞くのも初めて
検索すると 緑色に黄色味が帯びてきたら 食べごろ とあります
あっ!
怪獣の卵ではなく 「キワーノという果物を送ります」 との前置きがあったのでしたっけ

いい具合に色付いてきたので 「カットしますよ 食べますよ」 と宣言し オアズケだったみんなで初体験です

DSCN2945.jpg


「要りますか?」

前置きが必要な 種を食べる果物3種 のお話でした


ちなみに オリーブの実は 種ではなく果肉を食べます 

DSCN2982.jpg
ミッション

DSCN2981.jpg
ネバティロブランコ


しばらく木になる実を目で楽しみ 実に皺が出る前に摘み取って塩漬けにします

実 要りますか?





今よりも 幸せな時があった

台風が北上するとき 進路の東側は暑くなるという記述を目にしました

なるほど夏のような暑さが戻った嵐のあとの翌日は 再びカレンダー通りの秋の風を余計に冷たく感じ 冬用のベストを引っ張り出して 小雨降る中をガーデニングフェアへ行ってきました

目ぼしいものは見つからず 手ぶらは淋しいので 指先ほどの虫篭を吊り下げた食虫植物の苗を二つ持ち帰りました

DSCN2959.jpg


うっかり水切れを繰り返し なかなか住み着かなかった斑入りテリハノブドウも ようやく我が家の定番の植物となり 初めて特徴のある色をした二個の実をつけました

DSCN2952.jpg


香りで季節を告げる花で 金木犀も その一つ
ハッピーマンデーという祝日の改定があった以前に 10月10日の体育の日の前後が 私なりに金木犀が咲く目安となっていました

体育の日 イコール 金木犀 に纏わる思い出を脳裏に蘇らせながら 強い香りは好まない私の家に シンボリツリーとして植えたヤマボウシの落ち葉を掃き集めていると 前の歩道を自転車で通り行くご夫人と目が合いました
知り合いではなく自然と視線は反れて 車輪の回転を変えることなく過ぎ去った その方が 交差点でUターンし こちらへ戻ってくる気配
他人事ながら どうされたのかなと言う疑問も含みつ そのお姿を視界に受け入れていると 我が家の方向を見上げて

「実が生るんですねぇ ・・・」


今年もオリーブが色付き始めました 

ご近所ではないらしく ここで毎年 オリーブの実が生るのを目にされたのは初めてのようで ここのところ急に色付きが増えたタワワな枝を見つけては感慨深そうな様子に なにか引っかるものがあったのでしたが 
案の定
オリーブの実への思いがあるそうで お店の人に薦められるまま 異種2本を植えたとのこと

まだ苗なんですよ
今年の春に植えたばかりなんです

この木も 苗だったんですよ
こちらの木は私の背くらいで 3年目には花がいっぱい咲くようになり 最初は実が付いても落ちることが多いですが つい こないだのことのようですから

すぐですよ ・・・

すぐ とは言っても 現実には 春 夏 秋 冬 を 10たび通り越してきました

私よりも 少し年配と思われる奥様に 一日も早く 実の生る日が訪れますように ・・・
色付いたオリーブの実は いつもなら自分本位の私をも 他人様の幸せを願う私に変えてしまいます

食虫植物のブースでのできごと
テリハノブドウを育てた苦労話
体育の日のころに咲く金木犀の思い出 

語りたいことは山ほどあったのだけれど
通りすがりの方が さらに輪をかけた オリーブの実が生る家で暮らす私の幸せは 食虫植物 テリハノブドウ 金木犀  それらの全てを越えてしまいました

オリーブのある家で暮らしたい という私の夢を叶えようと 苗を求めに旅した小豆島
2004年の春 それは 人生に不幸と言う文字すら存在しないと思うほど 私が幸せに満ちたときでした





18号に負け 19号に勝ち


警戒したわりには 静かに通り過ぎた台風19号
雨量も大したことなく 風だけが今日になって やや強めに吹いている程度です

18号で油断し 複雑骨折したコウテイダリア2本の内の1本は 先端から30cmのところで 完璧にブラブラ状態のため 脇芽が有り得るのかどうか解らないまま 添え木で立たせています

もう1本は 花が付くべき先端が折れたものの かろうじて茎が繋がっている部分が残ったので 棒と紐とで固定したところ 18号のあとで萎れていた葉が生き返り このたびの19号にも耐えて もしかしたら花を見られそうです


DSCN2946.jpg



歴史問題は ・・・
ようやく回答が揃いましたが 確信できるのは 50% ・・・



問題四十二
わたしの故郷の守山市には三宅という名前の集落があったり、町の旧名は、物部村と呼ばれていた。三宅とは古代の天皇の領地であり、物部とは古代の豪族の名前だと伝わっています。
さて、古代の豪族であった物部氏は日本古来の神々を崇拝していたが、外国から伝わってきた仏教という新しい神を受け入れることに反対した。こうした日本の旧勢力を排除・滅亡させて、仏教を国の正式な宗教として認めさせた人物とは誰でしょう?

ほっとけほっとけゴミヤさん!
仏教伝来538年、と覚えましたが、必ずしも、そうではないようですね。

答えは、曽我稲目?
ちょっと自信なし。


問題四十三
仏教が日本の新しい宗教となったが、この仏教推進勢力は天皇の臣下を抱き込んで天皇を暗殺してしまう。天皇が自分の臣下に弑逆されたのは長い歴史のなかでこの時が唯一だと言われている。
このときの天皇は誰でしょう? また天皇を暗殺した臣下とは誰でしょう?

・崇峻天皇
・曽我馬子


問題四十四
仏教推進勢力が天皇家の外戚となり勢力を伸ばす中で、欽明天皇の実子同士(異母兄妹)が結婚して生まれた人物で、仏教思想を軸に政治を推し進めた皇族は誰でしょう?

菟道貝蛸皇女(聖徳太子妃)・竹田皇子・小墾田皇女(押坂彦人大兄皇子妃)・尾張皇子・田眼皇女(舒明天皇妃)
このうちの誰かということで、
・菟道貝蛸皇女でしょうか。
もちろん自信なし!


問題四十五
物部氏を滅ぼした勢いで、仏教推進勢力は西暦600年、朝鮮半島新羅討伐の軍を出した。しかし、国内の安定を重視して遠征は中止され、今度は中国隋王朝へ使者を送り国書を送った。このときの隋の皇帝は誰か、また使者は誰か?

・煬帝 
・小野妹子 


問題四十六
お札の肖像として有名な聖徳太子は仏教の造詣が深く、「三経義疏」というお経を解説した著書が伝わっている。この三経とは何か?

・法華義疏
・維摩経義疏
・勝鬘経義疏


問題四十七
聖徳太子は19歳のときに推古天皇の皇太子となり摂政として政治を取り仕切ったが、聖徳太子の死後、息子の山背大兄王はどうなったか?

・622年、聖徳太子の死後は田村皇子が皇位継承したけれど、7年後の629年に舒明天皇に即位。


問題四十八
聖徳太子が、物部氏を滅ぼした戦勝を四天王に感謝して建立した寺院とは?

・四天王寺


問題四十九
552年、百済から日本に伝わった仏像が、仏教の受容を巡っての崇仏・廃仏論争のなかで、廃仏派の物部氏によって難波の堀江へと打ち捨てられた。本田善光はこの仏像を信濃の国へと運び祀ったとされて建立された寺院とは?

・善光寺


問題五十
法隆寺蔵の仏教工芸品で装飾に玉虫の羽を使用していることで有名なものとは何か? またそこに描かれている「捨身飼虎図」とは何を描いたものか?

・玉虫厨子
・釈迦の前世の物語


  無知な時代に多難を極め ・・・  



益田の岩舟



ナンバンギセルが咲いて


花を見て名前を聞き 漢字で書くなら 南蛮煙管 に違いないと思う山野草

花友さんから種を譲り受けて育てるようになり 5~6年でしょうか


まだ子供もいなくて身軽だったころの夏 義母と山へ山野草を採りに行ったことがありました
それは もしかしたら 山野草を 「盗り」 に行ったのかもしれませんが 何のお咎めもなく草を分け山野草を探す元警察官の義父も一緒だったことから 頭上には冬場のスキー客用リフトのロープが張られた斜面一帯は 山野草の宝庫でありながら 保護された区域ではなかったのか それとも 絶滅が危ぶまれるほどの乱獲が危惧される時代ではなかったのでしょう

大自然で育った植物を持ち帰るという 今では考えられない あの夏の日のことを思い出しています

最初に見つけて声を上げたのは誰だったか ススキの根元に薄紫色をして立ち上がる数本の花のさまは そのころ鉢花すら育てる事がなかった私の心をも揺さぶったのでしょう 他にも いくつかの山野草を見つけたと思うのだけれど 鮮明な記憶に残るナンバンギセル 

いまでこそ ソバナ フシグロセンノウ など山に行けば必ずと言うほど目にすることができ いくつかの名前も覚えた山野草
それらのどれも 我が家で育てたことはないのに あの夏の日に初めて出会って その後 子育てやら趣味やらで時間に追い立てられる月日が過ぎ去り 子供達が巣立った今になって 我が家でナンバンギセルが咲くようになった事を ただの偶然とするのが惜しいと思うのは 私を嫁として迎えた初めての夏に 山へ誘ってくれた義母のことが偲ばれる花だからかもしれません

今年も咲く季節を迎えて 一輪の花芽が上がり薄紫色をしたキセル型の花を楽しんだものの たった一輪だったことから だんだんと消滅していく不安を抱き どうにか種の入手をと思案していたところが 新たに立ち上がる花茎を発見

DSCN2944.jpg


最初の一輪の開花は8月後半だったでしょうか
開花時期は8月から10月とあるので 今の開花が正しい開花で 先の1輪は どうやら この夏の雨による涼しさから秋の到来を一足早く感じたアワテンボさんだったらしい

開花の喜びと 消滅への不安と 一輪の花に一喜一憂

このあと襲ってくる台風19号への恐れから思えば 一憂など実に小さな憂いではあるけれど 鉢植えの避難場所を考慮していて見つけたナンバンギセルの群は 実に大きな一喜でした






日記はリアルタイムでないと

ん?

誰も 褒めないな ・・・

まっ
タダ読みOKなんだけど ・・・


一ヶ月ほど前から 大したことはないと思える咳が続いていました
他に風邪らしい症状がないので もしや肺の おかしな病気かなぁ ・・・ なんて思いながらも医者には行かないでいました
行けば たぶん検査検査でしょうし そこで病気でも見つかったら困りますし

治るものは自然治癒力で治る
治らない病気は 治らない
研究のため 治るかも知れない薬を試されるのはゴメン

という持論があるのですが

まぁ 切羽詰れば お医者さんに行きますが  
ネットの良さはリアルタイムと思っているから 運動会の興奮が冷めないうちにと 昨日は頑張ったんですけどね 
上手な絵を  ね ・・・ ふふっ!

そのせいか 微熱が さらに上がり 昨夜は夕食もそこそこに就寝

今朝の朝食は手抜きで ハタラキバチさんを送り出しました

熱ってすごい
どうやら 咳のヴィールスをやっつけたらしく お昼過ぎから回復の兆しなので PCを立ち上げました

2014年 10月8日 皆既月食です
こちらも リアルタイムで 感激が冷めないうちに書いておかなければなりませんから

18時30分頃
家の前の歩道にて

DSCN2885.jpg


18時47分 ベランダより

DSCN2893.jpg


20時過ぎには 完全に地球の陰

DSCN2928.jpg


黄色い月では あまり感じないけれど 確かに星は宇宙の空間に存在しているんだ ということが確認できるような 夜空に浮かぶ赤いお月様です







この頃の運動会


運良く いえ 運が良かったのは私だけのようで 5日に予定されていた天使の運動会は 雨のため7日(火)に延期となり 嵐のあとの適度な雲が浮かぶ青空に恵まれて開催されました

日程に思いを巡らすことなく お誘いのままに参加申し込みをしたメロン狩りを悔やんだところが 台風18号の誕生に もしやと期待してしまった身勝手な麦

DSCN2933.jpg


プログラムの表紙に選ばれた絵の主が誰であるかも 私に この日の喜びを膨らませたのでした

ババ 「 この程度なら 誰でも画けそうだけど ・・・ 」
ジジ 「 いや それぞれに表情が違う 」 と 絵が得意だったらしい爺の孫バカ炸裂

幼稚園の入園から小学校へと 算数 国語の心配は親に任せ 手放しで応援できる運動会も回を重ねました 

低学年による玉入れは 
赤白に分かれて位置につくと オープニングに 「アナと雪の女王」 が流れ 松たか子さんの歌声に合わせて 生徒達の合唱が校庭に響き渡ります
サビの  ♪ありのままの姿見せるのよ~ の歌詞に差し掛かると 両手に玉を持った低学年の小さな姿が ポールに向かって一斉に駆け出し いくつかの玉がカゴに入ったところで ホイッスルが鳴り元の位置に戻って整列します
再び 観客席の未就学児も混じってアナ雪の2番を合唱し またまたサビの部分になると ポールに向かい全速力で走るのです

その紅白玉入れのタイトルには  【素足(あし)のままの姿で投げるのよ】  とあり 競技が終了して退場門を見送った後は まるでミュージカルでも鑑賞したかのような余韻
今年の春に 校庭の芝生工事が完成し その喜びをアピールする演目だったのでしょうか

DSCN2813.jpg


AKB48あり 耳にした事はあるけれど 歌手名も曲のタイトルも解らない最近のヒット曲あり

クシコスポストは聞かれなかった運動会に寂しさを感じる一方で 時代の流れと共に 習慣に拘らず変化していく世で在ることを知った日でもありました

DSCN2881.jpg

ご近所のオジギソウ
ちょうどカメラを手にしていた運動会の帰り道にて



さて 遅れてしまった歴史問題の回答です

問題三十八
  668年、琵琶湖南部の蒲生野という草原で薬猟が行われた。薬猟では、男たちは薬効があるという鹿の角を獲り、女たちは薬草を採る。その時に、二人の貴人が下の歌を詠み合ったという。その二人とは誰か? また歌の意味はなんだろう?

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る   
・詠み人  額田王
・意味   茜色の あの紫草の野を行き その御料地の野を歩いてるとき 野の番人は見ていないかしら ああ あなたそんなに袖を振ふらないでよ

紫草の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我れ恋ひめやも 
・詠み人  大海人皇子
・意味   紫草のように香れる君がもし憎かったなら いまは兄の妻の君を どうして恋い慕うことがあるものか

相変わらずコピーです  ^^ゞ


問題三十九
  天武天皇の長男でありながら、母の身分が低かったが故に皇太子になれなかった王子。歴史家や小説家のなかでは、十市皇女と恋仲ではなかったのか?という話題がある。この王子とはだれでしょう?

・高市皇子?
調べたところによると、母の身分が低かったのは十市皇女の方で、高市皇子は、持統天皇からの信頼も厚く、太政大臣の位にまで昇っている、とあったので、高市皇子は正解ではないでしょうか?

問題四十
  次の歌を詠んだ悲劇の皇子とは?
    磐代の浜松が枝を引き結びま幸(さき)くあらばまた還り見む
    家にあれば笥(け)に盛る飯(いひ)を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る

    また歌の意味はなんでしょう?

・ 詠み人 有間皇子

・ 意味   磐代の浜松の枝を引っ張って結び道中の息災を祈る 願いかなって無事であったなら、また帰って来てこの松を見よう。

・ 意味  家にいるときはいつでも食器に盛って食べる飯を今は旅に出ているので椎の葉に盛って食べる


問題四十一
  この皇子は誰でしょう?
ときの女帝によって死を賜った悲劇の皇子。天皇の長子として生まれ、その母は女帝の姉であったこともあり、血統的には申し分なかったが、母を幼くして失い、政治的な後ろ盾は小さかった。それでも幼い頃から聡明さを発揮し、人柄も人に慕われるものを持っていたため、女帝は彼がわが子のライバルとして脅威に思っていた。父の天皇が死するや、あとを継いだ女帝は、間髪を置かぬが如くに皇子に謀反の罪を負わせ葬り去った。

   うつそみの人なる吾や明日よりは二上山を我が兄(せ)と吾(あ)が見む

  この歌は皇子の姉の大伯皇女が弟の葬られた二上山を弟の形見と思って眺めましょう
と歌ったものである。

・大津王子

大伯皇女がキーワードとなって答えは簡単でした ^^
PCの調子と、急に寒くなったせいか、鬼の霍乱? 微熱と咳で回答が遅れましたが、お手柔らかな問で助かりました (〃'∇'〃)






Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad