虚礼廃止の時節柄



普段でさえ 専業主婦でありながら 暇を持て余すと言うことはない一日24時間の  どこに年賀状作成の時間を繰り込むか 今年も悩むところ

先日 偶然に docomoショップ でバッタリ出会い 待ち時間の会話の中で 「今年は喪中ハガキにしようと思ったんだけど ・・・ 」 と言う私に 素っ頓狂な声を上げた知人
月に1~2度は顔を合わせる間柄だから 我が家の訃報を知らないはずはなく その驚きの声は無理もない

トトロが虹の橋を渡ったから ・・・

「あぁ そうだったわね」 と 納得はしていたけど やっぱり そういうわけにもいかず そのうちに取り掛からないといけません

いつも この時期になると 師も走るほど慌ただしい時期に なぜ明けてもない年を祝わなければならないのか という疑問
こんな虚礼は廃止して 年が明け ほとんどの日本人が ゆったりした時を過ごすであろう三ヶ日に 本当の 「明けましておめでとう」 である年賀状を認めるべきではないか という 私の長年の持論

最近は 元旦に届いた年賀状へ返信するスタイルのかたも ちらほらのようですが  私は まだ その勇気がなく 日本古来の伝統を守っている次第

季節の花 シクラメンが 届きました

DSCN3455.jpg 

「 おばあちゃんから 」  と


今年の春 「おばあちゃんが入院した」 とは聞いていましたが 近親者でお見送りしたと だいぶ後になって知りました
「 100歳を超えて 大往生よ 」 と 微笑みはしても いくつであろうと親との別れは辛かったことでしょう

たまたま ご近所だった 夫の会社の同僚の奥様
お互いの2児の 下の子が同じ年齢の男児で  そのダイちゃんと息子は同じ幼稚園に通いました

何度かお会いした事もあった おばあちゃんと二度と会えなくなった知らせを 聞き流すには寂しく 遅ればせのお悔やみに伺いました

そのような経緯による  おばあちゃんから届いたシクラメン

「いろいろ考えたんだけど Mさんは お花を喜ばれるかと思って」  というダイちゃんのママの心遣いは 地味な包装紙で覆った お決まりの虚礼の品とは違って ラッピングも赤で統一した 真っ赤なシクラメン


DSCN3456.jpg


「 ダイちゃんと息子のことを これからも ずうっと見守ってくださいね 」 と 在りし日の おばあちゃんを偲ばれる贈り物が 嬉しかったです





スポンサーサイト


コンペイトウ が咲いたけど


植物は裏切らない とは 花好きさんに限ることなく 日常で よく見聞きする言葉です

手をかければかけるほど それに見合った花を見せてくれたときに報われる苦労

植物に対して 裏切る という負の言葉が さほど不自然でないのは 世間に 裏切られるという苦い経験を持つ者が 溢れているからなのでしょう

私を裏切ったのは 愛情いっぱいに育てたのに 好きな人が出来たら さっさと親を捨てて出て行ってしまった娘 なんてね


今年も咲きました

DSCN3381.jpg

コンペイトウ という名の シャコバサボテン

DSCN3382.jpg

コンペイトウのように可愛い


花屋さんに並んでいた コンペイトウという名前と形が可愛いくて 連れて帰った子

根が詰まってきたので植え替えして 早いうちに室内に取り込んだ


DSCN3454.jpg

ぐんぐん育って コンペイトウが ただのシャコバサボテン



手をかけたら 裏切られたぞ







おおぉ! 一位!  &  戦国時代限定  歴史問題 Ⅱ


選考基準は不明のランキングですが  <今年の紅葉 見納めかな>  の 記事が 発信したすぐから 鯉の滝登り

で 今朝から ずっと一位の座を確保中

ごく普通の紅葉狩りでしかないので  その注目の意味はハテナ

でも
別に 何か問題視されるような内容ではないので 素直に喜んで良いかと

DSCN3451.jpg


で 


DSCN3450.jpg


<晩秋の茶会> が 17位
<ラン ラン ラン> は 20位

と みごとに評価されている ここのところの 麦の発信
これもひとえに 私のガンバリのオカゲ なわけですが  ← ここ笑うとこです (^-^;

<なんちゃって歴女> を磨いて <なんちゃって> を 取り除こうとする? 軍師  

先の <おおぉ!  ふたつ> より  再びブログジャックによって始まった 歴史問題 パートⅡ 


問-5

◎信長の大うつけの決定的なことはなんだったと思いますか?

・ 父、信秀 の葬儀の時に取った態度 とするのが一般的のようですが、「うつけ」の意味を、 「まぬけ」と解釈したとしたら、光秀の気持ちを見抜けなかった、こと。


◎信行との稲生原の戦いは終始信長劣勢のまま経過しますが、信長のある行為で形成が入れ替わったと言われていますが、それはどういう行為だったのでしょうか?

・ 信長の大声。


◎また、稲生原の戦いのなかで信行の家臣で信長に寝返った武将にはどういう人がいますか?

・ 柴田勝家  (林秀貞、津々木蔵人ら)


◎これより後、信長は最終的に信行を滅ぼすことになりますが、その手口というか事件とはどういうことだったのでしょうか?

・ 信長が病気と偽り、清洲城へ呼び寄せて家臣(河尻 秀隆)に命じ謀殺。


◎当時、麦さんだったら信長の見方につくことが出来るでしょうか?

・ 信長に逆らったら、死刑ですよね。切腹する勇気はないですね。


では、麦からの 問-2
 ◎ 柴田勝家は尊敬できる武将ですか?






今年の紅葉 見納めかな


綺麗なもの 風景でも 花でも 建物でも なんでいいから 綺麗なものを見ることが大好きな友
だから 私を見ることが好きなのね 
と 言っちゃえる友が見つけたバスツアーは 一日で3カ所の紅葉が見られるというもの

9月という早いうちに予約したせいなのでしょう  乗り物に弱い彼女には特にありがたい 添乗員さんのお隣の座席 という好条件でしたが
3連休の中ビの影響か 行楽地にはありがちなハプニングで 最後に ちょっと だけ いやいや非常に残念な思いが残った紅葉狩り

DSCN3416.jpg
まずは 花貫渓谷



DSCN3418.jpg
少し遅かったか 楽しめたのは ほとんどがモミジの赤


DSCN3419.jpg
スタンダードな 鶏のカラ揚げ とか 鮭 がお決まりの お弁当付きバスツアー
今回は オプションだったことで ちょっとオシャレなランチです



DSCN3420.jpg
2カ所目は 袋田の滝


行楽期の連休中につき エレベーターは30分の待ち時間でしたが 彼女も私も 第2観瀑台には行ったことがないので 気長に並びました
紅葉は寂しいとしても 並んで待った甲斐は大有り

しばらく眺めていて 「あぁ 確か 私 一度 ここまで来たわ」 と この風景が蘇る記憶を呟いた彼女
「水が少ないから迫力に欠ける」 と さすが綺麗なものに拘る彼女の弁
私には 充分な絶景なんですけど


DSCN3426.jpg
集合時間には まだ間があるので 第一観瀑台へ寄り道

何年か前 ここで車椅子を お借りした母と一緒に眺めた場所です
あの日も秋の行楽時期で エレベータ-の列には並ばずに帰ったのでしたが 母が日本三爆の一つに数えられる袋田の滝の絶景を  第2観瀑台から望むことは  一生 かなわないのだなぁ と しばらく会ってない母のことを思い出していました

DSCN3432.jpg
滝の入り口に流れる川
モミジにも サクラにも 清流が よく似合うものだと思います


添乗員さんが恐れていたことが現実になったのは  この後です
最近は バンジージャンプで客を呼ぶようになったという 竜神大吊橋まで 通常なら1時間も要しないところが 15時前に 滝から向かったにも拘らず バスは前後を乗用車に挟まれた道路上で 宵闇迫る16時30分を迎えました  

係員さんの臨機応変の対応で 吊り橋の 普段は17時に閉鎖するという時刻を 延長するというハプニング
まぁ よくあることなのでしょう

DSCN3441.jpg


薄暗い中で 本州最長規模の竜神大吊橋 を渡ることは出来たものの 暗闇に浮かび上がる周囲の山々の木々は山肌に密集しているせいでしょうか  花貫渓谷よりも袋田の滝よりも 圧巻な色付きの気配が伺えます

次に紅葉狩りをするとしたら おそらく別の名所になるであろうことを思うと さすがに私も この紅葉を日が暮れる前に見たかったと 彼女が求める綺麗なものをみたい気持ちに共感

最寄りの駅に帰り着く予定の19時を大幅に過ぎて 官兵衛は半分以上が過ぎた時刻

DSCN3444.jpg


「 今日は見たいテレビがあるから反省会なしで帰るね 」 と 私の朝の宣言はどこへやら  グレープフルーツハイ & カシスオレンジ で乾杯し  次は水仙の咲く鋸山行きが決定

保温の水筒と 山歩き用の靴が 寿命かな
来月のバーゲンで 調達しますか!







晩秋の茶会


温暖化のせいでなく 暦の上では 一か月も季節を先取り

とっくに冬ではありますが まぶしい日差しに 紅く黄色く色付いた木々が目に映り テーブルセッティングは秋の装いでも まったく違和感はありません

DSCN3386.jpg

久しぶりに  お茶好きさんが集まる 茶会に参加しました

<安吉白茶>  は白茶と名付けられながら 浙江省安吉県が産地の まぎれもない緑茶です
気温の変化による発育障害で 新芽が白っぽくなった茶葉から作られることによるネーミング

海抜800mの畑で育った茶葉による 深い甘みの味わいを楽しんだあとは  一芽一芽が手で摘まれた茶葉への愛しさと 白を含んだ美しい緑色の茶殻が 目を楽しませてくれます

DSCN3388.jpg


そして
原点に戻ったような あまり嬉しくはない香りでありながら 興味深いプーアール茶と初対面

<油と仲良しでサラサラ~> とかなんとか お茶好き健康志向のシニアの間で  お馴染みのキャッチフレーズとなったように思われる そのプーアール茶を 日本人がアフリカのマラウイで作らせたのだそうです

DSCN3389.jpg


健康目的のブームにより 本場中国では ジャスミンの花や糯米の香りを添加することで とても飲みやすくなったプーアール茶
ですが
日本人がアフリカで作らせた 初めての中国茶であることを証明するかのようなカビ臭さは 私が初めてプーアール茶を味わった時の不快感を 懐かしく思い出させてくれました










私が優しくなるとき



あなたは  だあれ?

花日記を訪ねていると  こんな疑問文に出会うことがあります

蒔いた覚えのないところに芽を見つけて  それが 何の花なのか何の木の葉なのか 問いかけているのですね


小春日和りの水曜日 ベランダで 鉢の整理をしました
玄関で お披露目の役を終え 種採りも済んだ鉢の土は 使いまわしするためにプレートを外して網戸用の網でふるい 石灰を混ぜておくのです

プレートのない鉢もあり 土を空けると 思いがけず球根が出てきたりして こんな時に 

「 あなたは だあれ? 」 


なんて発声するような私だったら 巡り会って共に暮らす相手も違っていたかもしれないのだけれど

「 なんじゃ! これは? 」 

DSCN3379.jpg
    

薄皮に包まれている球根が多い中 私が育てた素肌のままのタイプで思い当たるのは  ヒメリュウキンカ

ヒメリュウキンカは  これほど色白ではないし もっと細身

となると  もしかして  一昨年のサンダーソニア ?

球根の保存に失敗して  今年は咲かなかったけれど その時の球根の切れ端が 地中で育っていたのでしょうか

ベテランさんは サンダーソニアのV字型の球根を カットして育てることもあると聞きます  

DSCN3380.jpg


その芽が出る先端の部分に  芽らしきものが見えます 

サンダーソニアだったらいいな の願い込めて植え付けながら  「あなたは だあれ?」  と 問いかけている自分に気付いたのでした







ラン ラン ラン


隣が空き地だったころ 敷地の境界に白樺を植えました

白樺の成長は著しく 空き地が整地され6件の建売住宅が建設される運びとなったときには 半分以上の枝が境界を越えていて やむなく 伐採せざるを得なくなった無念
せめて ヒコバエを伸ばして小さな株に育てられたらと 幹を1mほど残したのでしたが 祈り空しく1本のヒコバエを見ることもなく 2階の窓から手が届くまでに育った白樺の大木は枯れてしまいました

地上擦れ擦れにカットすることで 株立ちの白樺を見ることが出来たかもしれない 今ならではの知識

樹木は 根だけになると命の危険を感じ 残った生命力の限りを発揮して芽を出すけれど 切り倒されても それなりの長さの幹が残っていると安心して 生き永らえる気力が怠慢になるのだそうです

年間を通して15℃を必要とするデンファレを 温室のない家で尽くせる限り育ててきたものの デンファレ以外にも殖える一方の洋ランたち
手がかかる子は自然消滅しても諦めがつくことから 昨年の冬はデンファレを疎かに扱った母

案の定 この春 一本も新芽を出さなかったので ベランダの隅に放っておいたデンファレが 

DSCN3363.jpg

命の危険を感じたのですね

冬の間  大切に育てていたら 春に咲くはずの花
新芽を見つけたのはベランダに放ってから どれくらいの日数が過ぎたころだったでしょう
放られて 命乞いとも思われる 季節外れのデンファレを愛でていたら あの時 もっと根元までバッサリと処刑していたら 生き延びたかもしれない白樺のことが思い出されました

一輪が枯れたために 花屋の売り場から抹消されて譲り受けたミニの胡蝶蘭も 我が家では意気揚々と咲き誇り ランラン

DSCN3367.jpg


国内出張は 日帰りが常のハタラキバチさん
珍しく 女満別で一泊と聞き ランラン

飲み友を招待し 食べごろに漬け上がったオリーブで ワインを 軽く一本 空けちゃいました 

DSCN3362.jpg



本当に嬉しいことは ここでは秘密
昨夜 思いがけず我が家に飛び込んだ もう一つの ランラン に 嬉しさを隠せない今日 ・・・  






麦の カミングアウト

娘が 私にくれた宝物があります

天使

DSCN3353.jpg

自慢のマツゲに 何本の爪楊枝が乗るかの実験中
渋谷を歩くと ママに芸能界関係者から名刺が差し出されるという美少女
隠すべき七難は持ち合わせない色黒さん


ネットだけの知人にメールしようとして < お久しぶりです 麦です > ってところで 戸惑ってしまいました

韓国における水泳選手のカメラ窃盗事件
中国での 羽生結弦くんの事故

お国柄への疑問もあり 真相はどうなの? って ご意見を伺いたいと思いました
個人的に 真面目な意見交換だったから  <麦> には成り切れなかったのですね

勝手な呟きの名刺としてなら HNで ぜんぜん違和感がないのだけど 人間として名乗るときは  どうも ぎこちない


これからは いつでも どこでも <マリ> が  宇宙への発信を続けます




これは間違いでこれが正しいのだ、あの人は卑怯でこの人は誠実なんだとか ・・・ 
頭の中でこちらあちらの思いが沸き立っている。
その自分の状態が見えているかどうか、それがまず大切だと思います。 
日常生活の中で正誤や優劣のきわめつけの判断など水ものであったりしますから、
それよりもそういうことに拘っている自分がいるんだということさえ
分かっていればよいのだと思います。

正誤の判断ができないと事故に会います。
事故にあうときは正誤の判断をしようとしていないときで、
よく言われる、自分を見失っているときなのかと思います。

正しく見なければならないのは自分の姿だということ。
いつも正しくあれと聖人みたいなことを誰彼に言える立場ではありません。
あれこれ小さなことで迷っている自分の姿が見えるかどうかです。
だって、大もあれば小もある。正もあれば誤もある。実もあれば虚もある。
それがわたしたちです。


ある場所で このような行を見つけました
私のブログを執拗に追っかける誰かを疎ましく思う まさに今の私への教訓であるかのような

そんなことに拘る私自身が いかに小さい人間なのかと言うことに気付かなければなりません

少し前のこと 正誤の判断が出来ず 大きな事故にあいました
2度と あのような事故に会わないために 聖人であるかのごとく相手を変えようとするのではなく 私自身が変わらなければならないのでしょう

ネットに携わり 無責任にも自分勝手な思いを 言い放題に発信するからには もっともっと大きな私にならなければならないのだと思います
いつか そんな私になれる日が 訪れるかどうかですが






キムタク の 陰膳


間違った情報を流してはいけない と思うから 自信のない知識については ウィキペディアで確認することがあります

で このたび キムタク 42歳の陰膳祝い にあたり調べてみたところ

出征はともかくとして
旅行や出張などで不在であっても その人の膳を用意し 安全を祈る習わしが陰膳とありました

安全祈願とは 少々 的が外れているけれども おおよそキムタクへの思いという意味で一致しているので キムタクの陰膳 を発信

DSCN3250.jpg
ハッピーバースディーの ケーキです 
 

11月13日は キムタクの誕生日なんだとか 
キムタクファンが 二人パーティーをするって言うので いつもチケットを お世話になる徳永英明ファンのオバチャンから差し入れしました
ここで 要注意
本物のキムタクファンに <キムタク> は禁句
プレートに名入れの文字は 正しく <木村くん> でなくてはいけません

Yちゃん  Tちゃん
楽しい影膳パ―ティーを遂行できたようで 画像付きの 「よかった よかった」 が ラインに着信しました

 
どういたしまして の こちらは 幼馴染が近くまで来るというので 久しぶりに食事でも 

会えば お茶より 深夜まで飲む我らだけど まだ外は明るいこともあり 生とカシスオレンジ一杯で終了
二次会は パスタとケーキ  って 逆でしょ!
なんだけど 居酒屋には すいた小腹に適当な食事がなくて お隣のファミレスに移動したってわけです

DSCN3254.jpg


そして 19時過ぎに解散
ふふっ!
実は 20時に予約してある 戦国を武将並みに生き抜いた 北政所と淀殿による 女の対決 を見たかったのであります


私を怒らせたら怖いですよ!  ○○県!




おおぉ!  ふたつ


おおぉ!
私の発信が  ランキング 2位 と 3位 に並びました!

DSCN3235.jpg


選抜基準は不可解につき 手放しで喜んで良いものかどうかだけど ともかく上位ってことは 徒競走で一等賞をとったくらいの比かな

ブログを書くこと自体に 幾分かの自己顕示欲が潜んでいるのは確かだとして 私の場合 それが占める割合は けっこう大きいかも ・・・
なにせ
出番を待ちながら 日の目を見ることなく埋もれてしまう画像が いっぱい

そんなわけで 掘り起こした画像の 古い話になるのだけれど

テレビ好きとはいえ ホームドラマを見る習慣はありませんが いつのころからか  <これを見なけりゃ非国民>  なんて 言い出しそうな勢いで  朝の連続テレビ小説鑑賞が 私の日課になりました

ただ この秋から始まった <マッサン> は 妻エリーさんの生涯がテーマだとしても 今のところマッサンのウイスキー作りに焦点が当てられているため 男性がヒロインを占める威勢の良さが  静かな 朝に鑑賞するには慌ただしくて馴染めないものがありました

その<マッサン>を 慢性的に眺めていた ある時 エリーさんが お茶を淹れている画面に 私の目が点!
いまこそ 自己顕示欲の瞬間とばかり 再放送の時刻にデジカメを準備して待機したのでした

DSCN3016.jpg


なんと エリーさんが用いている湯飲み茶わんの柄は
私が茶碗蒸しに使っている器と 同じではありませんか

DSCN3015.jpg DSCN3012.jpg

そしてまた 別のシーンの居酒屋で イワシが供された大皿は 
DSCN2995.jpg

私が横浜中華街にて 怪しい骨董品まがいのお店で見つけたものと同パターン

DSCN2997.jpg

日本で まだウイスキーが出回ってない時代に好まれた趣と
平成のワインが大好きな私の趣味が重なって  おおぉ!


こんな発見があってからというもの ドラマの内容はともかく また新たな発見を楽しみに見ている <マッサン> です




公開のブログを閲覧するのは自由だとしても ご自分の発言に 責任を持ってほしい





Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad