るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


ジンクス 健在


これなら行けたかな と思える曇り空

去年から計画していた鋸山登山は 予定して3回目
今日もまた雨の予報だったので 早いうちに中止を決めました

おそらく登りはロープウェーになるであろう標高330mの日帰りで 登山とか旅と言うほどのものではないのだけれど 
私には 旅の予定を口外すると企画倒れになる というジンクスがあります

思い起こせば 去年の秋に 紅葉狩りの記録で 次は鋸山登山を計画したことを 口外どころか 大大的に大公開したんだっけ
迂闊でした

出番のない娘から借りておいたカメラで 夕ご飯でも撮ってみる

アサリの酒蒸し ニンニク風味
調味料は いつも目分量の鶏ハム 塩味が効いてなかった
春菊のおひたし
肉ジャガではなく肉ネギ
ブリの照り焼き 三日間漬けてあったので美味しかった!
肴の中トロはハタラキバチさんだけ 柵を求めて二日に分けます

IMGP0306.jpg
シャッターを待てずか アサリを1ヶ摘まんだ形跡あり



鋸山
早く行かないと 水仙の見ごろが過ぎてしまうよね 

IMGP0313.jpg


我が家の水仙バルボコジュームもどきは 黄色に次いで 初めての白が咲きました









徳川宗春 について


わぁぁぁ ・・・ 
と 感激するほどに
件名 「 なになに~ について 」 なんて書いて なんと久しぶりで懐かしい

その年 新採用で総務課に配属された3人の中で 一人だけ女子だった私は 先輩にとって使いやすかったらしく お茶出しはもちろん よく文書のタイプを頼まれたものです
左上に日付と文書番号 そして何段か改行して 件名が中央にくるようにセットし 「~ について」 と打ち込みます

ワープロ さらにパソコンと進化した今では 女子職員に頭を下げて頼むことはなく むしろ男性の方が文書一枚なんぞ巧みな早業で書き上げ コピー機に必要枚数を打ち込んじゃうんだろうなぁ などと 「徳川宗春について」 の件名から脱線し 何十年も前のOL時代のことを思い出している私って

カメラが入院中とあっては 記すほどの事でもなかったけれど 最後のどんどん焼となった節分の日のこと 畑にて 焚き上げたあとも形を残したままのシメナワの姿が愛おしく スマホをカメラに設定して撮ったつもりが PCに取り込んだら なぜか動画

たいていの外出にはバッグにカメラを偲ばせているので 写真を撮るのにスマホを使うことはないから ・・・ って弁解にもならない ただの機械音痴

あのころのタイプは 鏡文字で五十音順に並んだ活字を文字盤から拾い 何と言ったか名称も忘れた薄い油紙状の用紙に打ち込んだものを印刷機に貼りつけ ローラーで 一枚一枚 手作業で刷ったものでした
ミニスカートが流行っていたころで ご多分にもれず それらしきオシャレをしていたから 洗っても取れないインクが衣服に付くのを避けて 印刷のときはロッカーに吊るしてある 母から貰った割烹着を羽織るのです
ん!
女子職員の割烹着姿!

一枚一枚 手作業で印刷する時代から 時を経て 試験管による細胞の研究にも 女子職員に重宝された割烹着の歴史かな 


さて 割烹着と言うものがあったかどうかの時代に 相聞21 徳川宗春が行ったこととは

・形式よりも中身を大切にした(例:仁・「まこと」を重視する 温知政要・條々二十一箇条 等)
・意味のある祭りを盛んにし、奨励した(例:東照宮祭・名古屋祇園祭(天王)・盆踊り 等)
・人道に反する祭りは禁止した(例:梁川の正月の水掛け、国府宮の裸祭厄男 等)
・奪い合うことや義に合わぬことを禁止した(例:條々二十一箇条 等)
・自分の身にあった遊びは大切であるとした(例:遊廓・芝居・見世物 等)
・法律や規制は少ないほうが良いとした(例:規制緩和 温知政要・條々二十一箇条 等)
・簡単なミスの訴状等の書類を差し戻さず受け入れるように指示した(例:條々二十一箇条 等)
・衣服・家・持ち物等は禁制のある物以外は自由にした(例:條々二十一箇条 等)
・ファッションリーダーを自ら担った(例:申楽(能・狂言)・歌舞伎・朝鮮通信使等の衣装 等)
・心を込めた贈答・饗応を大切にした(例:條々二十一箇条 等)
・庶民と上級藩士が出会う場を提供した(例:御下屋敷や市谷邸のお披露目 等)
・商人との対話を積極的にした(例:岐阜巡行・乾御殿や御下屋敷滞在時)
・六斎市の奨励(歴代藩主の中で、許可した例が突出して多い)
・庶民が喜ぶことをした(例:奴振り・白牛・漆黒の馬と衣装・派手な衣装)
・社会的な弱者を大切にした(例:女性・子ども・身分の低い者の保護)
・死刑をしなかった
・マニフェストであり家訓でもある『温知政要』を執筆し、上級家臣に配布した

できることなら調べて得た結果を纏めて、オリジナルの回答をしたいところですが、こんなに多くては苦しいところです。
およそ約270年続いた徳川十五代の第7代当主。
徳川吉宗の天敵と言うことで悪役のイメージですが、尾張名古屋の礎を築いたお殿様。


ということで、花丸が頂けるか、いかがでしょう?







最後の どんどん焼き

そこには サツマイモが植えてあったので あれは秋だったのですね

後継者のいない農家さんに貸していただく その土地は 道路との境界が怪しげな川沿いに位置し いつかは国に買収されると聞いていましたが その時点では まだまだ先のことのように思っていました   

何度か説明を受け 国土交通省さんによる 専業主婦の久しぶりな社会参加は 立ち退きというもの
とうとう その日が訪れたのですね


あの年 サツマイモを掘り起こした後に 先輩から頂いた水菜の苗を植えたのが 私の野菜作りの始まりでした

年が明けて寒い日が続き いくらかに育った水菜を収穫してからの畑は しばらく荒れ地のまま 春を迎えました

コリアンダーの種を撒きました
それからは 毎年 春一番にコリアンダーがコボレダネで芽を出すようになりました
そして その発芽は 夏野菜のための準備を始める目安になるのです

育成が難しいホウレンソウは 失敗を重ねながらも 雪が積もったと思えるくらい石灰を施し 2週間が過ぎて耕したところに種を撒けば育つことを覚えました
ホウレンソウの紫色を帯びた葉が 初めて畝を埋め尽くした時には その画像が その年の年賀状になりました

野菜の写真を撮る私に声をかけてくださった方へ ブログに載せるための写真だということを お伝えしたこともありました

「そんなの無理」 と ベテランさんの難色を示す声にもめげず 植物が育つための日光と水と温度を保つ工夫をし 真冬に万能ネギの芽を出させて 密かに ほくそ笑んだこともありました

片言で話せるようになったころ 青いうちに摘み取って追熟するスーパーのトマトと違い 枝で真っ赤になるまで育った固いトマトは良いトマトであることをママに教えられ 「ババの固いトマト」 と言って喜んだ天使

3.11のあとの汚染が気になり 区役所の機関に収穫した野菜を持ち込んで検査したら それ以上は究明できない小さい値として 安全の太鼓判を押していただきました

ある時 何気ない 知人の 「マリさんの農園」 という表現が私のツボにはまり それから私の農園での産物は 知友人へ そして食べきれないほど簡単に実るトマトやキュウリは 夏が来るたびのオスソワケとして定着していきました

どんどん焼き と言うのが正式な名称でしょうか 年末に新たにする神棚の 役目を終えたシメナワや 玄関を飾ったお正月の門松を畑で焚くのも 今の時期に恒例の作業です

指を追って数えたら 10年
そう ブログを書き始めたころです

畑は 私の楽園でした
やはり 農園ではなく 私の畑でした

畑で 最後の どんどん焼き をしました

[広告] VPS


畑に向かうハンドルを握る私は 恋人に会いに行くときのような胸の高鳴りにも似ていたでしょうか
それとも 川沿いの道路を 宇宙へ飛び立つロケットのごとく カウントダウンを刻んでいたでしょうか

作業を終え いくらかの収穫した野菜を積んで我が家に向かうハンドルは 私の腕にズシンと重かったように思います


畑に居る時間が 大好きでした

畑に ありがとう 

畑に さようなら 


私の畑は 震度いくつの地震に耐える堤防に生まれ変わります

 





銀座


パスポートの有効期限が迫っているので 更新に行かなきゃと気になりながら ブレーキがかかってしまう寒さ

ところが ところが 相変わらず寒さは続くのに せっぱつまった外出を要す出来事が勃発


職業は ?
カメラマン ではないけれど カメラがないと生活できない生活をしている 専業主婦 です


ここのところ頻繁に使っている動画の 音声機能が働かなくなりました
ピントとシャッター音の設定はONになっているのに そちらの音も出ないので どうやらスピーカーの故障らしい


私が使っているカメラの営業所は 銀座にあります

ラッキーなことに パスポートの申請も銀座
ちょうど手元にあったパスポードサイズの写真は いつ撮ったか解らないけど 毎日 顔を合わせている同居人さんに伺いを立ててみると 

「 大丈夫 大丈夫 」 とのこと

でも 10年後は だいぶ変わってしまうかもね  と言うと

「 えっ? 10年? 5年で良いんじゃないの? 」 と きついジョーダン


10年後 杖をついてでも ハワイに行ってやる!

 


おぉっと!
こんなことを言いたいのではなくて

寒い中の外出で しかも電車に乗るからには とりあえず着飾るのだから ついでに終えたい用事はないかと探ってみたら あったあった もう一つ 5月が期限の優待券も銀座の代理店で処理できます

一人ランチは 美味しくなかったけど せっぱつまった用事も せっぱつまらない用事も みんな銀座で済ませて来ました

銀座って すごい

何でも できちゃう銀座って すごい








Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad