礒田さ~ん 


必ず戻って来られることを前提として 今 もし行けるとしたら いつの時代?

➀ 幕末
② 戦国時代
③ 恐竜がいる時代

と トーク番組で問われた 歴史家 磯田道史さん

ご本人が答える前に 私が推理してみるに
まず恐竜がいる時代はないでしょう と ③は真っ先に消去
幕末か戦国時代か 決めかねるけど 磯田さんなら戦国時代かな

そして磯田さんは 
  
恐竜がいる時代に行ってもねぇ 恐竜と話せるわけではないし ・・・

うん うん
そして答えは

戦国時代

やったー!

私の推理が当たったことよりも 礒田さんの関心が戦国時代であると言うことが嬉しかったのだが その次の 「なぜ戦国時代?」 という問いに

天正10年 本能寺

との礒田さんの言葉は さらに私を喜ばせた


私が この歳になって日本の歴史に首を突っ込んだのは 明智光秀の謀反の訳を知りたかったからだ

近年になって長宗我部元親の手紙が見つかったり 別に黒幕がいたとか 山崎で命尽きたはずの光秀が実は落ち延びて僧になったとか まだまだ謎めいた結論に行きつきそうなんだけれど

それはそれで おいといて

あの偉大な歴史家 磯田さんと 
本能寺を攻めたのは赤穂浪士で 松の廊下事件に怒ったのは新撰組だと言いかねない歴史音痴の私とが 

なんと戦国時代に共通の思いを抱いているということに ほくそ笑んでしまうのであ~る


図書館で橋本左内について調べる
DSCN6343.jpg

アナログなコピペ法 (^-^;


大切なのは未来だ!
過ぎ去ったことを学び知ることに意味を感じず 
ほっとけほっとけ 538さん 江戸で開幕1603 と 受験のための暗記だけに留まった15歳

もし今 私が行けるとしたら あの教室の歴史の時間

戻って来られることが前提でなくても いいなぁ








blog倦怠期かと思ったけど


ここのところ多忙な日が続き 運動会で月曜日が代休となったアーちゃんから 「シーに行くけど」 とのお誘いも涙を呑んで 久しぶりにノンビリの時間があったけれど 

DSCN6278.jpg



blog倦怠期かな 

週の始まりが 私にしては珍しい現象

でしたが~!


イトバハルシャギク
DSCN6310.jpg


去年 見ごろが済んで 花売り場の隅に追いやられていたのをレスキュー


メキシカンハット
DSCN6312.jpg


戸外で冬越しする咲かせやすい宿根草 
 


種別 年齢 性別 不詳あらゆるの亀
DSCN6228.jpg


冬の間は☆になったかと たびたび驚かされる
暖かくになるにつれて のそりのそりと行動を開始し ときどき首を長く伸ばして見上げる様が可愛い
少しの物音で固まってしまうので そのヒョウキンな姿が撮れないのが惜しい



新入りの黒メダカ
DSCN6330.jpg


blog倦怠期からの脱却は たぶん これ

ふっふっふ~ ♪
お腹に黄色い塊が見えますね~♪

早く生まれておいで ~ ♪♪♪








ジューンベリー初体験


花友さんより たくさんのジューンベリーを頂いたので ジャムを作りました

初めてのジューンベリーと 今年は二つの出会いがあり 実物を見たのも 食べたのも こんなにたくさん 手元にあるのも初めて

もちろんジャムを作るのも初めてなので 検索したレシピをメモしようと思ったら 意外にも簡単な手順なので メモ無しでOK  

紫色に熟したものを用いるとあるけれど 食べてみたら酸味は感じないので赤い実も使うことにして 
500g強
 
DSCN6230.jpg 


基本の3割を やや控えて120gの砂糖をまぶし 30分ほど放置してから火にかけ ペースト状になるまで潰しながら煮詰める

DSCN6234.jpg


これで完成 でも良いのだけれど 裏ごしして 種を除くことに

DSCN6235.jpg


裏ごし器の網目は小さすぎるので 目の粗いザルを代用し 


DSCN6242.jpg


越して残ったカスに さらに水を加えて煮詰め 裏ごしして 完成品を増量するところは 昭和生まれの もったいない精神


DSCN6245.jpg


250gのジャムが出来上がりました

忙しい 忙しい シニア

キョウイクところは 天使の晴れ舞台鑑賞
キョウヨウがあるのが嬉しくもあり 少し減らしたくもある キョウヨウ


百合水仙 (原種アルストロメリア・プルケラ)
DSCN6209.jpg


主がいない家から 義母が元気なころ畑に植えたらしい 何が咲くかも解らない花苗を持ち帰って植えました
手をかけなくても 地植えのせいか 毎年 律儀に咲いてくれます 
年ごとに花数が増え 今年は7本の花茎が上がりました



  




スズランの里にて 生麦 で おます   



4月に訪ねたカタクリの里の北海道に もう一つ 感動の場所があると聞きつけ 行って来ました

花の写真を撮るのは日常茶飯事の一方で 被写体になることは めっきり少なくなったけれど 今 我が家に たまたま2台のカメラが存在したことから 麦の写真集が完成


例え画像であろうと 顔を傷つけることに 常々 疑問を抱いていた私は 折りに触れ ご家族の写真をブログで公開される ネットに詳しい方の 『顔面を加工するくらいなら公開しなければよい』 という言葉に いたく納得した次第 ・・・  で 生麦 でおます!

 

平取町芽生のスズラン群生地は 千歳から車で2時間ほど

DSCN6195.jpg

DSCN6147.jpg



DSC00065.jpg

DSCN6183.jpg   DSCN6169.jpg 
  
DSC00071.jpg


DSCN6165.jpg

前後左右 ヨモギやワラビに紛れて まるで名もない雑草のごとく スズランの咲く遊歩道が続きます 

DSCN6185.jpg

DSC00066.jpg 



近づいて来る人の気配に顔を上げると 「良い写真は撮れましたか」 の声掛けは 某テレビ局の北海道支局
全国放送ではない とのことに甘んじて いくつかインタビューに答えちゃいました

「着いた時に漂った香りは何かと思ったら スズランなんですね  スズランで こんなに心地よい香りがするとは思いませんでした」

  
DSCN6144.jpg 



子供のころから知っている花の名前にスズランもありますが 関東で名前ほどには目にすることが少ない花です
カタクリが咲き乱れる丘と言い ここスズランの群生地と言い 1年の多くを雪に覆われる北国ならではこそ 人の暮らす場所への公平な恵みなのかなと思わされます


空港へ向かう帰り道 昼食がてら ウトナイ湖の 道の駅に寄りました

DSCN6198.jpg

 
DSCN6200.jpg

湖の岸には似つかわしくなく 湖水が寄せて海岸の波打ち際のよう


DSCN6202.jpg

見上げたシャッターチャンスは 飛行機雲と飛行機のダブル




この時期にして 記録的な夏日に見舞われた日本列島

この先の梅雨 そして梅雨明け後の気になる夏を前に ちょっといい一日でした













Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad