たんぽぽ 



初日の出 を 追いかける旅の途中に出会った植物たち

DSCN3888.jpg
葦毛湿原にて紅葉の名残り



DSCN3882.jpg
ツルウメモドキ



春の花のタンポポも
DSCN3885.jpg


姿も色も よく似ている ノゲシ の花言葉 「見間違ってはいや」 は タンポポを意識してのことでしょうか

種や株の譲り合いをするわけではないので タンポポでもノゲシでも この際は どうでも良いのだけれど 葉の様子から これは たぶんタンポポ
 

『 また女の子だったそうで レンゲと名付けたんだって 』

『 じゃ また次に女の子だったら タンポポかな 』 


母にとっては遠縁になるところの若いお嫁さんに女の子が生まれ スミレ と名付けたことが 大人たちの間で話題になっていることは 小学生だった私にも聞こえていました

そのころは まだ 女の子の名前は 『子』 が一般的でしたから スミレで話題を提供しただけでも十分なところに レンゲが輪をかけたのでしょうが 若いお嫁さんの斬新なセンスに 小姑らの注目は留まることを知らず 『3人目は タンポポか!』 と 茶飲み話に花が咲いたようでした 

タンポポというと 私の そんな思い出 

スミレちゃん も レンゲちゃんも もう 50歳を超えたでしょうね





スポンサーサイト

<< ほっこり  TopPage  移りゆく とき の中で >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.01.07      編集

ありがとうございます

冬の旅で、お花との出会いは期待できませんが、それでも、けっこう楽しむことが出来ました。
ウメモドキの実、とても可愛いかったです。

昭和30年代の女の子の名前は、まだまだ、お花の名前は珍しかったですね。
〇〇子の他には、〇〇み、も多かったですね。


冬眠が長引きませんように(*^▽^*)
ホンモロコくんの成長過程も、ご紹介くださいね。
昨年にも増して、今年もお世話になります。

どうぞよろしくお願いします <(_ _)>。


2015.01.07   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/103-29393c3e




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad