戦国から 幕末へ


関ヶ原で家康が勝ち 大坂夏の陣から400年

愛しの官兵衛くんが穏やかに逝って 時代は幕末
吉田松陰へ いとも簡単に心変わりの なんちゃって歴女

DSCN4095.jpg
斑入りのエンジェルティアーズ 2鉢
案ずるに及ばず 北風の中で 本体 保険 共にグングン育っています


振り返って換算すると 1967年か1968年のこと
 
年号は昭和の その年が 明治100年に当たることから クラス全員だったか有志だったかで それから100年後を予想する壁新聞作りに取り組みました

徳川の名が残る明治元年から 上空をジェット機が飛び交う昭和も40何年までの100年
そこから100年後の未来を空想して描いた新聞の記憶をたどると 地上には動く歩道が縦横無尽に張り巡らされ 猿から人間への進化に基づき 体毛は全て退化して 人類の頭は男女ともツルツル

放課後 机と椅子を教室の隅に寄せ 床に敷き詰めた模造紙の上に ORZの姿勢で 色塗りや雑誌からの切り抜きを貼り付けたりしたような記憶 

そんな100年後の予想図を作り上げて 今が ほぼ半分の50年を過ぎたときに当たります
旅客機に一般人の搭乗は特別だった まだ昭和の色濃き時代から50年 宇宙飛行士でなくても宇宙へ行けそうな時代へ移り変わろうとしている今
あと50年後には あの時 セーラー服 学生服の私たちが 空想の中で作り上げた新聞通りの世界に行きついているような予感もあり ともかくは 温故知新 

歴史問題が届きました

相聞-14
 イケメンやプレイボ-イはいつの時代も話題になります。江戸の初期に朝廷のイケメン高官が起したスキャンダルがありました。「禁中並びに公家諸法度」のきっかけは、この事件がもとで定められたとも言われています。紫衣事件と並んで後世に伝わっている事件とその内容を調べてみましょう。


<解>
猪熊事件?

相聞-15
「禁中並びに公家諸法度」の制定は、日本の歴史上の一大事だといわれました。それは、どういうことだったのでしょう。


<解>
天皇が政治に介入することを禁止。
天皇が諸大名に直接官位を授ける道をふさいだ。


だいぶマニアックな問いで、なんちゃって歴女には厳しくなってきました ・・・  ^^;



スポンサーサイト

<< 以茶会友  TopPage  バルボコジューム 咲いた >>

コメント

こんばんは。
 未来を想像することが、そのまま夢に繋がった時代がありましたね~♪

さて、吉田松陰の生き方を尊敬する若者は多いです。わたしも凄い人やなぁといまでも尊敬しています。松下村塾の塾生たちは幕藩体制維持の中では死に急いだ感がありますが、ひとたび倒幕の機運が高まると運動の中心を為しました。不幸な時代ですが、未来に勝算がなく、藩内の権力争いが激しい間は犬死もやむなしのような過激な流れにならざるを得なかったのかも知れません。獄中に囚われた松陰に高杉晋作は自分の命の使い方を尋ねました。その答え。

死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。
生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。

相聞-14
 イケメンやプレイボ-イはいつの時代も話題になります。江戸の初期に朝廷のイケメン高官が起したスキャンダルがありました。「禁中並びに公家諸法度」のきっかけは、この事件がもとで定められたとも言われています。紫衣事件と並んで後世に伝わっている事件とその内容を調べてみましょう。

<解>
猪熊事件?

そのとおり、猪熊事件です。天皇の女官に手を出した公家は全員死罪に処すべきという天皇の意向に反して、幕府の裁定は緩いものでした。とは言え、この事件によって幕府の朝廷に対する立場が強いものとなりました。なお猪熊事件では女官数名も有罪となり伊豆諸島の新島に配流となりました。

相聞-15
「禁中並びに公家諸法度」の制定は、日本の歴史上の一大事だといわれました。それは、どういうことだったのでしょう。

<解>
天皇が政治に介入することを禁止。
天皇が諸大名に直接官位を授ける道をふさいだ。

お答えの通りですね。天皇の仕事は学問を修めることなどが決められました。これまでは、天子(天皇)は法度(法律)を超える地位であるとされてきたが、これ以降は法度の体系のなかに組み入れられることになった。そして、朝廷内の人事について幕府の統制と干渉を招くことになりました。

だいぶマニアックな問いで、なんちゃって歴女には厳しくなってきました ・・・  ^^;

ちょいマニアックでしたね。猪熊事件は朝廷の起こしたスキャンダルでしたが、長い江戸時代には幕府の将軍家内でもスキャンダルが何回か発生しています。


では、相聞16
将軍家光は生まれながらの将軍であり、将軍の権威と威光を見せるために数々の政策を進めました。その中には、外様大名である豊臣系の大名の取り潰しも大きな仕事でした。そして、こればかりは関ヶ原の東軍としてともに戦った家康や秀忠には難しい仕事でした。
さて、家光が取り潰した肥後熊本52万石の大名とは誰でしょうか? またその理由とは何でしょうか?

相聞17
家光のキリシタン政策のうち、ポルトガルとの交易を完全禁止するきっかけとなった江戸時代最大規模の一揆とはなんでしょうか?

2015.01.19   えんてつ   編集

えんてつ さん

今なら、ヌクヌクと暮す私ですら自由にアメリカに行けるのに、夢が叶わないどころか処罰される時代の吉田松陰、無念ですね。
「生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし」 の人ですね。


相聞16
・加藤忠広
・表向きの政治的理由が諸説あるようですが、
 徳川忠長(国松ですよね)と親しかったから、というのが興味あるところです(笑)

相聞17
・島原の乱 

相聞17についてググっていたら、家康も家光も(秀忠も?)鎖国はしてない、と強調している歴史博士の記述が目につきました。


2015.01.20   麦   編集

麦さん、こんにちは。
イスラム国のビデオ脅迫事件はショックですね。こういう事件がおこるのではないかと心配していましたが、ただし、こういう流れは今の日本が進もうとしているアメリカ追従の路線からは避けようがありません。この事件を踏まえてアメリカのオバマ大統領は「イスラム国破壊」を宣言しました。安倍政権は集団的自衛権を容認している立場なので、このような場合、アメリカ軍と協力して集団でイスラム国に軍事行動を起すことは可能です(現段階では自衛隊派遣の法律がないので4月に法制化するとのことです)。

ほんとに残念な事態です。とらえられた二名の方がどんな考えと覚悟で問題の地域に潜入されたのか分かりませんが、テロ組織に敵だと判断させるような行動があったのかも知れません。安倍首相が避難民の人道援助をすると表明した記事を読めば、イスラム国と対決する国への支援だとも話しているので、まさに逆手に取られたのだと思います。

テロ行為は許せないことです。相手方もアメリカ軍もです。アメリカ軍は正規軍だから殺戮行為が正当化されるということはありません。第二次世界大戦後に地球上で一番多くの殺戮行為を行ったのはアメリカ軍ですから、恨んでいる国や人は多いのです。アメリカ軍のような大きな軍事力をもつ先進国家に対しては、決死のテロ行為でしか対決する手段がないのも歴史的事実です。

こうしたテロ行為に巻き込まれないためには、地域紛争や宗教紛争は当事者にまかせ、紛争解決の場を提供する立ち位置にいることが重要です。どちらかの側につけば、どちらかを敵に回すことになるのは必定です。決して無視してはいけませんよね。平和を働きかけるのが日本の立場であってほしいです。安倍首相の積極的平和主義とは、アメリカ主導の世界制覇に日本も積極的に乗ろうということですから、ますます危険です。日本は早く中立国になるべきです。

松陰が友人と二人で手漕ぎ船でペリ-提督の黒船のところまで漕ぎついだところまでは良かったのですが、無断で渡航は認められないということで引き返したりして不手際から捕縛されました。何事も一直線という人でしたから、松下村塾の塾生たちが手ぬるい意見をいうと激高したと言われています。 いつ頃だったか、加古川のみもざちゃんの娘さんに吉田松陰の人物像についてお話をしたことを思い出しましたよ~♪


相聞16
・加藤忠広
・表向きの政治的理由が諸説あるようですが、
 徳川忠長(国松ですよね)と親しかったから、というのが興味あるところです(笑)

 加藤忠広は加藤清正の息子ですからね。忠広の奥方は秀忠の養女でした。恐らく取り潰すことは家光になって初めてできたと思います。公式の理由は謀反です。そして、、麦さんのお話にあるように忠長と親しかったことも無視できません。

相聞17
・島原の乱 

家康も家光も(秀忠も?)鎖国はしてない、と強調している歴史博士の記述が目につきました。

島原の乱は、元領主の有馬氏がキリシタン大名で領民にも布教を広めたことから信者が多かった。そのあとに領主となった松倉氏は、キリシタンを弾圧、また領民に過酷な負担を課したことから、旧有馬氏の家来筋などが旗頭となって領民ともども合わせて大きな一揆となりました。乱が静まったあと、江戸幕府は領民への苛政の罪で領主の松倉氏を斬首としました。江戸時代に大名が名誉の切腹ではなく斬首とされたのは、たったこの1件だけなんです。

では、相聞18
 江戸時代を通じて薩摩藩と長州藩は外様大名の地位を保持していましたが、関ヶ原の敗北のしこりというか恨みは大きく、特に薩摩藩にあっては藩の富国強兵にのみ寝食を注いだ感がありました。これに反して長州藩は軍事より思想的な動きが流れになっていました。幕末、この両雄が軍事と思想で同盟して江戸幕府を倒すことになりました。
さて、関ヶ原の後、早い段階で家康・秀忠が毛利・島津を滅ぼしていたら、江戸幕府はもっと安定して長続きして討幕の憂き目をみることはなかったのかどうか?いかがなものでしょう。

2015.01.21   えんてつ   編集

えんてつ さん

また、背筋が凍るような映像ですね。

>テロ行為は許せないことです。

卑劣な行為ですね。

先の、フランスの新聞社襲撃事件。
特別に宗教や政治思想を持たない私ですが、犯人にとって、自分たちの宗教に対する風刺、気分の悪い記事だったわけですよね。
この事件について、自分が平気でも自分を基準に考えてはいけない、相手の気持ちを思いやることが大切、という記事を目にしました。


私は、このブログを読まれたくない人がいます。
相手は、私の気持ちを知りながらも、お見えになります。

できることなら、暴力行為ででも相手の訪問を阻止したい、、、。
私が起こした行為(テロ)は、相手を無視することです。


反論は受け付けますが、できるだけ反論のない記事を綴っていきたいと思っています。

私の発信に拍手をいただくと、とっても嬉しんですよ(*^-^*)


みもざさんのお嬢さんは、本物の歴女ですね(*´▽`*)

相聞18
ニセ歴女には、苦しい仮定ですね~、、、(^▽^;)
少し時間を下さいね。



2015.01.22   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/110-d7a8fe41




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad