るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


以茶会友


茶で以て友と会う

お茶によって円満な交流 を意味する中国語の 以茶会友 

少し古い記録になりました
一か月に一度の 今年最初の茶会は 1月16日に 岩茶を楽しみました

岩茶で名高いのは 大紅袍
紅は位の高い者しか身に着けることが出来なかった時代に そのお茶を飲んだところ 重い病を患っていた皇帝が回復したことから その優れた効能を賞賛して紅色の衣を纏わせたという伝説のある茶樹が 福建省の武夷山に祀られています

その木から採れる僅かの茶葉で作られた大紅袍は 桁外れの価値があり まず私たちの口に入ることはありません
今 大紅袍として出回っている茶は 良くても挿し木で殖やした2代目
たやすく入手できるのは 3代目とか4代目の挿し木から摘んだ茶葉によるものと聞きます

本物か偽物かと問われがちの Made in China 
しかし 大紅袍について言うなら 武夷山の岩肌で赤い衣を纏った茶葉から作られたのではないにしても その茶樹の挿し木によって育った茶葉を摘み 大紅袍の茶種の製法で作り上げられたからには本物の大紅袍であり もし価値を問うとしたら その茶葉が育った標高とか 葉を摘んだ時期などにより 大紅袍の上級か並みかに選別されるのでしょう

このたびは 大紅袍をはじめとする 白鶏冠 水金亀 鉄羅漢 の四大岩茶には含まれない 肉桂 を頂きました

DSCN4072.jpg

肉桂のネーミングとおり 桂花(金木犀) を思わす甘い香りが口の中に広がります

 

岩茶の中で知名度が高く お茶好きさんに好まれる 水仙 があります
しかし 情けないかな何度 飲んでも  私には大紅袍と水仙の違いが 嗅ぎ分けられません  





スポンサーサイト

<< 断捨離の傍ら  TopPage  戦国から 幕末へ >>

コメント

こんにちは。

高尚な趣味ですね!
将にさすがだな、と言いたくなります~♪
そして、金木犀のことを桂花と呼ぶなんてことは宇宙人も
知らないと思います。

赤い葉っぱがなるお茶の木のお茶とは不思議。
身の回りに本物かどうかが問題になるようなことのない生活をしていますが・・不思議なことは大好き。
あっ、DNAを調べると本物かどうか・・・否、
同じかどうかは判明すると思います。

ちなみに植物のDNA分析、2000年ごろは、1件
20万円ほど掛かりましたが、今は数百円の世界です。

2015.01.21   えんてつ   編集

えんてつ さん

お茶好きが集まって世間話に花が咲き、
高尚と感じたことは一度もありません(*´▽`*)
歴史と同じで、突っ込むほどに面白く、はまってしまいますよ。
桂花は、キンモクセイの中国での呼び名のようですね。

お茶の新芽は赤味を帯びるのと青味を帯びるのとありますが、大紅袍で言われる紅は、衣(袍)の色を指しています。
その昔、偉い人しか身に着けられない赤い色の衣を着せてもらった、人間よりも偉い茶樹です(≧▽≦)

15年で、DNA分析も簡単にできるようになったのですね。


たくさんのコメントをありがとうございます。
夕方から外出し、先ほど戻りました。
ちょっと慌ただしいので、またのちほど、お返事しますね。


2015.01.22   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/111-c3322e12




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad