弟子走 の週


師匠 すみません  ・・・ と 呟いてみる

どちらかと言えば 
数学のように これって言う答えが出る方が好きなのか 
キーワードの掴みどころがない問いに取り掛かる糸口を 口実のような忙しさが塞いでいた この週 ・・・

宿題 忘れているわけではなく 軍師を当てにしようというのでもなく ただ 今週は あちこち忙しく走り回っている弟子 
 

昨日は たまたま ランチに入ったお店で 店主に 「雛巡りですか」 と問われ 「いえ 別の用事で来たのですが こちらで雛巡りが行われているのですか?」


DSCN4312.jpg
 

この街を訪れるようになって10年あまり 
今まで気付いたことがありませんでした




DSCN4311.jpg

それ自体 趣のある干し柿
布に代わって さらに日本人の心の奥に染み入るように思います



DSCN4315.jpg

持ち寄ったお茶菓子も 雛にちなんで の 茶会



春節を迎えた中国の影響でか 町を歩いて すれ違いざまに耳にする 声高な中国語
その頻度に ここは中国かと錯覚するほどでも その比は おそらく日本人に対して せいぜい3割くらいなのでしょう

それほど静かな日本語を話す民族であると自覚しながら 私自身のお粗末な日本語には自己嫌悪

あっ!
「御姫様」と表示されていた将軍家や大名家の娘さんの呼び方の違い でしたね

師に見放されないように

取り掛からないとね 




スポンサーサイト

<< 白い花が好き  TopPage  ボールだけ  >>

コメント

今日は(^-^)
どうも食い意地が、はってるせいか
テーブルの上が気になります(笑)

お姫様…
むつかしい
私は女性はすべて姫だと思ってます


ちなみに我が家には4本足の姫が
5にゃんも…
姫だらけ(⌒-⌒; )

2015.02.22   h.j   編集

h.j さん

3月3日を前に、雛祭りらしいお菓子がいっぱい集まりました。
気になるでしょう(*´▽`*)
手作りの「キンカン煮」が、一番おいしかったです。
皮に爪楊枝で傷をつけて、お砂糖で煮るだけらしいですよ。


今回の歴史問題は、難しいですよね~、、、(-_-)
私も、昔、姫でした、いえ、今も姫ですね~。
庶民の姫(笑)


わぁ、嬉しいです!
h.jさんもニャンちゃんを!
それも5ニャン!!!
ペットは、
飼ったことがない人には、お話しても可愛さが解っていただけないのですよね。
姫だけって言うのは、偶然でしょうか。

私は、これまではオスばかり飼っていたのですが、今のワンコは初めての姫なんです。
女の子って、飼いやすいのですね。
これなら、もう一人、女の子のワンを飼ってもいいかな、って思うくらい。
5ワンは、、、無理ですが(^^ゞ


2015.02.22   麦   編集

麦さん、こんにちは。

 あらら~問題がややこしかったのかな~笑。 姫さんたちにとってはお茶の子さいさいかと思いましたがwwwww

娘さんの呼び方は時代と共にまた身分とともに変化してきました。呼び名では皇室は特異な語彙が使用されていますよね。
大阪の商売人のおうちでは、娘さんのことを可愛くていとおしいという意味で「いと」と呼んでいました。「いとちゃん、いとはん」です。でも、一人っ子なら「いとちゃん」でよいのですが、姉妹になると「いと」が変化しました。
一番下の妹は、「小さないと」で「こいとはん」とか「こいさん」と呼ばれました。
三人姉妹では、まんなかの「いと」さんは、「なかいとちゃん」
四人姉妹とかになると、「うえのなかいとちゃん」「したのなかいとちゃん」とか・・・

さて、相聞23の内容は「御姫様」の呼び方というか読み方ですが、将軍家では、文字通り「おひめさま」です。大名家や大身旗本では「おひいさま」と呼びました。そして良家の娘さんは「お嬢様」と呼ばれました。


この麦さんのブログサイトでは、時空を超えた姫さんたちが大勢ですよね~♪

2015.02.23   えんてつ   編集

えんてつ さん

そうですね、、、ややこしいというか、問題の意味が理解できなかったように思います。
どこから手を付けたら良いか解らない、モヤモヤした設問でしたね(苦笑)

将軍家では、「おひめさま」
大名家や大身旗本では「おひいさま」
良家の娘さんは「お嬢様」

これが正解でしょうか?
とすると、出題者としては、お茶の子さいさい、のはず、というのも解る気がします。



そうなんですよ、ここに集う方々は、お姫様、、、
それなのに、、、

なぜか、今日は、今までにない300を超えるアクセス数にビックリしているところです。
その意味が、先ほど解りましてね、、、
情けなくて、、、
いやになります。


〇〇県からの訪問者は正直なところは不快なんですが、無視するように心がけています。
その方が、どこかでトラブルがあったようで、、、
そのトラブルの相手が私ではないかと勘ぐった野次馬さんのアクセスでしょうか、、、
あの方と、いまだに私が関わっていると思われることが不快です、、、。
迷惑ですね。

トラブル好きの野次馬さんたち、、、
私が、なぜ、あの方と関わったか、その理由を、ご存知もなく、、、


ゆーうつです、、、
今日は、銀座で懐石料理を頂く機会があり、桃の花をあしらった和食の可愛い盛り付けをご披露するつもりでしたが、そんな気持ちにもなれずに、、、。

と、ここで師に愚痴を聞いて頂いて、頭を切り替えますかね、、、。


2015.02.23   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/126-cd150023




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad