るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


20年前の約束



白い水玉の赤い布地を手にして 「 綿レースとか お母さんのところには いっぱいありそうよね? 」 と 娘が アーちゃんと一緒に やってきました

「 ママ! ババに写真を見せて! 」  と アーちゃんに促され 娘が見せてくれたのは ミッキーマウスの恋人 ミニーマウスの画像

DSCN4176.jpg


ディズニー イノチ! とでも言うのかな  好き の一言では物足りない ディズニー好き

去年の今ごろ 「行って来ます」を見送りした時の 真っ黄色いタイツに 「何? その色は?」 と驚くと 羽織っていたコートを脱いで見せてくれたアーちゃんは
セーラーカラーのブラウスに 白いモコモコのブルマー それにベレー帽をかぶって ドナルドダックそのもの

どうやら流行りの コスプレ というやつらしい

ドナルドダックは既製品で間に合わせたらしいのだけど 簡単に作れそうなミニーは 私に白羽の矢が立ったのでしょう

おおよそ20年ほど前の娘は 高校生 
制服のボタンだったかホコロビだったかを繕う 危なっかしい手つきに
「そんなんでどうするの いつか お母さんになったら 子供の幼稚園の体操袋とか作らなくちゃなのよ」 と言うと 

「いいの おばあちゃん に 作ってもらうから」

おばあちゃん?
私の母か 義母のことか が とっさに浮かび 40代の私を指したオバアチャンであることに気付くのに しばらく時間を要しました

私がオバアチャンになる
いや 
娘が母親になることも とんでもなく現実離れした まだまだ娘も私も 若々しいころのこと


DSCN4404.jpg

まさかの20年前の言葉が現実となった今日この頃



「上は黒ね」 と ママと相談していたアーちゃん

もうすぐの春休みには  ディズニ―シ―から ミニーマウスのコスプレ画像が さて 何回 届くことでしょう




スポンサーサイト

<< 一足早く 雛祭り  TopPage  雪割草の嘘 >>

コメント

可愛い~♪

わぁ~、可愛いのが出来ましたね\(^o^)/
本物のミニーのよりも可愛いですよ~ん。

これを着て、ディズニーシーで記念撮影ですね。

春休み、皆が待ち遠しいですね
画像のアップ楽しみにしていますよ。

それからね、お願いなんですが
ワンちゃんの写真、時々アップして下さ~い。

2015.02.27   きょんきょん   編集

きょんきょん さん

ありがとうございます~♪
思ったより上手にできました。
表布の裾に綿レースを付けるだけで良かったようですが、硬めのガーゼをペチコートにしたので、ギャザーの広がりがバッチリです(^^)v

実は私、息子が2歳の時にランドの方に行ったきり、、、春休みには、シーに行こうと思うのですが、
連れて行くんじゃなくて、連れて行って貰う・・・(笑)

わぉ!
ワンコですね!
がってん、です!
写真、いっぱい撮ってあるんですよ、動画も(^▽^;)

2015.02.27   麦   編集

麦さん、こんばんは。

いよいよモロコ君が産卵を始めましたよ~♪
ということで、ペ-スが早くなりますが魚の話題です。


1938年、7000万年前に絶滅したと考えられていたシーラカンスが、南アフリカの北東海岸沖の浅い海域に生息しているのが発見されました。そして1998年にはそこから遠く10000km離れたインドネシアで別種のシーラカンスが発見されたのでした。

シ-ラカンスは、3億8000万年前の地層からも化石が発見され、生きた化石とも言われています。この地球上で、少なくとも3億8000万年間存在している古代の魚です。

歴史夜話11
海洋生物学者にとって1938年12月22日は、忘れてはいけない記念日になっています。そのころ南アフリカのイ-ストロンドン博物館にマージョリー・コートニー・ラティマーという若い女性学芸員がいました。彼女の任務は魚類のコレクションの担当でした。

その日、漁師たちのトロ-ル船の収穫物の山のなかから偶然青い鰭だけが突き出ているのを見つけました。何か大事なものがある!と感じ、上にのっかっていた魚をどかすと、かつて見たこともないほど美しい魚が現れたのです。

 この奇妙な魚は長さ1.5mほどありました。そして近くの町の死体安置所にある当時としては貴重な冷蔵庫へ入れ、ホルマリンを浸した布で包んで保存したのです。しかし、数日後冷蔵庫を開けてみると残念ながら一部が腐りかけていました。やむをえず剥製にすることとし、表皮など一部だけを保存することにしました。

 彼女はその魚を博物館関係者に見せましたがことの偉大さに気が付いてくれません。ラティマー女史は奮起して、魚のスケッチと説明書をグレアムズタウンのロードス大学のJ.L.B.スミス教授に送り鑑定を依頼しました。

 それを受け取ったスミス教授は、およそ7000万年前に絶滅したシーラカンスの姿を正確に記載している絵をみて驚愕し、凄い!直ぐに内蔵を保存するように電報を打ったのでした。そして急いで、スミス教授はニューロンドンへ行き、シーラカンスであると告げたのです。それは1939年2月16日のことでした。この大発見によって魚は、発見者および発見場所に敬意を表して Latimeria chalumnae と命名されました。

 この発見後、スミス教授は南アフリカの周辺海域を捜索し、ポスターで情報収集したのですが、次にシーラカンスの標本を手に入れることができたのは何と14年後のことでした。

 1952年12月20日に、重さ約40㎏の個体が捕らえられ、それが飛行機で運ばれ、ついに手にしたスミス教授は14年間も待ったあまりの感激に涙が止まらなかったと述べています。その後、現在まで約200個体が捕獲されました。その大半はマダガスカルの北西の海岸沖の西インド洋コモロ諸島の海域で捕獲され、他は数匹が南アフリカのモザンビーク近海で捕らえられ、半分が科学的な研究に使われました。

 1989年、シーラカンスは最も絶滅の恐れのある絶滅危惧Ⅰ類の種として登録されました。これにより博物館へ展示する標本としても捕獲・持ち出しが規制されました。

南アフリカ海域でシ-ラカンスが発見されてから60年後の1998年9月、アメリカの若い科学者が新婚旅行でインドネシアを訪問していました。その日、妻はインドネシアのマナドの市場で水揚げされた魚が木箱で運ばれている様子を見ていました。その魚は木箱から数本の太くて短い鰭を出していて、身体が重装備のようになっていたのです。妻は急ぎ夫に変わった魚がいると伝えたのでした。

 夫の科学者マークは、インドネシアのシャコ類に関する研究でカリフォルニア大学バークレー校において博士号を取った新進気鋭の海洋生物学者でした。彼は、直ぐにシーラカンスと分かり、流暢な現地語で話しかけ、写真を撮りました。旅先のことでもあり、漁師の名前を聞いたり、その魚についての聞き取りを行いました。

 マークはシーラカンスは西インド洋にしかいないことを知っていたので、漁師にどこで獲ったのか聞いたところ近くの海と言うことで驚き、シーラカンスが太平洋西部で捕獲されたと深く興味を引かれたのでした。帰国の翌年インドネシアに戻り、彼が市場で会った漁師を見つけ、シーラカンスがインドネシアの水域で捕らえられたかどうか断定することから始めました。約200人の漁師から聞き取り、これまで水揚げされた三カ所の市場などを絞り込みました。

 シーラカンスのインドネシアでの発見を論文にまとめるためには、科学的標本の入手が不可欠でした。もし標本が手に入ったら、まずすべき事としてDNA分析のために組織サンプルを得ることでした。それらのサンプルは、インドネシアのシーラカンスがコモロの標本と同じ種のメンバーかどうか決めるのに役立つはずです。サンプル入手にはアメリカ・スミソニアン博物館が協力しました。

 そして、ついにチャンスが訪れたのは7月30日の朝です。漁師によってセットされた深い水深のサメ・ネットの中にシーラカンスはいたのです。夕暮れにセットされ、夜明けに上げられたネットから重さ約30㎏、体長1.2mのシーラカンスが掛かっていたのです。漁師はまだ生きている魚をマークの住む島の家へ持って来ました。

 この魚は、マークと妻がその色彩、鰭の動作および泳ぐ姿を動画に撮りドキュメント化しました。そしてほぼ6時間生きていました。外観的には、南アフリカ・コモロで見つかったシ-ラカンスのように青みを帯びているのではなく、褐色を帯びた灰色だったという点を除いて、ほとんど同じに見えました。

インドネシアで見つかったシ-ラカンスには Latimeria menadoensis (ラティメリア・メナドエンシス)という学名が付けられています。しかし、コモロ諸島付近に生息するシーラカンス(学名 L. chalumnae ラティメリア・カルムナエ))とあまりに似ていたため,コモロ諸島から迷い出たシーラカンスなのではないかと疑われました。

日本の研究チームはインドネシア・シーラカンスのミトコンドリアゲノム全長配列を決定し、コモロ・シーラカンスを含めた魚類 27 種のデータと合わせて解析を行いました。その結果、シーラカンス 2 種が分化した分岐年代は、ほぼ3500万年前と推定されました。このことは少なくとも漸新世にはこの2種が分岐していたことを示唆しています。これを説明する仮説としては、5000万年前のインド亜大陸とユーラシア大陸の衝突(大陸移動説) がシーラカンスの祖先集団を地理的に分断し、インド亜大陸を挟んでシーラカンス 2 種の分化を引き起こしたというものです。

シーラカンス 2 種は,鱗表面の色彩が違う以外はそっくりです。哺乳類に目を向けると,シーラカンス 2 種の分岐が生じた時期にはヒゲクジラ類とハクジラ類の分岐や、猿とヒト が分岐した時期にあたります。同程度の時間が費やされたにもかかわらず、クジラ類や霊長類とは異なりシーラカンスではほとんど形態的な変化が生じなかったことになります。

2016.05.19   えんてつ   編集

v-490 えんてつ さん

理科の歴史夜話ですね(*^-^*)
さかなくん、というタレントさんをご存知でしょうか?
えんてつさんと、さかなくん、どちらが本物か!

シーラカンスにおいては、形態的な変化が生じなかった、ということが、魚における歴史の重要なところですね。
歴史としてはともかく、面白いお話でした。

しかし、魚市場にハネムーンとは珍しい新婚さんですが、ご主人の職業柄なのでしょう。
内助の功は、さすが!

2016.05.21   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/130-74c952bf




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad