るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


虹の橋で待つトトロへ


冬のような寒さで 薄手のダウンをまとい買い物に出ると 自転車を漕いでいるうち 汗ばむほどに

セーターでは寒いかとためらいながら ダウンを脱いだところが 思いがけずセーターでも十分に耐えられる風が 私の髪を耳の後ろに なびかせます
戻って来た冬だから ひときわ寒く感じたけれど 風は確実に春色でした

一年 経ったのですね

寒い日が続いて 散歩をパスした日もあった去年の今ごろ

肺気腫と言う診断でした
病因は 心臓が弱っているから とのことでしたが お気に入りの場所で過ごす時間が長すぎたのではなかったかと 悔やまれています

トトロがお気に入りの場所は 暖房による空気より重い排気ガスの濃度を さらに厳しくしていたかもしれません 

15歳 

犬の寿命には達したので 延命は望みません
トトロが気持ち良いように処方してください と お願いしました

水分が排泄される注射を打つとき がんじがらめに抱っこされながら 「どうしてボクに こんな痛いことをするの?」 と言いたかったのか 充血した悲しい目で私の目を見ていましたね

優秀な獣医さんのおかげで 安らかな日を過ごすことが出来ました

あの日 夕飯と大好きなオヤツを食べて 深夜に虹の橋へ行くことを決めたのですね

ペットは 命が絶えると虹の橋を渡る と言うのは 間違っていて
本当の <虹の橋> と言うのは
自分を愛してくれた人よりも一足先に 虹の橋に行って待ち その人の姿が見えたら 大喜びして 一緒に虹の橋を渡るのだそうです

トトロは 私と一緒に虹の橋を渡るために 新鮮な水も食べ物も満たされた虹の橋の手前の花畑で 私を待っているのですね

毒のリンゴを食べさせたり オオカミの胃袋に石を詰めたり 子供に読み聞かせる童話には 時として残酷な お話があります

トトロが 私と一緒に橋を渡るために私を待っているとしたら それは すごく悲しく思えるけれど 虹の橋は きっと大人のために書かれた童話なのでしょう


DSCN5015.jpg



「どうせ また死んじゃうんでしょう」 と もう犬を飼うことは絶対に拒否した アーちゃんとお兄ちゃんから お花が届きました
去年の日を 覚えていたのですね
   

トトちゃん ず---------------- と大好きだよ 


って 書いてあります


そんなに悲しいなら 買って来なさい!  って 爺がね ・・・

[広告] VPS



トトロにも 今は ちょっと残酷だけど いつかトトロとムーちゃんと3人で 虹の橋を渡ることにしましょう

それまで ゆっくり 待っててね
妹のムーちゃんも トトロにそっくりで可愛いですよ

でも 

トトちゃんは特別だったからね
トトちゃんのように可愛い子は いない 

って トトロは好きじゃなかった あのイケメン獣医さんが言ってましたよ



 

スポンサーサイト

<< 幸せのテンコ盛り  TopPage  永遠の登り階段   >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.03.26      編集

ありがとうございます

昨夜、そうでしたか。
同じ時間、私も、ここに居たかもしれませんね(^_-)-☆

いえいえ、どんな言葉を頂いても、言葉だけしか聞こえないこともありますが、
v-300さんのお気持ちは、何も仰らなくても聞こえたように思います。
読ませていただいて、画面が滲みました。

そうでしたか!
同じ名前の縁で仲良く遊んでるかな~。
ゆっくりと、ノンビリと待って貰わないとですよね(^-^)

1年。
時が薬って言いますが、写真を見れば、気持ちは、あの時のままですね。
あのとき、、、
うん、あの時も、v-300さんのお声は届いていますよ、きっと。
トトロは、今、ここに集ってくださる方々の、「がんばれ~!」の声援で、虹の橋に向かって走ったんです。
ありがとうって、トトロの声が聞こえるように思います。



2015.03.26   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/143-43bea06d




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad