るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


私だけの広辞苑


私が しばしば アネモネ と ラナンキュラスを混同するのは どちらも育てたいと思ったことがない花だから かもしれません

そんな私のことを 何かの折りに知ったのか 「マリさんに見せたい色のアネモネがある」 と言う花友さんが それは なかなか手に入らない種類の 「パブニナ」 だと教えてくれました

花の知識に限らず何につけても 彼女の足元に及ばない私に見せたいと言う花色に興味津々の私は その後 「パブニナというアネモネ」 を探し回りましたが見つけることが出来ず そんな事情をメールで知らせたところ 「ここならあるかもしれない」 と紹介してくれたのは ネットでヒットする東京郊外の花屋さんでした

我が家から何度か乗り換えて2時間ほどの花屋さんへ さっそく出かけたのはもちろんでしたが マニアックな花が所狭しと並ぶそこでも 期待は外れ

諦め気分でいた私の元に 花友さんが暮らす北国の隣の県の園芸店から 蕾のついたパブニナが届いたのは それからしばらくしてのことでした

「マリさんに見せたいパブニナの花色」 

送られて来たパブニナが やがて花びらを開き私の目に写った その色を思い浮かべて 今 ここに記そうと思いあぐねても その色を表すに相応しい言葉を見つけることが出来ません

ただ 私に見せたい花が このような色であることが嬉しく 来年も見たい花だから来年も咲きますように願って 花後の管理と球根の保存に気を配った 翌年も 翌年も 結果は現れず 何枚か葉をつけた株を育てることと球根の管理に努力するのみで迎えた今年


DSCN5046.jpg

蕾が見えましたよ



広辞苑に 花の縁で知り合った友のことを指す 花友 という日本語は ありません 

花友さんが私に見せたかったという パブニナの色を現す言葉も まだ探しきれません

でも 私の広辞苑には 花友さんという日本語も パブニナの色も 間違いなく存在しています




スポンサーサイト

<< 私の誕生日が国民の祝日に  TopPage  幸せのテンコ盛り >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.03.31      編集

ありがとうございます

アネモネの原種パボニナと、私が言うパブニナは同じものだと思います。
読む側の発音の違いで、2種の呼び名が定着したのでしょうか。
パブニナも背丈の低い、アネモネの原種です。

細かいことは忘れましたが、艶やかな花色を敬遠する私の発言を、どこかで目にされたのでしょうか、花友さんが、清楚な色のパブニナがあることを教えてくださいました。
そうそう、確かに過去に書いたことがあります(*^^*)

綺麗な花を見られれば良い、というのが本音の私は、sさんや花友さんの、花に対して礼儀正しく接していらっしゃる様子が伺え、恥ずかしくなります。

私はチューリップは、さほど好みませんが、原種のレディジェーンは縁あって育てていました。
ガーベラは難しいですね。
私も、コスモスも好きですよ。
でも残念ながら、コスモスは、都内の住宅密集地に咲いても似合わないんですよ。


ご主人や息子さんから花束のプレゼント!
嬉しいですね。
私のところにも、結婚記念日、母の日、誕生日など、何かにつけては花束が届きます。
友達に珍しがられたり羨ましがられたりしますが、特別なことではなく、家族間で花を送ることが習慣となっているのは嬉しく思います。


ありがとうございます。
花の話題を中心に、末永く発信できますことを願っています。

2015.03.31   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/145-b1f63e30




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad