るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


私の水仙


チューリップにしろ 水仙にしろ 咲かなくても良いからか 私が咲かせられないからか どっちが先か解らないけど 水仙は 毎年 葉ばかりで いつのころからか我が家では咲かない花になっていました

そんな中で アネモネのパブニナが 3年目になる今年になって 3輪の花を咲かせたのは 来年も この色を見たいという私の 手の掛け様が尋常ではなかった成果でしょう

その挙句に 
教わった育て方には <花後の球根は親指の先ほど小さい> とあるにもかかわらず 地上部が無くなって掘り上げた私のパブニナは 親指を優に超えたサイズが一個と トマトとミニトマトの中間くらいのサイズが一個

ゴマ粒大の種から芽を出させる苦労は 放っておいても時が来れば芽が出てくる球根の比ではない と 太陽と水さえあればの これまでの球根に対する思い込みを反省です

卵が先か鶏が先か 
いずれにしても手抜きの結果であり 球根の中で扱いやすい方のタイプではないと思われるアネモネの一株から 3年目にして3輪の花を咲かせる技は 私にも可能であると知った今年


DSCN5958.jpg



あの時は お送りできるほどの球根がなかったせいもあったけれど たとえ一個でも参加しなかったことが悲しくて 来年の春には きっと我が家でも咲かせたいと 今 頑張って球根を太らせている鉢があります

空の上から 花を愛した あなたに見て欲しいから







スポンサーサイト

<< 名有りの価値  TopPage  日陰のニオイバンマツリ >>

コメント

麦さん、おみごと~で~す♪

わたしは水仙の種から育てて花を咲かせたことがあります。
なにせ夏に小さいままで枯れてしまうので、花はいつになるのだろうと思ってしまいましたよ。

なせばなる米沢藩も恐れたり ~♪

球根植物は、球根として根拠地をもっていれば花を咲かせて種で増える必要がないですからね。
我が家に多い水仙も、花の数以上に球根が増えますからね。

種から球根植物を育てるというのはまったくの「園芸」に近いと思われます~♪

芸達者芋より種に夢を見る
花見んと芋に呪文をかけたるや
球根に花芽ありやとたれか知る

2015.05.21   えんてつ   編集

えんてつ さん

お褒めのお言葉をありがとうございます、、、と言いたいところですが、残念でした(^_^;)
パブニナを咲かせたのは球根からでして、、、種からではないのです。

種と違い、球根は放っておいても咲くものだと思いこみ、手をかけなかったせいで、我が家の水仙は咲かなかったのでしょうね。
それなのに、私と球根の相性が良くないんだ、と諦めていました。

パブニナが咲かせられたのですから、水仙にも手をかければ、きっと私にも咲かせられるに違いありません。

全国の皆様の水仙は、今年も東北の地で綺麗に咲いたでしょうね。
今は、東北というよりも、柳生さんに見て欲しくて咲かせたい私の水仙です。


パブニナに 花咲く技を 教えられ ~ 反省



2015.05.21   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/173-ba714ec8




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad