るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


溶ける

 
問題 ①  お城の中で、お殿様が実際に住んでいたのはどこ?

イ 御殿
ロ 城下町
ハ 天守

問題 ②  シャチホコは何のためにある?

イ 火事を防ぐための お守り
ロ 敵が来たことを知らせる 見張り
ハ カラスが来ないようにする おどし

問題 ③ 将軍家の女性のために作られた女乗物で間違っているのは?

イ 乗り物の中には華麗な絵が書かれていた
ロ 女性は お城の中でも乗り物で移動していた
ハ 乗り物の中には 付き添いと二人が乗っていた

ここ数年 ほとんど傘で間に合った雨が 何年ぶりかで 下駄箱から雨靴を引っ張り出し 裾までのレインコートという完全雨対策で出かけた 徳川家康の勉強会
抽選会で 当たりだというC賞の可愛いトートバックの柄は お気に入りだけど
ウィキペディアでは出てこない 家康の裏話みたいなものが聞かれるかとの期待は儚く

会場に掲げられた お城に纏わるクイズは さすが入門中の歴女 三問とも 容易く 解けた

こういう場合 <解けた>

あれが正しい これが間違ってる と 押し問答して 事実が判明したり 接点に辿りついたり 妥協したり

もっと 難しいと思っていたけど 意外にも柔らかくて 

この場合 気持ちがほぐれるから <溶ける> だと思ったら <解ける> が正しい  

見た目 <解> よりも <溶> の方が 優しい風情なので 何か この雰囲気を出したくて いろいろ検索したけれど とうとう 見つからなくて やはり 打ち解ける の場合も <解ける> 

<溶ける> は 氷や雪が水になったり 砂糖と水が混ざり合ったり などの 物質的な形容に使われるようだ


DSCN7405.jpg
 

夜半 家康の勉強会から戻ると 玄関に 胡蝶蘭の鉢植え と バラのコサージュ
家にいたとしても インターホンを押すことはなく 「売り物にはならないから 良かったら飾って」 との控えめな気持ちなのか いつも そっと置いてある

互いの子供が小さい頃は テニスをしたり 子供同伴の茶会をすることもあったけれど 卒園後に通う小学校が別々となり もうだいぶ長く 触れ合うことはなく 彼女が取り仕切る花屋さんで 売り場に置けなくなった洋ランを頂くだけのお付き合い 


DSCN7409.jpg
 

お付き合いと言うほどに お付き合いもないから 争うことも それ以上 親しくなることもなくても 何かの折に出会って 近況報告なんかで長話になったりすると  知り合ってからの期間は長いだけあってオシャベリには くったくない

親友はもちろん 友達とさえも言えるかどうか分からないけど 打ち解ける ことはできるのだ

固くて高い壁が取り払われて 東と西か 右と左かに居たものが出会って握手をした場合 
こういう場合 空気の中で互いが混ざり合って 溶け合った でも良さそうな気もするんだけどね


やがて訪れる今年の冬に 東京で雪が降るかどうかだけど 来年の雪解けのあとに咲く桃色の花を目にして 私の心が溶けているかどうか 

なにしろ 吐き気がするような トンマ 

これを溶かすのは 難しい



 
 

スポンサーサイト

<< なんで?  TopPage  気になる 宇宙船 >>

コメント

今日は(^_^)
問題。。。歴女では無いので不正解かもと弁解しといて(笑)
問①イ
問②イ
問③ハ
参加しました。


今回の胡蝶蘭 売れ残りとは思えないほど、綺麗なのに、麦さんの所に来る運命だったのかも。
薔薇のコサージュも素敵なのに、、、

溶けると解ける。
気持ち的には溶けると言いたいですね。
私も吐き気がする程…反省かも^_^;

2015.09.11   h.j   編集

h.j さん


v-433 
私が花◎なんですから、どなたも花◎でしょうね(*^-^*)

我が家に飾るには充分ですが、ほとんど満開に近いものを、お売りすることはないようです。

「解」は、硬いですよね。

あ~、、、、、(^-^;
h.jさん、
決して、お上品な私ではありませんが、一応、公開するのに、負の言葉は使わないよう心がけております。

「吐き気」「トンマ」
事情は無視してよろしいのですが、、、
私が口にした言葉ではありません。
その点だけは、ご理解いただきたいです <(_ _)>



2015.09.11   麦   編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.09.11      編集

e-138 さん

いえいえ、ノープロブレムですよ。
同意も、反論も受け付けるためのコメント欄ですから。


私のブログを見て吐き気がしたとか、過去には「トンマ」など、負の言葉を投げかけられた、その人への私の感情が、いつか「溶ける」ことがあるのか、、、
そんな思いを呟くためには、書かざるを得ない言葉でした。
私は、他人様を誹謗中傷した記憶は、一切、ありません。

2015.09.11   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/225-693c09cf




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad