ムー 

二日ほど 30℃前後とはいえ湿度の低い日に恵まれ 体力の回復を感じたところが 今日からまた 「暑い 暑い」 を口ずさみながら付き合わざるを得ない夏に突入しました

呼吸の荒いワンコに 朝からクーラーON

ネットサーフィン という言葉も覚えネット三昧 

ハタラキバチさんへの申し訳なさも ワンコのオカゲで  自分への弁解というか 気休めになります


我が家のワンコ 三代目は <ムーちゃん> と呼ばれる事になりました

初代 先代 に続き トトロ3号の予定でしたが 天使たちの 空を飛ぶイメージの名前に準じて 娘は 月 のムーンから
私は 麦のムで ムーちゃん に一致

今年の3月 トトロが虹の橋を渡り もうワンコは ・・・ 
と思いましたが < トトロとソックリの5歳くらいのワンコ > という条件で迎えることに考えが及び それからは 娘も息子も あげくは お隣の奥様までもが  「犬の里親」 を検索する日々

最初に見つけたトトロ似は 数日の差で よその子に

2番目は ちょっと元気が良すぎて誤飲による窒息が懸念され 私の手に負えそうもなくて断念

3番目のトトロくんは 4歳と推定されるわりには大人しい様子が気になり かかりつけの獣医さんの診断を請って もしも高齢だったら お引取りを願う という条件で契約しました

DSCN2272.jpg


獣医さんの判断では 4~5歳か もっと上かもしれないということでしたが もう手放すことはできず三日目の今日は名前もl決まりました


このたび このようなことから 動物愛護の団体活動と関る事になり 多くの事を学びました

今 飼い主と離れ 里親との巡り合いを待つ レスキュー犬は ミニチュアダックス と トイプードルが多い
そのわけは 数年前にペットとして流行した この2種の犬の飼い主に飽きが来た時期になるから なのだとか

里親になるには条件が厳しく 場合によっては飼育環境の調査が必要となります
大まかに自信はありましたが 唯一 不安だったのは 床のフローリングでした
滑り止めがないと 里親にはなれません
飼育経験有りということから 自宅をグーグルマップの調査のみでOKが頂けたのはラッキーでした

ムーは 抱かれる事を拒み 強引に抱くと全身を小刻みに震わせます
解放すると 一目散にトイレ用の檻の中に走り込み こちらを伺っています

なんの習慣か不明ですが 何かの時に異常に興奮し トイレ用のペットシーツを前足でかきむしります
何か褒められる事をしてゴホウビを貰える時の喜びの動作のようですが トイレではないようです
それが何なのか判断がつかないまま 取りあえずは主食以外のオヤツを食べさせます

滑り止めを敷いて囲いをした2畳の広さを わざわざ避けて 部屋の隅にトイレとして置いた狭い檻の中で安心して眠っているムーの姿に 目頭が熱くなります 

4年か それ以上の間 ムーが どのように過ごしていたのか知る術もなく手探り状態だけど ムーに会えて良かったという私たちの気持ちが 一日も早く ムーに伝わりますように



スポンサーサイト

<< タヌキモの花が咲きました  TopPage  神様の存在を信じるとき >>

コメント

ムギさん、こんにちは。

ム-ちゃん、初登場ですね。

おおおおおっ、カメラ目線でオスマシし、少し心配な目つきはまだ慣れない環境のせいで、仕方がないところだね~♪ でも、優しいお母さんに巡り合って幸せなワンちゃん、すぐに慣れることでしょう。


兄貴分とよく似ているのはムギさんの好みでしょうね。
あっ、兄貴分よりも色白でハンサンムだ!

ワンちゃん、いろいろとお世話が入りますが、それ以上の心の豊かさを分かち合えると思います。


わたしもワンちゃんが大好きでたまりません。2012年、全米を感激の涙の渦に巻き込んだ一枚の犬と男の写真とその物語。最後までこうありたいと思います。

1人のフォトグラファーが撮りフェイスブックに投降した一枚の写真が瞬く間に全世界で200万人閲覧し 数十万人の人々が感激のコメントを残した。ここまで人々の心を動かした1人の男と犬の物語とは・・・もう涙なしでは見られない。


https://ca.news.yahoo.com/blogs/daily-buzz/touching-photo-man-cradling-sick-dog-sleep-goes-193603764.html


湖の中に長髪の男と老犬の姿。静かな水面に身を委ね、目を閉じている犬の表情は 主人への愛 強い信頼が満ちあふれている。この犬、スコップは19歳、人間では 約96歳相当。重度の関節炎に悩まされ 痛みから普段は睡眠も充分にとれていない状態。そんなスコップの為に主人のジョンは毎晩 自宅から1.5キロ離れたこの湖に通い時間が許す限り抱えて一緒に湖の中へ。

こうしてスコップは浮力で関節炎の痛みから開放され ようやく短い睡眠をとる。19年という長い時間を共有してきた2人(1人と一匹)にも持ちつ持たれつ様々な歴史があった。実はこのスコップ 子犬のとき元飼い主に虐待され 生後8ヶ月でジョンと当時のフィアンセに出会い引き取られる。

人間への不信から閉ざされてしまったスコップの心をジョンは1年かけてほぐしていく。ジョンがそのフィアンセと別れ 鬱になった時は スコップが彼を助けてくれた。「なんて説明していいのか解らないんだけど・・・あの時スコップが僕に”目を覚ませ しっかりしろ!”って言ってくれたような気がしたんだ・・・・」 楽しい時も悲しい時も辛い時も、いつも一緒の2人。

この写真は彼らの歴史の総体性の表れといっても過言ではない。
フェイスブックのコメントからは・・・・・・・・この一枚には人間と犬との 平和 絆 友情 全てが詰め込まれてると。

2014.08.01   えんてつ   編集

えんてつ さん

いち日ごとですね、今日は、だいぶリラックスして、檻から出る時間が多いです。

おっと!
残念ながら色白の美人は、どこの誰よりもハンサムだったお兄ちゃんの妹なんですよ。
ん!
ハンサム?
今時のこと、イケメン! に訂正しましょう(笑)

ご紹介のサイト、ありがとうございます。
こちら純粋な日本人ゆえ(笑)、テキスト翻訳のお世話になりました。
そういうとき、あそこまでできるかどうか解りませんが、家族ですから、そう在るべきだと思います。

トトロには反省するべき点が、たくさん思い出されます。
寒いという理由で散歩をパスしたこともありましたから、、、。
体調を崩してから、片手に抱いてクリーニング屋さんまで歩き、帰り道に、やっとの力で道端をクンクンしながら歩いていた、あれが最後の散歩だったかな、、、
今は、クリーニング屋さんの帰り道は、できるだけ、その道を通り、あのときのことを思い出しています。
辛いけれども、トトロと会えるんだと思うので、このごろは気持ちが変わりました。
トトロとの時間を思い出すことが、せめてものお詫びです。

2014.08.02   麦   編集

こんにちは。

あら~ごめんごめん、美人さんでしたか~♪
うんうん、AKBのマスコットに合格だ!



そっかぁ~ イケメンって言うんか~




うちのワンちゃんたち、お天気で土が乾いている
ときは、山へ連れていくんですよ。
果樹園にしようと開墾したところでお遊びさせるんです。
切り株とか残っているのでドッグランとはいきませんが、大喜びしてます。
わたしも散歩の手間が省けて大喜びです。
家内はヘビに噛まれたら~とかなり心配していますが
ヘビが怖くて遊べるかい!とワン公も申しております(笑)

でも、このところお天気が安定しないのであきまへん。



一目見て兄ちゃん譲りその瞳   ~♪
便り待つム-ちゃん膝のパチリンコ ~♪
犬もまた鎮魂ありき平和の日   ~♪

2014.08.06   えんてつ   編集

えんてつ さん

こんばんは。

実は私も、ついつい、「ボク、お腹すいた? ボク、お散歩に行く?」
と言ってしまうので、ペット=オス という感覚になっているのかもしれませんね。

男子はイケメン!
では最近の可愛い女子のことは、、、なんて言うのでしょう?
イケウーマン? それはないですね^^;

大自然の中で貸切のドッグランとは、なんて幸せな!
犬とヘビ、どちらが強力なんでしょう、、、。
毒蛇だと危ないですよね。
ヘビが怖くて遊べるかい! お気持ちは解りますが(笑)

69回目の平和の日ですね。

2014.08.06   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/23-95642e56




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad