小さな幸せ

 
小学2年生くらいだったでしょうか
放課後の校庭の隅を 腰を屈めて弱々しく通り過ぎるオバアサンが見えました 

その オバアサンは その時 それで充分に幸せだったかもしれないのに その姿が気の毒に見えたからだったか 私は50歳まで生きられたらいいな と思いました
とりとめもないことが脳にインプットされるのは よくあることで それから折り折りに 50才まで生きることが思い出されながら 生きていました

そして
50歳を迎えようとするとき 私は異国にいて そんな罰当たりなことを考えたことに恐れをなし 神妙に その日を迎えたことを覚えています

幸いに 罰が当たることもなく それからも とりあえずは 日々 丁寧に生きて来ました

それとは別に 今 命が果てても悔いはないな と思うようになって 10年は過ぎたでしょうか

体調の変化もあったりして もう子供たちは 私が居なくても どうにか自分で生きて行けそうだし いっときは私が居なくなったことを悲しむ何人かがいたとしても 時が解決するのは間違いない

美味しいものも食べたし 行きたいと思うところにも行ったから
誰かのお世話になる前に 今 幸せに溢れたまま消えても 私が生まれた甲斐はあったと思う 敬老の日
インタビューで 長寿日本一の男性に 長生きの秘訣を尋ねると  「喜ぶこと」  と答えられていました


なかなか咲かなくて気をもんでいた モミジバルコウソウが開花しました

DSCN7423.jpg  DSCN7465.jpg

タダモノではないと気付いた小さな芽を大切に育てたら いつしか絶えた千日小鈴が花を付けました

確か一昨年 清水公園の お花見に行ったとき 入口の花屋さんから持ち帰ったフジバカマにも蕾です

DSCN7469.jpg  DSCN7473.jpg

いつまでも穂が出ず心配した紫エノコロも セーフ

花友さんからは 秋の味覚が詰まった包みが届き

DSCN7478.jpg  DSCN7477.jpg

先行予約によるチケットを譲り受ける権利を得たのは半年以上も前
公演一週間前という約束の予定より少し早く 無事にチケットが届きました
 


23日には アーちゃんのピアノ演奏を聞きに行きます
今年は 課題曲の他に ヴァイオリンとフルートによる三重奏にも抜擢されたアーちゃん

バレエは好きだけど ピアノは向いてないそうで 今年が最後の舞台になるかもしれません
算数や国語は どうでもよくて ピアノが弾ける女の子であって欲しいと思う私は アーちゃんに
「ピアノが弾けない女の子って ババは好きじゃないなぁ」 
と 厳しいことを言いましたが 舞台での三重奏による達成感を得られたら 気持ちは変わってくれるでしょうか

次々と 小さな幸せが押し寄せる 私のシルバーウィーク
今日は これから歌いに行って来ます

50才から だいぶ生きてきました
寄せ来る 小さな幸せを喜び 長寿日本一とまででなくとも もう少し生きられそうです






 




スポンサーサイト

<< 夢を追いかけて  TopPage  消極的平和の中で >>

コメント

今日は(^_^)
何故50才と思ったのでしょうね〜
そのお年寄りが、小さかった麦さんの
目には50才と映ったのですかね。

そうですね、私も若かりし頃 生意気に同じような事を考えてましたね。
50才では無いですが…
今その年齢に 近ずいて来て、
少し未練とゆうか、家族になったニャン仔達を
見届けたいと、切実に思います。

あら、麦さんのタダモノでは無い^_−☆
出ましたね〜
結構有りますよね。

忙しい秋ですね。
幸せなお出掛けなら、何も問題ないですね。
ムーちゃんには、少し寂しい秋かも(*^o^*)

2015.09.22   h.j   編集

麦さん、こんばんは。

わたしはね、祖父が亡くなったとき親父が42歳
親父が亡くなったときわたしが42歳だったので
息子が42歳になるときに死ぬんじゃないかと
思います。奇しくも42歳は厄年ですからwww
まぁ、ともあれ、あと10年ぐらいは生きていたいです。


ありゃりゃ、困ったバ~バじゃあ~りませんか。

そういえば、うちの天使もママがピアノ習わせたいとか・・・
でも、こういう話にジジの出る幕はありません。
楽器がひけるというのはわたしの個人的憧れでもありますけど。


シルバ-ウイ-クはどこへも出かけず、今年の冬の庭の改造案など考えておりまする。

きょうは空が高かったです。
秋はね、山の木々の色が変化し始めるとなぜか心が騒いでしまいます(失笑ですが)。


歌声に心沿わせる今宵かな ~チケット
紫蘇茶よし紅葉めでる人の波 ~謎

2015.09.22   えんてつ   編集

i-1 h.j さん

おそらく、80歳くらいに見えたのかな?
そのころの私の母が40代ですよね。50歳なら、まだ若々しいかな、と思ったのではなかったでしょうか。
荘厳な死に対する思いはあったのでしょうね、そのことは、ずっと覚えていましたよ。

そうそう、私も、年齢と共に未練は増しますが、それでも、今の体力が続くまでで充分、、、でも、理想通りにはいかないでしょうね。

タダモノでないのは、不思議と一目で解りますね(*^-^*)
野菜だったりすることもあります。

ムーちゃん、長い時間の一人お留守番でしたから、戻った時はジャンプして喜んでくれました~ 🎶🎶🎶🎶



i-1 えんてつ さん

42歳が、ジンクスになっちゃったのですね。
理系の、えんてつさんらしくないですが、
そういう家族の絆っぽいところを、信じたい気持ちもありますよね(*´▽`*)
私も、今のところは、あと10年くらいで充分です。
憎まれっ子、世に憚ると言いますから、10年では無理かな(笑)

あら、シルバーウィーク、って、婆だけかと思いましたが、シルジーウィークも有り?

山の木々、そろそろ色変わりの季節ですね。

大坂フェスティバルホールは燃えますよ~ v-341
謎の紫蘇茶は、ホットですね i-225

2015.09.23   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/230-fb11709a




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad