るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


クリスマスの花屋さん事情

 
12月生まれの友のお祝いに花束を と 知人が営む花屋さんまで 車を走らせた

うろ覚えの上に久しぶりで 師走のせいか混雑の道路で慌てて車線変更しクラクションを鳴らされて 横に並んだドライバーに睨まれ 窓越しに片手で平謝りしたりして 無事 辿り着き ホッ!

「お友達のイメージは?」 と問われ 「箱入り奥さん」 と答えると 日本では咲かないという大型で淡いピンクの輸入のバラに カスミソウをあしらって 誕生日を迎えた彼女の静かなイメージに華やかさもありの花束が出来上がった

大きな花束を 両手で抱えた私に 
「これ もう売り物にはならないんだけど ・・・ 持てないわよねぇ」  
と 壁際にあったシクラメンに目をやり 大きなビニール袋に詰めて 駐車場まで運んでくれた彼女が言うには 「花は捨てないと 花屋はやっていけない」 のだそうだ

確かに お花を買おうと思っても 勢いのない鉢花が並んだ花屋さんの店先では 花を買おうという気持ちは失せるものね

大鉢の隙間に 葉牡丹を添えて玄関に飾りました

DSCN8536.jpg

寒さが強くなったら 室内に取り込んで 次の開花に挑戦しましょう


忘れていたわけではないけれど 週末の用事で二日遅れになった 友のお誕生日のお祝いを届け 今年も残りわずか
年末にちなんだテレビを見ながら ひとり夕食のときチャイムが鳴り インターホン画面に 薄暗い中で両手に花いっぱいの女性の姿

「さっき あげたかったんだけど 遠慮すると思ったから」

花屋さんのクリスマスは 以外にも 赤いバラなんだとか
そのわけはね 
表現が古臭いけど 「友達以上恋人未満」の男女が 一歩前に進むチャンスのクリスマスイブ
その際のクリスマスプレゼントに なんと赤いバラを贈る男性が多いのだそう

それで この時期には新鮮な赤いバラを お店に並べるのだとか
「花を捨てないと 花屋さんはやっていけない」 という 昼間の彼女のセリフが まだまだ十分に見ごたえのある真っ赤なバラの花に重なる


最近は こんな変わったポインセチアも

DSCN8538.jpg


「古いのばっかりじゃ悪いから これも飾ってね! 私からクリスマスプレゼント!」 って 

DSCN8535.jpg

・・・ ウルウル ・・・



息子が幼稚園の時のママ友時代は 普通の主婦だった彼女が まさか 花屋を切り盛りすることになるとは思わず 私までが このような恩恵をいただけることの有り難さ

DSCN8532.jpg
 

それでは我が家も今年は 赤いバラのクリスマスということで 花屋さんに並べることは出来なくても 私にとっては まだまだフレッシュなバラを クリスマスの日まで保てますように

ありがとう 
バラさんのために 暖房が届かない場所に飾りますからね








スポンサーサイト

<< 今年もサンタが やってきた  TopPage  それぞれ一品 の レシピ >>

コメント

こんにちは(=^x^=)

麦さんのお宅もお花屋さんが
出来そう(*^_^*)

そうなんですか!
クリスマスに薔薇の花束
知りませんでした。


お店では売れないバラの花達も麦さんの
手にかかれば
クリスマスどころか
年も越せるのではないのでしょうか^_−☆


普段花と縁が無い我が家にも
今年は今まで見た事のない様な
立派なシクラメンの鉢が
鎮座してます。
さてどうしたものかと
悩みの種になってます。
私の手にかかると
すぐ枯れるんです(−_−#)

2015.12.22   h.j   編集

h.j さん

v-254
麦の花屋さん(*^^*)
ん!
丸儲けですね~(≧▽≦)

そうらしいですよ、クリスマスイブに真っ赤なバラのプレゼント。
以前は、クリスマスプレゼントというと、身に着ける装飾品などでしたよね。

男性諸君!
バラの一輪にリングを潜めておいて、彼女が家に帰り花瓶に挿そうとして見つけたら、、、(*^^)v


冬は、切り花が長持ちしますね。
花屋さんでは冷蔵庫に入れてあるから、寒いところのほうが良いのかな、と思うのですが、、、、。

おぉ! 立派なシクラメンが鎮座ですか~、いいですね~🎶
今年、初めて、私も夏超しさせることができました。
h.jさんも枯らしてしまいますか、、、。
葉がしおれて来たら水やりするくらいで、ちょうど良いらしいですよ。
頑張って!


2015.12.22   麦   編集

こんばんは。 ご無沙汰です。

真っ赤なバラの花束はいつだって迫力がありますね。
それにしても年中花に囲まれた生活は幸せですね。

花といえば、先日当地の商店街で年末恒例の「商人祭り」というのがあったんですが、花屋さんの店先で戦国武将を花でたとえると
どうなるのだろうというのがありました。

花に秘密が潜んでいると思うと楽しいです~♪


女性諸君!
いつまでもリングが輝く指先が魅力です・・・

2015.12.23   えんてつ   編集

えんてつ さん

v-254
ご無沙汰でした(*^^*)

少し前、花に囲まれた花屋さんという業種に憧れたことがありましたが、現実は甘くないようですね。
家で花に囲まれていたほうが、幸せのようです。

戦国武将を花で例えたら? 
考えてみましたが、難しいですね。
とりあえず、信長は水仙、秀吉はオキザリス、家康はミニバラとイメージしてみました(*´▽`*)


男性諸君!
釣った魚の指先が、いつまでも輝きを失わないように、クリスマスにはプレゼントを忘れてはなりませぬ!

我が家のサンタのエサは、年々、侘しくなっていきます・・・(^^ゞ


2015.12.23   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/263-04114c39




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad