ノロ疑惑 一過


息子より 東京出張に付き一泊させて との連絡がありました

その日の業務終了後に上京だから遅くなると聞いてはいたものの ちょうど東京在住の旧友の誕生祝いに途中下車したそうで 家にいたころと同じく お決まりの午前様

昨夜の飲みすぎが だいぶ身体に堪えている様子の息子に 「自分の限界を超えるまで飲むのは人間として最低」 と 30過ぎの息子を叱咤して出社させたまでは良かったのでしたが そのまま赴任地へ戻るはずが 再び 「疲れたから今夜も一泊させて」 と連絡あり

てっきり飲みすぎによる体調不良と思ったところ 帰宅途中の一駅ごとに降りてはトイレに駆け込み やっと帰って来て38℃の発熱も 


インフルエンザの検査結果は陰性
しかし この症状はノロ との診断を受けたそうで 私としては そっちの方が怖い

娘からは 「老夫婦に移ったら大変」 と 感染した場合の症状やら対処法やら 事細かい説明を受ける 
普段なら 「老」 は余分と抗議したいところ
しかし この際は 細かいことに拘ってはいられず 大急ぎ薬局へ

DSC00886.jpg

ノロに対してアルコール消毒は期待できないらしい


客間の空気清浄機を息子のもとに移動したり 吐瀉物から感染すると聞くからには 息子が使ったシーツと枕カバーをビニール袋に密閉してゴミ処理するなど できる限り対処して感染防止に備える

息子自身は 医者より 嘔吐を避けるために絶食を強いられ 口にできるのは糖分補給の氷砂糖と経口補水液のみ 

しかし ・・・ 
検査の結果でノロ感染と診断されたわけではなく お医者さんの誤診とも言い難いのだが インフルエンザほどに ノロの流行報道は聞かないし お医者さんから戻ってからの息子は 「腹減った」 の連発という状況から どうも ノロとは思えない

処方された薬の効果か 夕方には熱もなく すこぶる快調のようで 夕食には 卵と青ネギ入りのお粥を 翌朝は 具たくさんの鍋焼きうどんを完食しても 異常なし
朝風呂を済ませ 「さあ 帰るぞ!」 の 元気な声に安堵し お昼は いつもの回っているお寿司とは違う お寿司屋さん!
別れ際に いくつになっても子は子に 「今日は お酒を飲んじゃダメよ」 

さて
久しぶりに息子との共同生活だか ノロ騒動のせいで疲れたのか 「真田丸」 を鑑賞して 早々と就寝


Q1eEcYGvN9sRKdm1456116467_1456116612[1]


心配かけたことで 気になったのかな?
いつになく無事に帰ったことの報告があり 娘が対応した形跡を 朝になって確認した老母

家の中でマスクをし 息子が触れたテレビのリモコンを いちいち消毒してる私に気付いた息子の 寂しげな目が思い出されて 切ない母です






スポンサーサイト

<< 私の 一番長くて短い日  TopPage  松川さんと竹山さん >>

コメント

良かったですね

お元気になられて何よりです。

ノロだけは(他の病気もそうですが・・・)
掛からない方がいい。
これまでの私の人生で一番辛い病闘記として
今でも家族間で語り合っています(笑

よく食べて、良く寝る。
そして、できることなら人混みを避ける。
老いも若きも注意が要りますね。
インフルエンザが猛威を振るっておりますので。

2016.02.22   サイ・サイ   編集

今日は(=^x^=)
ノロ疑惑騒動、お疲れ様でした。

ふふふ〜老夫婦ですか?
何とも無くて、本当に良かったですね〜。

お嬢様の言葉も、優しさそのものでしょうね^_−☆

息子さんの寂しげな目・・・・
麦さんの切ない気持も・・・
よくわかりましたよ(−_−#)


私はこの歳になっても、まだ母に叱られますよ(≧∇≦)

2016.02.22   h.j   編集

コメントありがとうございます

e-473

e-448 サイ・サイ さん

おかげさまで大事に至らず(*^-^*)
あらら、サイ・サイさんは、ご経験済みなんですね。
娘から聞くところによると、丸一日は生きた心地がしないのだとか。
それで免疫になれば良いのですが、それもナシだそうで迷惑な病気ですよね。

栄養と休養、普段からの心がけが大事、そう思います。
インフルエンザも厄介ですが、
このたびは、ノロよりはマシかな、と思った次第でした(^-^;
まだ少し、収まりそうないですね。
暖かくなるまで、お互い気を付けましょう。


e-448 h.j さん

ノロ疑惑、一安心しました(*^-^*)
この時とばかり老人扱いして、得意気な娘でしたよ。
私がダウンすると、娘自身も困ることがありますし・・・( *´艸`)

おぉっ!
息子への母心、お分かりいただけますか。
消毒液を噴射したキッチンペーパーでリモコンを拭きとっているとき、息子と目が合いまして、、、
申し訳ないと思っているのか、寂しそうでした、、、

いつまでも、親子!
叱られなくなったら、それでまた寂しいかもしれませんね(*´▽`*)



2016.02.22   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/291-98bdf710




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad