るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


私の 一番長くて短い日


この週に 竹富島の夜空を仰ごう!
を予定していたのが 残念ながら現地は しばらく雨か曇りが続く予報

家にいるのを好きな私が その気になったとなると 今度は逆に キャンセルすることへの勇気がいるもの
そこで 
それなら雪まつりを逃した札幌へ行こう!
ということになった

まだ夜は明けない5時起床 
緑茶をすすり 羽田8時発の便を予定して 6時に家を出る
首都高を走行中 運転席に車のスリップ防止機能不具合の表示があり加速が利かなくなったため 路肩に車を止めること数分
精密機械は得意の分野である運転手さんの判断により どうにか事なきを得て 1か所 渋滞はあったものの 無事に羽田の駐車場に到着
待合室にて軽い朝食サービスを賜ったのちに タイムテーブル通り離陸

DSC00888 (2)

DSC00890 (1)

DSC00891 (2)


あいにく雪の札幌上空
滑走路の雪かき作業を待って 上空を旋回し 30分ほど遅れの着陸

DSC00907 (2)


JR 地下鉄 市電を乗り継いで 雪の降る街を もいわ山ロープウェイ乗り場へと歩く

DSC00931 (2)

DSC00959 (2)

結晶を見られないかと 手あたり次第にシャッター

上りと下りが 必ず中間地点ですれちがうように運行されてるのだそう
 
DSC00969 (2)

ロープウェイの窓より

DSC00973 (2)

DSC00975.jpg


山頂にて 

DSCN8788.jpg

カメラの設定に四苦八苦の雪美女

DSC00953.jpg

DSC00950 (1)

どんなに頑張っても 私の腕で あの雪景色の美を撮るのは不可能なんだと思う



空模様により もいわ山からの眺望は最初から期待してなかったので とりあえず山頂でのひと時を満喫して下りる

行くときは それがあるとは知らず歩いた8分ほどの距離を シャトルバスで市電の乗り場へ 

羽田の待合室にて 朝食と言っても 私は2個の小さなクロワッサンと紅茶のみ
山頂で とっくに正午を過ぎていたけど お昼ご飯は まだであることを忘れてはいけないのだが

傘が必要なほどではないが 雪道を歩くのもなんだし と 空港へ戻る気配の引率者

それなら 地下鉄からJRに乗り換える辺りで海鮮丼でも食べましょうか と思ったのは私だけだったもよう
15時近くに 千歳空港行きJRに腰かけて 「16時発に間に合うかな」

え~っ!
札幌から空港まで およそ30分はかかるはず
搭乗までに お昼ご飯どころかアーちゃんに頼まれたポテトも探せないじゃない と心の中で思っても口には出さず

「走るよ」

つまり 駅に着き次第 ホームから航空会社のカウンターまで 走る という意味

それでも逆らわない私

思い出した
この人は いつもそうだった
誘ってはくれるけれど ワンマンな行程を終えれば それで満足
私が ちょっと覗いてみたいお土産屋さんとか ご当地特有の和菓子やさんとかで歩を緩めても気付くことなく さっさと前を歩いていた

その後ろ姿を追いかけながら 「こんど誘われても 絶対に着いて行かない」 と そのたびごと心に誓ったものだが そのつど忘れる体質らしい私


DSC01001 (2)

DSC00992 (1)



「雪だから 遅れてるかもしれないな」

次の便にしたい私の思惑とは裏腹に 遅れていたらラッキーってことになるのだが 案の定 機材の到着遅延で 新しい出発時刻は16時40分
有り難く座席を確保できたチケットを手に ロビーを進む後姿を追いかける

「ラーメンを食べて行こう」 と聞こえた時が 15時45分
度重なる当地への出張で 千歳空港は我が庭のような彼が ズラーッと並んだラーメン屋さんの中央を 慣れた足取りで進む

どうやら常連らしい ゆで卵が食べ放題のお店が お気に入りらしく 辛いラーメンをオーダー
私は 無難な醤油ラーメンと 卵を一個

やっと お昼ご飯に恵まれ 人間らしい旅気分になったところで 出発ロビーへ

搭乗時刻を待つうち 雪による機材の調整がつかず欠航とのアナウンス

一時間ごとの羽田行きも 次の便は満席

どうにか予約できたのが 最終便の21時発

空模様は 時間を追うごとに快方へ向かっている
按摩器に座ってみたり 夕張メロン風味のソフトクリームを味わったりして 15時30分から21時までの空港に待機する間 欠航 遅延 到着地変更など ほとんどの便が異変のアナウンスを聞く中で 貴重な正常運航の21時発にて羽田へ

数分の遅れはあったものの 22時を過ぎて着地し 長い一日の終わりとしたいところが 朝 突然にスリップ防止機能異変の案内が出た車で高速を走るのは危険
安全な下道を 家路につく
この時間帯の高速なら30分のところ およそ2時間を所要して家に着いたのは 午前零時を過ぎてから


この長い一日での収穫は もいわ山の雪景色 と 空港のラーメン

私の 長くて短かった日 

車が点検のため 空のガレージに気付いたアーちゃんが
「爺の家に車がなかったけど また今日もムーちゃんを一人にして どこか行っちゃったの?」 と心配してたとか怒っていたとか

ムーちゃんには 実質 長い一日でしたね







スポンサーサイト

<< 私信  TopPage  ノロ疑惑 一過 >>

コメント

今日は(=^x^=)
ふふ!
お疲れ様でしたね(⌒-⌒; )

しかし、竹富島から、北海道への変更も
かなり凄いですが。


我が家も、よく似てます。
マイぺース?と言えば聞こえはいいですが、
迷惑この上無く、、、。

私は忘れませんよ〜。
しつこいですから^_−☆
猫事情により、日帰りしか出来ませんがね。
断ってますよ。(笑)



雪景色もいいですが・・・・
雪美女さんも・・・・・
良いですね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

2016.02.25   h.j   編集

h.j さん

v-276e-333

早朝から深夜まで、クロワッサン2個とラーメン一杯!
頑張りました!

荷物を持ち歩くのは大変だから、日帰りできる札幌、という単純な理由なんですよ(^^)v

h.jさんのお宅でも同じように?
ワンマンですと、時にはラクチンな場合もありますね。
お任せすればいいですから。

私は、なんでしょうねぇ・・・
もう絶対に! と何度も誓ったのに。
お声がかかったときには、すっかり忘れてます(-_-メ)
我が家の犬事情は、日帰りでも、ムーちゃんよりアーちゃん事情が厄介(*´▽`*)

縮小すれば美人の雪女~v-363
拡大したら、さて~v-361


2016.02.25   麦   編集

ぷぷっ!

白銀の世界のはずがいぶし銀?(失礼!)
絞りを開放(数を小さく)したらどうでしょうか?

上空からの連山に雪景色…あまり見られない情景ですね~。素敵!

2016.02.26   kanmo   編集

kanmo さん

i-7i-68i-7

相変わらず辛口で( *´艸`)
絞り・・・カメラ教室で教わったんですけどね、、、
こういう時、数字を小さくするということは、光をたくさん取り入れるために、小さく絞って、レンズの開き具合を大きくするという意味ですね?
明日、また雪の札幌へ行って再挑戦してキマショウ、、、

最後の2枚は、空港へ向かう、おそらく80㎞/hは出ているでしょう列車から撮っています。
シャッタースピード1/4000です。
これは成功ですね。


東北の上空ですね。
まだ先は長く遠いと思いますが、上空からは綺麗ですね。
こちらの設定は、まずまずでしょうか(*´▽`*)

2016.02.26   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/293-d458245f




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad