小樽


なぜかまた 北海道

札幌行きの機内にて 「北海道はスギ花粉がないから」 って言ってたけど 私のスギ花粉の症状緩和だけが目的ってこともなさそう

先月 息子たちと合流した札幌で 実は お昼にジンギスカンを予定していたところが それぞれの好みにより多数決で海鮮レストランになったことから 心残りの様子は見えていた

前日の予想に外れた 房総半島花畑巡り用リュックに お出かけグッズは揃っていたし 早起きは得意だから 突然の日帰り指令でも慌てることもなく


札幌まで出て ビール園でお昼にし マイちゃんにホワイトデーのプレゼントを買って帰ろう とのこと

やはりジンギスカンへの未練が断ち切れてなかったとしたら マトンは苦手で そもそも鍋や焼肉など 火を通しながら食べるという食事形態そのものを好かない私ではあるけれど 成り行きのまま 8時発の千歳行きに搭乗した

羽田上空は

DSC01233.jpg

少なくともマアマア良ければ上々 の範囲が期待できる お天気

DSC01246.jpg

羽田から離れるにつれて 雲が切れ 

DSC01253.jpg

地図帳で確認すると 小川原湖に間違いナシ

DSC01266.jpg

着陸態勢とのアナウンスに並行して 翼にブレーキがかかった模様

逆方向に飛ぶ数種類の鳥の いくつもの集団と すれ違う
深い意味もなく 滑走路が どの方向に伸びているのか知りたいところ 

まだまだ雪景色の中に 機体の影を発見
レンズはマクロだけど 思いっきり望遠にし 窓ガラスにカメラを密着させて待つと

DSC01277.jpg

撮れた!

DSC01280.jpg

この影の中に自分が居るという発想で 小学生並みに弾む胸

DSC01288.jpg

2月の 一面 真っ白な風景より だいぶ雪解けた滑走路周辺
快晴
積雪による遅延続きだった 過日の不安とは無縁のゲートで 律儀な職員さんに迎えられて 

DSC01294.jpg

幼かった息子に このポケモン機体と こんな風に会わせてあげたいと切望したときは遠く去り 
チャンスとの巡り合いは たいてい こんなもの


電車で札幌駅に着いたところが 突然 「小樽へ行こう」 と 宣う
小樽だとランチは海鮮になるけど ジンギスカンは いいのかなと思いながらも 終点の小樽へ

進行方向 左側の座席に座ったことが悔やまれ 車窓からの画像はナシ

駅前から 寿司屋通りに向かったシニア2名は 
店頭に下がった暖簾と 手にした旅雑誌とを見比べながら潜っていった 女子グループのあとに続く

DSC01302.jpg

さすが こっそり頂いた旅雑誌の情報の通り 新鮮さと旨さは言うまでもなく

一品選択のサービスに 私は タラバガニのお味噌汁をチョイス
あと一名は 羽田に車を置いてあることで悩んだ結果 何にしたかは 私は忘れた

DSC01304.jpg

超がつくくらい グルメの知人に 
「この世に これほど美味しいものがあるとは知らなかった」 と聞いていた アンキモ
おそらく 私は巡り合ったことのない生食のことだと ずうっと思っていて 
さすが 小樽のお寿司屋さんのメニューから 飛びついてオーダーしたところ 出てきたのは 

DSC01303.jpg

私は 生きている間に 
<この世で こんなに美味しいもの> と 聞く 幻の生アンキモに出会えることが あるでしょうか?


北海道観光と言えば 赤煉瓦倉庫は欠かせず

空港ロビー 電車内 ここでも 甲高く中国語が飛び交い 
記念撮影スポットの奪い合いに マナーは なんのそののお国柄?
ようやく 撮れた運河

DSC01313.jpg


小樽駅前の通りにて

DSC01319.jpg

氷状態に踏み固められた雪を割る作業に 暖地ではありえない職業を見る 

行きに悔やまれた勉強が生かされて 進行方向の左側座席を確保

DSC01325.jpg

石狩湾 

DSC01331.jpg

海岸に積もった雪で 現地の幼い子が遊んだのでしょうか 

DSC01336.jpg

結構なスピードの車内から この画像が撮れた私を褒めたい

DSC01343.jpg

小樽 → 千歳空港

DSC01344.jpg


18時発まで 2時間の余裕

お寿司の名残りある私は お味は変わらず量が少ないだけという お子様ラーメン

DSC01349.jpg

おいしゅうございました

時間つぶし中に発見した 行列のできる お土産店

DSC01351.jpg DSC01353.jpg

その心は 冷凍保存可能の焼きたてチーズタルト
温かいうちにと 搭乗待合室で試食したときは すでに常温だったけど
これも おいしゅうございました

前回の不運に ついつい比べてしまう タイムテーブル通りの離陸が 必要以上に有り難く
そして
この時間帯に飛行中 という機会に恵まれた 運気も嬉しい

DSC01355.jpg

設定の違いによる 画像の差

DSC01369.jpg

着陸前の夜景は

DSC01376.jpg

設定は変えず ハンカチや 90度に開いた文庫本でカメラを覆い 光を遮ってみたけれど
10数枚 写した内の これが精一杯



雪の季節に 3度続いた北海道
好きな土地柄のせい ということもあると思うけれど 自分の設定で写真を撮るという 旅での新たな試行が加わり それぞれに楽しめる旅でした

団体行動が苦手 という私を再確認もしたけど ・・・






スポンサーサイト

<< ピアノに負けた花粉症  TopPage  すごいでしょ! 雪割草 >>

コメント

今日は(=^x^=)
3度目の正直?
今回の日帰りの旅は有意義だったようですね(*^^*)

ふふふふふふふ!
ジンギスカンは又今度とか、、、。

お寿司は、矢張り美味しかったですか?
私は超グルメではないので、
あん肝美味しいと思った事はないです。

写真とてもきれいに撮れていると
思います。
私からは、座布団2枚差し上げますね(((o(*゚▽゚*)o)))

2016.03.18   h.j   編集

h.j さん

i-1i-4

確かに3度目の正直!
それぞれに良し、とは言っても、もっとも意義アリなのがレポートに現れていますね(*^^)v

育った土地がらで、マトンに馴染んでいる敵は、、、
運よく、免れましたよ( *´艸`)

お寿司ですね~!
回ってないですしね(*^▽^*)
加熱したアンキモ?
私も美味しいと思ったことはないです(-_-)
一度だけ、生のトビウオの肝を食べたことがあるのですが、
それは <この世に、こんなに美味しいものがあるとは知らなかった> でした。
生アンキモにも巡り会いたい、、、

だいぶ、難しいカメラにも慣れてきましたよ。
座布団は、2枚ですか、、、
次回は3枚を目指して p(*^^*)q

2016.03.18   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/303-f371f960




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad