旭川 カタクリの里

 
我が家のヒメリュウキンカは 暖かったとはいえ去年の12月初めころだったでしょうか 季節は まさに冬というときに咲きはじめました
例年なら ちょうど今頃が真っ盛りのはずの春の花です
ヒメリュウキンカほどではなくても 今年は いろんな花の咲き始めが いつもより早い気がしています

北国 旭川のカタクリも 今月いっぱいが見ごろとの情報により  行ってきました


DSC01794.jpg

富士山が そうであるように 機内から 都会のシンボル スカイツリーが見えるとラッキーに思うこの頃です 

DSC01798.jpg

北海道の翼 シンボルマークのベァーも 空を飛び

DSC01805.jpg

雪解けを如実に分けた 尾根のライン? と思ったけど 単なる影のよう ・・・ (-_-メ) 訂正

DSC01816.jpg

田畑の緑は 出そろった麦の芽かな
 

記録的な夏日となった去年
満開の中に そろそろ散ろうとする花もチラホラのカタクリ そして 咲いてはいたもののエゾエンゴサクは 終盤の時を迎えていた4月27日の記憶が蘇ります


DSC01936.jpg

5日ほど早い 22日の今年は そろそろピークというカタクリと 今が満開のエゾエンゴサクとで 花の協演クライマックスの時

DSC01833.jpg


DSC01953.jpg

DSC01853.jpg
 
ほとんど蕾の中に 一輪だけ見つけた咲き始めのエンレイソウ
思うがまま自由に育ち 鉢植えで見慣れたのと同じ花とは思えない 伸び伸びのフクジュソウ 
決定打がなく もしやイチリンソウかニリンソウと疑問符だった白い花は キクザキイチゲらしい

DSC01819.jpg

DSC01911.jpg

日当たり加減によるのか まだ蕾の一角も ところどころに見られる

DSC01847.jpg

初めて訪れたときに圧倒された広大なカタクリの里は 東京23区の面積に匹敵するかと錯覚したが 2度目ともなれば東京ドームを比喩するに落ち着き 前後左右に広がる花々に目を留めカメラに納めながら 花の丘を巡る800mほどの小道を通り抜けるのに 2時間あまり

DSC01887.jpg

DSC01872.jpg

なぜか白いエゾエンゴサクが 一輪

DSC01967.jpg

ボランティアの方々が捕獲中の 自然を蝕む外来種 セイヨウオオマルハナバチバスターズ 
この時期に飛んでいるのは 女王蜂に限っているのだそう
 
DSC01901.jpg  DSC01902.jpg

花弁が反り返る段階で この瞬時を捉えられたのは貴重
 
旭川空港から直行した9時過ぎの現地は まばらだった人影が 帰り際には 何の目印もない野原の駐車場で 自分の車を探すに苦労するほどに
花の世界から抜け出ると  発つときの羽田でラウンジに寄る時間が取れず 朝食抜きだったことに気付き 売店のメロン味ソフトクリームで おなかを騙して 道の駅あさひかわ へ

DSC01979.jpg

朝食兼昼食は ここで人気という チャップ丼
 
まだまだ時間はたっぷり
風のガーデンは 大型連休が開園とリサーチ済み

パンフレットでは 開園が29日と案内されているところを電話で問い合わせ 今日でも入場は可能という返事をいただき 北邦野草園へ


DSC02015 (1)
 

たまたま 道の駅の案内で知った北邦野草園だったが ここで ザゼンソウという名前のみ知る植物と遭遇した幸運

座禅を組む僧の頭上に大きなカタツムリ
 
DSC02003.jpg
 
講習内容が 私の目的と合わない気がして退会したばかりのカメラ教室だが このザゼンソウを捉えたアングルは 再び講座に提出して 評価を得たいほどに満足している


DSC01987.jpg
 
カタクリとエゾエンゴサクの男山自然公園では まばらなキバナノアマナが やがて ここでは どの花をも しのいで咲き誇るのではないかと思われるほど どこかしこに縫い針のような芽がツンツン


DSC01981.jpg

エゾノリュウキンカは湿地帯で咲くが 我が家にも咲くヒメリュウキンカは 一般の土壌でも育つ


やや淡い色のエゾエンゴサク

DSC02006.jpg

隣り合わせに咲いていると 微妙な色違いが はっきり見極められる

DSC02009.jpg

DSC01825.jpg
 

物事が 予定通り 時刻通り運ぶことに油断はならない思いを ことさら強くしながら 今年の カタクリの里を訪ねるの旅!

21時を過ぎ 着陸態勢の東京湾上空から臨める夜景も満喫して 無事に羽田着

DSC02027.jpg



またムーちゃんを一人にして ドンダケ北海道なの! 
と アーちゃんの声が聞こえた北海道訪問ではあるが 来年どころか 明日のことも分からない人生は下り坂の今 できることをできるときにと 自己弁護の感もある



 
 
スポンサーサイト

<< 感動の押し花  TopPage  宿根アマ >>

コメント

今晩は(=^x^=)
ドンダケ北海道、、、(笑)
いいですね〜。

カメラ教室辞められたんですか。
今回の花達がとてもイキイキと綺麗に見えますよ。(*^_^*)


ふっふ!
花より団子。
お昼のチャップ丼が気になります(≧∇≦)

2016.04.24   h.j   編集

h.j さん

i-267より e-427

長い記録を、最後までご覧いただけましたか~(*^-^*)
それでも物足らず、今、画像を一枚、追加しました。
広大さを伝えたい、冒頭の一枚です。

ドンダケ!
まとめれば2泊か3泊の1回で済む行程なんですけどね、、、。

カメラ教室は、カメラの使い方よりも、よい写真を撮るための講義が主なんですね。
初心者の私には、高度すぎる講座でした(*_*;
少しは、撮り方に工夫をする術が身についたかもしれません(*^^)v

そうそう、情報を忘れました!
チャップ丼は、函館のB級グルメに負けない美味しさでしたよ。
それと、売店に併設のベーカリーのパンも絶品です。


2016.04.24   麦   編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016.04.26      編集

v-267 さん

見事な北の大地、でした(*^-^*)

そうですね。
私も、北海道で暮らしたいと思うこともありますが、花の季節ばかりではないですから覚悟が要りますね。
私は無理かもしれません(-_-メ)

我が家も次々と花盛りです。

了解です!
いろいろと、お気遣いいただき有難うございます(^^♪

2016.04.26   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/318-a82a1aa2




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad