南の空に赤い星

 
スープが少しだけ冷めるくらいの娘宅へ 我が家の料理番が 多く作りすぎた惣菜を運ぶのは私の役目

今日は 白身魚のムニエル
ムニエルを 二人分作るつもりが多すぎた ということは有り得ないから 最初から届ける心づもりだったことは見え見え

そう言えば 
2~3日前の <あす 火星が最接近> というニュースを思い出した
<あす> は もう過ぎたけれど ムニエルのお皿を片手に 夜道で左側を見上げると やや東寄りの南の空に 赤い星

あれが きっと火星に違いない!


今朝の花

DSC03078.jpg

ルエリア


DSC03082.jpg

ポテンティラ メルトンファイヤー


娘宅のチャイムを鳴らし 出てきた Sonくんに ムニエルは二の次で 「今 火星が見えてる!」 と伝えて全速力で戻り カメラを手にベランダへ


DSC03114.jpg

肉眼では もう少しオレンジ色っぽかったけど

DSC03085.jpg

今 マイナス2等級で 最も目立っているときだそう

DSC03117.jpg


近くには 土星が 白っぽく光って見えるらしいので 土星の輪が見えるかと 天体望遠鏡を あれこれいじったら 遠近を調節するダイヤルが壊れた
何年も前に 返礼の冊子から選んだ おもちゃレベルの品だから無理もない

結局 輪どころか土星すら判別不明

青空も夜空も いつもなら 何気なく見上げる日常
何億光年 狂うことなく輝き続ける星の光を眺めた今夜は 撮った画像の順序を前後して貼り付けることも許されないように思えて 今朝 写した花の画像を 先にした

ヘンかなぁ 私 





スポンサーサイト

<< 地上に咲く青い星  TopPage  花とダンゴ >>

コメント

ふふっ!そんな時もあります

毎日当たり前の様にお日様が出て、
夜には星が出る、、。
そんな日常から、ふっとそんな気持ちになる事もありますね(´・_・`)

火星の最接近まだ大丈夫そうだから、
私も今夜は空を見上げる事にします。


しかし、麦さんのおたくの料理番さんは、
まめですね。

私も貰う立場だったら、嬉しいですね(*^_^*)
届ける役目は、嫌ですが。

2016.06.03   h.j   編集

h.j さん

v-483v-278v-352  ← ( *´艸`)

リアルタイムでPC前、ですね(*^-^*)
こういうタイミングが、とっても嬉しい麦です!

今夜も晴れそうですね!
ぜひぜひ、ご覧ください、、、って私の星ではないんですけど。

料理もまめなハタラキバチさんです。
「一家に一台、家にも欲しい。ときどき貸して!」と、知友人には、そう言われていますが、貸し出しっぱなしなら、どうぞ、なんですけどね(≧▽≦)

届けるのは、天使たちに会えるので苦になりませんけど、、、
我が家のエンゲル係数、高いですよ、、、(-_-;)

2016.06.03   麦   編集

麦さん、こんばんは。

夜空を丁寧に眺めると、麦さんを惑わす惑星があるはずだけど、ぱっと眺めるだけじゃどれもこれもピカピカの星


>ヘンかなぁ 私


おまけに地球は歳差運動をしていたり地軸変動があったりで、北極星が南の道しるべになるときもあったし、それはこれからも起こりうる。

だからこそ、現状の夜空を愛おしみましょう♪
なので、決してヘンではありません。


料理番がいると楽チンですね。
そしてダッシュすれば天使に会えるのが羨ましいです。 

2016.06.03   えんてつ   編集

v-353v-354v-352 えんてつ さん

目には自信があったのに、
近くのものは見えにくく、遠くのものがクッキリと見えるようになりました(*_*;
惑わされる星が見えたらよいのですが~、、、

何年か前に、富士の樹海を巡るツアーに参加したことがありました。
旅行社のすることだから安心していたのですが、添乗員さんが迷ってしまい、会社に電話して指導を仰ぎながら森の中へ入りました。
実踏調査のときに、道標のために写した木の葉が茂り、当日の木の姿と違ってしまったのですね。

そんなことが思い出されました。
星は、その点、安心ですね。
揺るがない星の下では、写した画像の順序を変えることも罪になりそうで(*´▽`*)

楽チンばかりではなくて、、、後片付けに苦労することも。
近くにお嫁に行き、近くで暮らす、、、これだけは親孝行な娘ですね(*^-^*)


2016.06.04   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/338-28c985b5




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad