地上に咲く青い星


いつだったか 帰省のついでに寄った義兄の家にて 部屋の あちらこちらに カサブランカが飾ってあった

いつも こんなに豪勢な花の飾り方をしているのか それとも今日は特別に私たちへのウェルカムフラワーなのか との 私の疑問が透けて見えたかのように 兄嫁は
「カサブランカが好きで 普段から花を飾るときはカサブランカを選んでいるが これは このたび独り立ちした長男くんから 寂しくなるお母さんへのプレセントであること」 
を 語ってくれた

私は 艶やかな花には さほど惹かれず 香りが強いこともあって敬遠する百合の花なのだが 内助の功とは このようなことを言うのかと思うべく 義兄の立場を支えた兄嫁に似つかわしい花かもしれない

私が好きな花は ようやく我が家でも咲き始めた オキシペタラム 
空色をした5枚の花弁で 星の形を象っていることから 青い星 ブルー・スター と 短絡的な名称で出回っている花である


DSC03128.jpg


空に同化する花弁の色は ほかの どの花にも見られない

兄嫁がカサブランカのイメージなら 私も 好きな花のイメージであるのは望むところだけど たぶん現実の私に こんな楚々としたオキシペタラムの雰囲気は 見られないと思う

ここで 何日かに一度 折に触れては 日々の思いを公開する私のつぶやきにより 私のすべてを理解していただくことは難しい


DSC03126.jpg



私が 恒例として お尋ねするブログがいくつかあって そのうちの一つの花ブログの主さんより ときどき歴史夜話が届く

歴史だけでなく あらゆる面で専門的な知識をお持ちのブログ主 Enさん である

おそらく Enさんは いま 綴っておられる花のブログとは別のところで
たとえば 政治に関するお考えとか 植物が育つメカニズムとか 退職後の生活設計とか 宇宙や未知の世界への追及とか 何かしら 専門的で高度な内容のブログをお持ちらしいと 私は想像している

その内容は難しすぎて おそらく私の能力では解読することも不可能に違いないということもあり それらについて私は関心がなく お尋ねすることもない 私とは無縁のEnさんの世界 

そのような Enさんの ほんの一部分が 私のブログとの関わりなわけです
この一部分だけから想像を巡らせて Enさんのお人柄を推測なさったのでしょうか
とあるブログへ 反論のコメント主 <翁さん> が Enさんである と ほぼ断定されたコメントを拝見しました

これまで数年間のお付き合いにより 私が知る範囲でのEnさんは もしも 必要に応じて いくつかのHNをお持ちだとしても 他人を装うための下心から 多重HNを使い分けるような小さいかたではない
過去の経緯から ほとんど女性たちで集う政治ブログと関わることは避けるでしょうし もしも お訪ねすることがあったとしても 重箱の隅をつつくようなコメントを書き残すことは有り得ない と言い切れるように思う

このような私レベルのブログと関っていることで Enさんのお人柄が 他人になりすますという 人道的に許されない人種のように思い込まれてしまったことは 非常に残念である

ここで表面化する お人柄は Enさんの ほんの一部分でしかないのですから


これは その当時に つぶやいたことだが 意を共にする方々が多い先方様のブログなので 思うところあり公開は控えた
先方様のリンクにより ここに辿り着く方々へ ほとぼりが冷めた今 一部を抜粋して公開することにしました
 




スポンサーサイト

<< 花も可愛いヒューケラ  TopPage  南の空に赤い星 >>

コメント

こんばんは

こちらでは雨が降り出しています。
雨の音も嫌いではないですが、
明日は晴れたら出掛ける予定があり、今宵だけは星空が恋しい。

今日のフォトは特別にきれいです、拝見できて嬉しいです。
ありがとう。
青い空と輝く花を拝見できたから、
明日の事を思うのはやめて花の記事で愉しませて頂きました。

物事は考える方向の違いでずいぶんと受け取りようも変わるものかと・・・。

私が思うに(想像するに)。
EnさんはWeb上の幾人かに、勝手な憶測で誤解を受けたことなんて・・・。
それよりもたった一人の麦さんとWeb上で知り合えたことが嬉しくて、
これからもその糸だけは大事にしていたいと、思っている・・。

そんな物語の方が私は好きなのでこれまた勝手に想像をしてみました。

青い空を見ていると、
曇りなき眼に映る人の心は強いものだと思えてきました。

2016.06.04   サイ・サイ   編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016.06.04      編集

i-1i-3i-7

サイ・サイ さん

こちらも予報通り、今にも降り出しそうな暗い空です。
明日は晴れたら、お出かけなんですね。
雨だと中止?
今夜中に止むといいですね。

私も、今日のフォトは特別、好きです!
レンズが汚れているのか、なにかシミみたいのがついているので、あとで掃除しておきます(^-^;

私のつぶやきから、そのように想像して下さって、うれしいです。

サイ・サイさんのお言葉は、いつも深いですね。
あえて言葉に出さないことが、
滲み出て、私の胸に染みてきます。
ありがとうございます。


2016.06.04   麦   編集

e-138 さん

コメントありがとうございます。
真摯な気持ちで受け止め、返信させていただきます。

なぜ今頃、公開したのかは、

> 意を共にする方々が多い先方様のブログなので 思うところあり公開は控えた

↑ このような理由です。
公開のブログですから、公開するのが当然ですが、あの時点で公開すると混乱することが予想されましたから。

限りなく100%に近い確率で、Enさんは、「翁さん」ではない、と思っています。
ただし、Enさんを養護するなどと大それたことは、私にはできません。
また、擁護したいという気持ちもありません。

Enさんは、誰からもの養護を必要とはしておられないでしょうし、また、「翁さん」として、勘違いされたことをご存知だとしても、まったく動じてないのではないかと思います。


私のブログについて
私の言葉が、誰かに聞こえて、「あら、麦は、こんなことを思ってるんだ。」と思ってくだされば嬉しいです。
「それは違うんじゃないですか?」と思ったら、反論のコメントをくださっても構わないし、聞き流して下さってもかまいません。


>Enさんが、そんな風に思われる下地が見えた

その下地は、私のブログ上だけで、Enさんの人格が判断されたから、ですよね。
私のブログでの、Enさんのお姿は、Enさんの、ほんの一部分でしかありません。
私が知る限りでは、Enさんは、
過去に、結論の出ない意見交換をしたことのあるブログへ、多重HNを使って反論のコメントをするような、器の小さいかたではないように思います。


このことに限らず どこかで、別の方の、このような勘違いがあったとして、その当事者が私とは無縁のかたでしたら、私は読み流すだけで、このようなことを呟くことはありません。
このたびは、先方様のブログに、「M、歴史」など、おそらく私のことだと思われる語彙があったからです。

Enさんには、どうでもよいことかもしれませんが、私は、黙って読み過ごすほど心が広くない、ということですね。


同意でも反論でも、いただいたコメントは、ありがたく受け止めております。

2016.06.04   麦   編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016.06.05      編集

v-267 さん

ご意見、拝見しました。
ありがとうございます。

歴史夜話からも、Enさんの知識の奥深さが伺えますが、歴史に限らず、私には、とてつもない高度な分野でご活躍のEnさんであることが、これまでの関わりから感じ取られます。

過去に石原都知事時代の、オリンピック招致について、ご意見を伺ったときに、そのお話の中から、日本はもちろん全世界の平和、世界中の一人一人の幸せを願うEnさんであることを知りました。
どのような国も、どのような人も、です。
これはつまり、どのようなブログも、どのようなブログ主も、どのような同意をも、どのような反論をも、平等な目と心で受け入れるということにも繋がります。

2重HNでコメントするようなことは、Enさんにとって別世界の出来事でしょう。

先方様のブログを、ご覧になられたのですね。
「・・・かも」という「推量の助動詞」について、私も感じますが、、、
それぞれに文章を書く上での習慣や癖、そしてまた、web上に公開することで、誰しも多かれ少なかれ「です。」と言い切ることへの不安みたいなものがあるかもしれない、そんな風に思います。

>事実と確認できてなく、推量の範囲でしかない。それを正当化してしまういい加減なおばちゃんたち

政治について、私は触れることはありません。
ただ、推量の範囲で、Enさんであると特定なさったことに疑問を感じました。

ほとぼりが冷めた今、公開した訳は、先の鍵コメさんより、ご指摘がありましたが 「Enさんの養護のため」ではありません。


私も推量の範囲で、100%とは言えませんが、限りなく、それに近い確信の上で語らせていただきました。

コメント、ありがとうございました。

2016.06.05   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/339-dfd4002d




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad