るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


しまなみ海道サイクリング再び 6月10日

 
福山へ行くことになったとき また しまなみ海道を走ろうと決めました

目的は 二つ

同行者もいる今度は 
5月18日に訪れた 尾道から向島 因島を経て 三つ目の島 生口島まで行くことにして 私は電動自転車を選択
夫は 一般車

向島までは 橋が遠いので 渡し船を利用して 5分ほど
人間が100円で 自転車も10円という さすが自転車社会でのルールが面白い


見たことのある風景でも やはり 撮影スポットは 因島大橋を臨む ここ

「おなじ処の写真を撮っても しょうがないじゃないか?」 と 早く先に進みたいらしい人の つぶやきみたいなものが聞こえたけど

いえいえ
一日 一日 ちがうんですねぇ

DSC03271.jpg
 


さて 先月 走ったばかりの しまなみ海道へ すぐまたリベンジの目的 一つ目は
因島大橋を渡り終えたところで 右側の急な階段を下りたところにある いま流行のフルーツ大福 <はっさく屋>

あの時は ここにあるとは知らず たまたま紀行番組の <しまなみ海道> にチャンネルを合わせて懐かしんでいたところで ビックリ
そうそう テレビで見た この階段  

DSC03289.jpg

ありました! はっさく屋

DSC03290.jpg  

店内から 因島大橋を臨む

DSC03293.jpg


残念ながら ハッサクが美味しい最盛期ではない季節だからでしょうか
持ち帰るにも 生ものということもあったりと諸般の事情で 思い通りにはいかなかったものの 店内で休憩しながらハッサク風味のドリンク共に 美味しくいただくことができました

店員さんとの会話が聞こえたらしいオーナーさんらしき方が 保冷材を分けてくださり とりあえずは5個入りパックをテイクアウト

これからは必ず 保冷バッグを持参すること!

再び 自転車を止めてある橋まで戻ったのだが 普段は駅の階段でもキツイけれど この急な階段を息切れすることなく登り終えることができたのは このところの運動量によるものかな

同じ この道を走った一か月前は 気付かなかったディゴの花?
一人で 無心に走っていたにしても これほど目立つからには あの日は まだ蕾だったのかも

DSC03296.jpg 
 


四国にミカンがないのは 1年で8月の1ヶ月間だけ と聞いたことがある
本来は寒い季節の果物が 専門家さんの努力で実ったのでしょう


DSC03302.jpg
 


しまなみ海道を また走る目的の もう一つ

電動自転車でも できるだけ自力で走りたい私の前を さっさと走り抜く夫の後ろ姿に向かって 
「女の子の案山子が座っている桜の木を探して!」

道路に描かれた 尾道・今治 を結ぶブルーのラインは 一本だけではないらしいので ネットでヒットする <はっさく屋> は ともかく なんの目印もない民家へ 再び辿り着けることができるか 不安がありましたが

ありました

DSC03305.jpg


しかし あの時は出入り自由の状態で開放されていた門扉が閉ざされ 人の気配もなし

近くの畑にいた青年に尋ねると お知り合いらしく 携帯電話で連絡を取ってくださったのだが
しかし 「ひと月前に麦の種を分けて頂いた者です」 と お伝えしても 「大勢の方が見えるので覚えてない」 と
病院の診察が終わったので30分ほどで戻る とのことだったが 心ばかりの東京土産を青年に託した
またいつか きっと訪ねてお会いしたい

あの日は ここから尾道方面へ戻ったので この先は 私も未知の しまなみ海道

名所旧跡の案内も目に入るが 向上心のない我らは立ち寄ることもなく ひたすら次の島へ向かって走る

 
DSC03309.jpg

[広告] VPS


DSC03314.jpg
 

上を車が走る 二階建て式の因島大橋と違って こちらは特徴のない普通の橋だけど 金網がない分 橋の上から瀬戸内の海が見渡せる点で○

DSC03316.jpg
 

3番目の島 生口島に到着

尾道で 自転車を借りるとき 「今日は修学旅行生で100台が貸し出されている」 とのお話だったが  学生の団体で賑わう ここ しおまち商店街 
いい年をして便乗し 有名人も数多く召し上がったらしいメンチカツを 立ち食い


DSC03328.jpg

DSC03329.jpg

DSC03330.jpg
 

しまなみ海道に並行して尾道と今治を結ぶ渡し船の港は 商店街を通り抜けたところの突き当りにある 

途中 休憩を入れて 5時間半を経過
来た道を走って戻るか レンタサイクルでの係員の方のアドバイスに従って船に乗るか
経験者として 因島大橋の入り口までの上り坂は けっこう長い
でも
「どうする? 私は自転車で帰ってもいいけど?」 と お伺いを立てると

さすがに 自転車を降りて押すこともなく 上り坂を電動で走り続ける私に さほど遅れることなく漕ぎ続けた敵は 迷うことなく

「船!」

まぁ ね
こないだの私は 因島止まりだったから


この船は 電動自転車の料金が いくらだったか忘れたけど10円とはいかず けっこう高額になるところも 自転車社会の面白いところ

DSC03331.jpg
 

いい汗をかく とは 実に的を得た 良い言葉だと思う

瀬戸内海を 尾道まで戻り しおまち塩町商店街でメンチカツを食べたっきり 15時を過ぎての お昼ごはんは てっぱん
その日の尾道駅前は 商店街で火事があり 鉄板焼きのお店に出入りする 地元の方の会話が慌ただしい

[広告] VPS
 


ワンコがいて 家を空けることがままならない我が家だけど 久しぶりに2泊もの旅


DSC03347.jpg

DSC03358.jpg



鉢花の水切れも気になり 午後一番の便に乗ったおかげで 上空よりスカイツリーも 珍しく東京タワーも見えました


今日の キョウイクは さいたまスーパーアリーナ です



 

スポンサーサイト

<< 歴史夜話 集   歴史夜話 (1) ~ (20)  TopPage  キョウイクに恵まれ キョウヨウが溢れるシニア >>

コメント

今日は(=^x^=)
今回の旅は少し余裕?がある様に見えます(^_^)
動画も2本立て。

電動自転車は坂道が楽でしょう。
私の住む町も坂道が沢山あって
今電動自転車の恩恵に預かっています。(≧∇≦)
ひと山越えて買い物にも行けますから。


さいたまスーパーアリーナ。
どなたかのコンサートですかね(^_^)☆

2016.06.14   h.j   編集

h.j さん

i-224i-36

日帰りが多いから、一泊でも、だいぶ余裕ですが、2泊は、時を持て余すほどですね(*^-^*)
分刻みのツアーには着いていけません。
動画は、3本を2本に絞りました。

電動自転車をお使いなんですね。
こちらは坂がないので私は普通のなんですが、やはり楽らしく、平坦な道路を電動も走っています。
長距離には便利でしょうね。

特にファンではないアーティストですが、チケットが舞い込んで(*^^*)
アリーナでした。

2016.06.15   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/344-dae757a7




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad