我が町自慢

買い物はスーパーで間に合う我が家ですが あるとき某デパートの本店である日本橋店に行ったことがあります

どこでも良かったのですが たぶん駐車場の関係で たまたま銀座店でなく日本橋だったと思います
そして 何だったかは忘れたけれど 品物を物色している私に近づいて来られた店員さんが 「銀座店とは お客様のソウが違いますから ・・・ 」 とおっしゃったのでした

その時 どっちにするか迷っていた私に 高級な方を選択させるための営業トークだったのでしょうか
お客様のソウとは 田園調布とか 白金台にお住まいのお客様を指すと 東京の端っこに暮らす私も知ることが出来ました

そうか 東京の外れから赴くなら デパートの支店の選択も考慮しないと とは なんとも生きにくい世界だと 住所の頭に 首都・東京の名が付くにしても 子供のころから都会でも高級でもない田舎で生きてきた私の 住まいに関する劣等感

そんな劣等感など なんのその まだ太陽も昇らない今朝のこと カメラを手に自転車を走らせました

週に1~2度 食料品を求めるスーパーの手前の せせらぎです

DSCN2433.jpg

DSCN2430.jpg DSCN2439.jpg

DSCN2428.jpg


あのとき ざっと20人は越えていたでしょう人だかりに釣られ 自転車を停めて見下ろした水面に 他所では見かけたことのある 愛らしい数匹のヒナと親鳥 
夕食の支度が気になったこともあり 何かの事情で誰かが意図的に放した鳥の親子の光景かと その場を離れたのは 今年の春の事でした

その後 人だかりもなく鳥の親子の姿に出会うこともなくて やっぱり何かの催しで一時的に放されたのでしょうと やがて そこを通っても鳥の事は忘れてしまっていました

ここ連日の暑さに 昨日は日暮れを待ってスーパーへ出向いたところが 橋の手摺りにもたれて水面を覗き込むオバアチャンの視線の先で 数匹の水鳥が泳ぎ回っています
伺うところによると あの日 私が見たときの春から ここに住み着いているとのこと
ふと気付くと 対岸にも集う数人の高齢者グループが オバアチャンと私の会話に気付いたようで 流れを挟んだ向こうから 口々に

「 これは すごいことよ 」
「 子供達にも見せてあげなさい 」
「 昼間は暑いから 日陰にいたのでしょう 」 などなど 
 
常連さんらしいオジイチャン オバアチャンが こちらに向かって思い思いのウンチクを張り上げています
それらは まるでヒナを自分が育てたかのような自慢と 毎日 この光景が見られる町の自慢とが詰まっているように川面を響き渡っていました

春から この小さなせせらぎで この町の人々に見守られながら こんなに大きく育ったのですね
さらに陽が落ちた夕暮れの中 買い物を済ませ 「 明日の朝 一番に カメラを持って来ますね 」 と 鳥たちに約束して帰ったのでした

自転車で3分 歩けば10分足らず 私の住む町には水鳥の親子が棲みついた せせらぎ があります



スポンサーサイト

<< お料理画像は 他力本願   TopPage  ジャックされたブログ記事のタイトルは 「99の歴史問題」 >>

コメント

カルガモさんですね~♪

東京のオアシスじゃないですか!

カルガモさんは狩猟対象鳥獣ですが、そんな見方はいけませんよね。


都会は便利で住みよいところだと聞くけど
都会で生まれた時から生活していると違和感ないのかもしれないな~
田舎生まれで田舎育ちのわたしには都会の生活は想像できません(笑)


これからどんどん過疎化が進むと都会の姿も
田舎の姿もいまのままではいられなくなります。
多分、都会と田舎の再編成が起こるんじゃないかと思います。
その再編成が何を軸に起こるのか楽しみですが、かつて都会への憧れがあったように、こんどは田舎への回帰が生まれはしないかと。

田舎からどんどん文化の発信ができるようになれば・・・そんなことも。

2014.08.23   えんてつ   編集

えんてつ さん

皇居のお堀に負けない我が町です(笑)

カルガモは狩猟対象鳥獣なんですか!
三田の川を泳いでいたら、、、、、撃たないで下さいね~!

私には田舎の生活が合っていますが、そこにコンビニがあるという便利さも捨てがたいですね ^^

2014.08.23   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/35-f29c30c7




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad