るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


やはり野に置け


植物を育てて楽しむ環境下で 行きつくところは山野草 と言う謂れに接することがある

球根やら 多年草 1年草やらを愛でるガーデニングライフも やがて最終的に山野草を育てることで満足するということなのでしょう

私が嫁いだころの義父母は 今の私より少し若い年齢だったが 二人して山野草に熱中していたことを思えば 確かに行き着いたのは山野草だった
私が 比較的 早い年齢で山野草に興味を持てたことは そんな義父母の存在が幸いしたのだと思う

これまでに挑戦した山野草は 数知れず
しかし 花後に 一通り四季を超えて再び花を見ることは 極めて少なく レンゲショウマは翌々年に 種からのカタクリは縫い針ほどの芽を出した後に消え もしや咲くかと待ち望んだキクザキイチゲは つい先日 地中で黒ずんだ地下茎を処分したばかり

そんな中にも 去年 蕾の付いたソバナを 山野草専門のクラブで求めて楽しんだあと 地上部がなくなるまで 大自然で咲く環境に近づけて見守りながら 年明けた春
無事に新芽
ぬか喜びにならないよう ぐんぐん生長する苗を 咲いたらラッキーの気持ちで風通しと日照に注意を払いつつ 迎えた梅雨

ソバナの花は 夏の低山で見かけるから 梅雨のころには蕾がついて夏の間には咲くと見込んだ通り ・・・

DSC03595.jpg
 

しかし
7段もの蕾の群れを付けてくれたソバナでしたが 山で見るソバナの花色には とうてい及ばず 花のサイズは全開しても 夏山のそれと比べると だいぶ小さくて頼りなげ


若いころ 義母から 「放っておいても咲く」 と教わったにも関わらず 絶やしたこともたびたびだったが あのころからは成長した私であると自負して 今年 新たに挑戦したサギソウは 

DSC03596.jpg

5個の球根から3本のみ発芽


サギソウの開花期は 7月~9月 とあるから まだ期待はできるかな

たくさんの野草を はるばる里山から届けてくれたエイちゃんのレンゲショウマは 今のところ順調で 小さな芽が花芽かどうか気になるところ

DSC03597.jpg

レンゲショウマに新芽



行き着くところは山野草 とは聞けど 私の技量不足もさることながら バス通りの交差点に位置する環境では 「やはり野に置け ・・・ 」 の言葉も 頭をよぎる





スポンサーサイト

<< ヒメダカ 1匹  TopPage  うぅ ・・・ む >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/367-624a8e1f




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad