母の花

 
実家に戻るたび 3度の食事のほかはベッドで過ごす時間が だんだん長くなっている母の姿を目の当たりにしては 身につまされたものである

時が過ぎることは 老いること
どんなにあがいても時を止めることはできず 離れて暮らす私が母にしてあげられることを考えたとき思い浮かんだのは 母が花好きであることだった

母が寝ている部屋から 廊下を挟んだテラスを超えて 母が元気なころは色鮮やかだった花壇や 私が植えたアーモンドの木が育つ庭の一角が見渡せる

そこに ベッドにいても眠ってないときに眺められる花を植えようと決め 近くの花屋さんに行って求めたのが ジニアやペンタスなどと ニコチアナだった 


DSC03653.jpg

今が見ごろのニコチアナ


それまで私はニコチアナという花を知らず その後しばらくして実家に行ったときに まだ健在だったニコチアナの株に種ができているのを見つけて持ち帰ったのが 4~5年前に我が家で初めて咲いたニコチアナである

母の花壇で 風になびいて咲くなら ノープロブレム
しかし
テントウムシに蝕まれた葉が見苦しいことや やや下向きに咲くことから さほど好まず 我が家では それっきりになってしまったが ここにきて種のカタログにニコチアナの文字を見つけ 郷愁にかられるかのように発注した

母の花壇に咲いたのは 花屋さんから苗で求めたクリーム色だけだったが 届いた種にはミックスとあって さらに花弁の裏と表が違う色の花姿は 思いがけず美しいニコチアナの再発見である


DSC03635.jpg

DSC03638.jpg

DSC03636.jpg



不思議とよくあることで 縁ができると目に付くようになり このところ花屋さんで見かけることが多くなったニコチアナの苗のネームプレートには <ハナタバコ> とある
なるほど ニコチアナとは タバコに所以した名前なんだと これまた新発見 

母が好んだ黄色いラッパ水仙 母に名前を教わったキリタンサスなど 咲けば母を想う花の中に これからニコチアナが加わることになりそうだ




※ 歴史夜話 (56) が届きました 


歴史夜話 (40)~ (56)  こちらです





スポンサーサイト

<< 文字を大きくして  TopPage  あなたに 一票 >>

コメント

あらら〜

今日は♪
字が大きくなってますね(*^_^*)
最近は歳の所為か、目が疲れて、、。

2016.08.02   h.j   編集

h.j さん

v-510 ← だれ?

メガネの出番が、だんだん多くなります(^-^;

このところ届いてる歴史夜話が、歳のせいか途中で目が限界になるので、ついでに記事のほうも大きい文字にしました(*^^)v

2016.08.02   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/373-4a9526f7




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad