過酷な週末だったけど



残暑厳しいであろう中 二胡を背負って出かけることが躊躇われたが 思い切って申し込んだ夏期の強化レッスン

当日は 運よく 弱い雨が降ったり止んだりで 電車の往復は さほど苦にならず

早めの昼食を済ませ
レッスン室に缶詰の 5時間30分 
二胡の 基礎を 学ぶ

単元ごとに 弓の運び方を教わり メトロノームのリズムに外れないよう 先生の合図があるまで ひたすら弓を運ぶ

講師からプロへの転向をキッカケに離れて以来の 恩師との対面 そして受講である

これまでの履歴により 開講の挨拶の中に 「過酷」 とか 「疲れる」 「たいへん」 という単語があったが なるほど納得の二日間

それでも 二日目の終了後に開催された 温野菜による夏の鍋を囲みながらの懇親会では 心から 先生へ 「ありがとうございました 参加して良かった」 という気持ちを お伝えすることができた

1996年に 身近で二胡と出会ってから 師事した期間はともかく 20年間の中で初めて知った 外弦を弾くときの弓の扱い方 

内弦で強い音を出したいときは 弓に挟んだ中指に 力を入れる
一方 外弦の音を強くしたいとき これまで私の知識では 弓全体を強く押すことしか考えが及ばなかったのだが ・・・

弦を振動させることで音を出す馬の毛ではなく 弓に用いられている竹が 音を出すための役目を担っているということ

弓を支えるだけの役目だと思っていた親指で 竹の部位に 弓が琴筒の下に行くくらいまで力を加えることで 大きな音を出すことができるのだ

2016年9月7日~9日
於 ムーブ 町屋

DSC03790.jpg

二胡の生演奏があります


思えば 片言の日本語を話す先生と 片言の中国語を話す生徒の関係で習得した 私の二胡の基礎

お国柄によるものかどうかは分からないが 中国画などは師匠を真似るということもあるから 日本の芸のように 事細かな基礎を いちいち言葉で教えることはなかったのかもしれない という気もするけれど

高度な曲をこなす生徒さんと まだ雑音が出る初級の生徒さんと 私のように中途半端な生徒とが一堂に会した 夏休み強化レッスンによる二胡の基礎

二日間の講習を終えて 閉講に際し 「基礎は広くないけれど深い」 という恩師の言葉の意味を こうして綴りながら 心新たに思い起こしている

いつか 「私は二胡弾きです」 と 言葉に出せるようになりたいと思えば まだまだ 「私は年を取った」 などと言ってはいられない




 

スポンサーサイト

<< 歴史夜話 86 ~ 100 & おまけ  TopPage  歴史夜話 79 ~ 85 >>

コメント

こんにちは(=^x^=)

こたにじゅん先生のレッスンを受けてこられたのですね。

麦さんが「私は二胡弾きです」と公言されるのが
楽しみですね(*^_^*)

二胡の音色には、日本の楽器とは違う何かがあると私には感じられます。

どんな楽曲も心地よく耳に響きますね(^O^☆♪

2016.08.30   h.j   編集

h.j さん

v-278 


正解、恩師のレッスンでした(*^-^*)

「私は二胡弾きです」
堂々と言ってみたいですね~!
いつか、
気長に、、、一生、、、

三味線とか、沖縄の弦楽器とは、なにか違いますよね。
どちらかといえば、バイオリンに近い音色のような気がします。

この頃、日曜日の朝9時、
h.jさんも、お聞きになってるかな、と思うようになりました(*´▽`*)

2016.08.31   麦   編集

ふふっ!

♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
最近は日曜日の朝、9時は麦さんとご一緒してますよ。
楽しみになりました。

2016.08.31   h.j   編集

h.j さん

v-341

そうでしたか~(^^♪

こたにじゅん先生は、別格として
ユーチューブで聞いてみると、日本人も中国人も、多くの奏者がおられるようですが、ジャーパンファンさんの音色が私は、一番好きです。
曲目にもよるかもしれませんね。

2016.08.31   麦   編集

実は私も

暑さに負けて自分のブログはほったらかしですが、他の方々のブログは
時々お訪ねしています。
そして、今日はこの記事を読んで「ワーオ!」でしたよ。
私も、こたに先生の強化レッスンに参加したのです。ひょっとしたら
麦さんのお隣りで弾いていたかもしれませんね。

レッスンはしばしの休暇中。練習意欲はどん底状態。そんな中での
この2日間は、とても楽しい時間でした。こんなにも一心不乱に弓を
動かし続けたことはなかったような…

「二胡、もう少し頑張ってみよう」という気持ちになりました。

2016.09.03   べに丸   編集

べに丸 さん

v-341

ワーオ! ワーオ! (*´▽`*)
先生の海外遠征とかで、二胡は休憩しようかとの記事を拝見しましたが、その後ブログもお休みが続いていらっしゃるので、どうなさったのかな、と思っておりました。
そうでしたか~!
あのお部屋で、べに丸さんとご一緒に・・・

社会は、意外と狭いですね。
お隣だったでしょうか、あの二日間を振り返っています。

同じく私も、あれほど熱心に集中したのは初めてのように思います。
特に私は正しい基礎を身に付けてないので、よい機会でした。

そうですね、これから私も、もっと頑張ろうという気持ちが強くなりました。

ほったらかし?のブログさんも、どうぞ(*^^*)




2016.09.03   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/391-647b004f




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad