たかがデザート されど 


負の言葉は できるだけ使わないように心掛けている

目にしただけでも 息のない生き物が横たわっているかの光景が目に浮かぶ 「死」 は つぶやくに際して 最も敬遠している文字である

さきごろ 愛犬との別れを 「虹の橋へ」 としたときでさえ それを目にした人への配慮のなさということで 私の人間性までを否定された過去があるほどに 「死」 というものは 人の心を傷つけるのだと思う

それなのに なぜ 「死語」 という熟語が 日常で 堂々とまかり通っているかが解せない私なのだが この際は どうしても 死 という文字を避けて通ることができないんだなぁ


光る青メダカの 幹之<みゆき>
[広告] VPS

雨水を貯めてある水ガメで めでたく孵化


ほとんど平成の時代を生きる娘に 「おかあさん ウインナコーヒー って知ってる?」 と尋ねられた

コーヒーにウインナソーセージを浮かべたのではないってことを知っているのが コーヒー通のステータスだった昭和

私は 通ではないので ウインナコーヒーが 普通に出回るようになってから知ったのだけど バリバリの平成娘が知らないとは ちょっと意外だったのだが ・・・

ランチタイムのレストランで 食事を終えた中高年グループの一人が アイスクリームを追加してコーヒーと組み合わせ 「ほら こうしたら懐かしいウインナコーヒーになるでしょ!」 と 得意げに喜ぶ様子が とっても可愛いくて印象に残ったという 娘

そして そこで耳にしたウインナコーヒーというものを その女性の 「懐かしい」 という言葉から すでに死語だと思ったようで 私に尋ねたのだ

てっきり 今でも ウインナコーヒーは現役と思っていた私は ある食事会の席で 一人が デザートに 「アイスクリームのアボガド」 なるものをオーダーしたので まだメインを食べ終えてない私は選ぶのが面倒だったのもあり 「私も 同じのを!」 と

そして 運ばれた来たアイスクリームは 白いバニラのセットで どこにもアボカドの形跡はない

「アボカドのアイスクリームって言ってたわよね?」 


ガガブタが3輪

DSC03800.jpg

初めて育てた今年 5輪の開花

ふふっ!

コーヒーにクリームを加える ウインナコーヒーは 死語
最近では アイスクリームにコーヒーなどの飲料を合わせて アフォガート

さて
アフォガートを アボカドと聞き違えた私のエピソードを聞かされて 娘は私を可愛いと思ったかどうか



 
スポンサーサイト

<< 友のカメラでカキ氷  TopPage  40年を超えての ご褒美 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016.09.04      編集

喫茶店での贅沢

>人の心を傷つけるのだと思う
誰かを傷つけた以上に
麦さんが傷つき苦しんだ時を思い出してしまいました。

きちんと文字を読みましょう、
早とちりがないか考える時間を置きましょう、
気付いたら間違いを認めましょう、
間違いだらけなのに、
間違いなどありはしないと、
叫ぶのはやめましょう・・・。
あぁぁぁ虚しいだけの言葉の陳列をしました、スミマセン。

気を取り直して。
贅沢気分を味わえたウインナー珈琲。
久しぶりに飲みたくなりました。

アフォガーはいかがでした。

私は、ほんの少しだけアイスの上に掛けて(コンビニで買ったスタバのエスプレッソ)シャリシャリって成った所をアイスと珈琲を一口運ぶ、そんな食べ方を自宅で愉しんでいます。

喫茶店ではアイスコーヒーの上にアイスクリームが乗った「クリーム珈琲」がありましたが、私はアイスの上に珈琲を掛けて食べるのが好きになりました。

2016.09.05   サイ・サイ   編集

コメント、ありがとうございます

v-267 さん

ありがとうございます。
そのようです!
気付きませんでした(*´▽`*)


v-367 サイ・サイ さん

忘れられない出来事です。
いえ、公開のブログを書く者として、あのコメントとコメント主さんのことは、忘れてはならないことだと思っており、折に触れては思い出します。
他人を傷つける言動、ということでは、あのコメント主さんにも気付いてほしいし、忘れてほしくないです。
気付いていても、気付かないこととして生きる、、、そういうこともある方たち、かもしれませんね。
私と同じように、思い出してくださった、サイ・サイさんの存在は、とても、ありがたいですよ。

キャラメルのアフォガートでしたが、とっても美味しかったですよ。

自宅で、アフォガードですか、v-273通ですね!

「クリーム珈琲」は、今でも、あるのでしょうか。
コーラにアイスの、コーラフロートとか、レモンスカッシュをレスカ、と言ってみたり、昔の喫茶店がセピア色に浮かびます。



2016.09.06   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/395-93791622




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad