るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


幻でなくなった 青いケシの花

もう記憶から薄れてしまったくらい遠い日のこと ヒマラヤの高い山に咲く 青いケシの花の事を知りました

それは どこ行きかも思い出せない旅客機の 機内誌にあった 冒険家か写真家かのエッセーだったと思います

その時 すでに主婦だった私が 冒険家か写真家になるはずもなく ヒマラヤで咲く花を見る事が不可能であることは漠然と意識付いたのではなかったでしょうか
その幻の青いケシの花を ちょっと足を伸ばせば 日本でも見られるという ネットでの情報を得ることができるとは 思いもしなかった時代のことです

3~4年ほど前に 初めて 信州の大鹿村で出会った青いケシの花
また大鹿村に行って 青いケシの花を見たい ・・・ と思っていた矢先でした

上海から戻り 一息ついたところで 『 日光の青いケシが見頃 』 というテレビニュースに 旅の疲れなど何処へやら 
距離的にも地理的にも 大鹿村への行程を思うと 日光は 東京から身近なところに位置することから さっそく 青いケシの花を求めて 上三依水生植物園へ向かいました


DSCN1900.jpg

DSCN1901.jpg


あちらこちらに ピンクが見られるのは なぜなのか解りません




スポンサーサイト

<< 大人の修学旅行  TopPage  あなたへの手紙 >>

コメント

お邪魔します~♪

新しい出発おめでとうございます。
楽しい話題が宇宙の果てまで届きますように!


この花はヒマラヤの青いケシとして・・・
誰もが憧れて夢に描いてきましたよね。
当地三田市には森和夫さんという園芸家がお
られて青いケシの花もよく話題にされていました。
家から車で10分ぐらいのところにお住まいなんですよ。


たしか山岳地で孤独に咲いているように思っていたので、
こんなに群生しているのを眺めるとイメ-ジ変わります(笑)
微妙に花色に変化があるみたいですね。

2014.06.29   塩鉄   編集

塩鉄 さん

ようこそ!
新しい出発に駆けつけて頂き、応援ありがとうございます ^^

雑誌では、山の岩肌で山野草のコマクサが咲いているような場所に、一輪がカメラを構えた冒険家か誰かと一緒に写っていた記憶なんですが、すっかりイメージが変わりましたね。

どちらかと言えば、数年前の大鹿村で咲いていた青いケシのほうが、環境は似ているように思います。
やはり、日光の気温では高いのでしょうか、陽射しを避けて栽培しているようですね。

三田市にも、青いケシに魅せられた方がいらしゃったのですね。
近ければ、私もお邪魔したかもしれませんね。

ピンクの花も最初は、たぶん青だったと思うのですが、、、?
土壌?
環境のせい?
なんでしょうね。

2014.06.29   ムギ   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/4-f115e96b




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad