るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


中国の交通事情 と 中国茶 と 中華食



2年ぶりの上海

去年は その機会がなく 花粉症対策の凍頂烏龍茶も飲み切ってしまっていたので 中国緑茶の龍井も新茶が飲める この時期に Samさんからの お誘いは実にラッキーだった

少し前に 楽器店の中国人店長さんから 「今 中国は進化して 何でもアプリだから 外国人の個人旅行者はタクシーも拾えない」 と聞いていて不安はあったけれど 海外駐在が長く語学も堪能なSamさんと一緒だから どうにかなると 26日 羽田を発つ

DSC05400.jpg
 

ホテルと地下鉄の位置関係が不明だったので 空港からならタクシーも拾えると思っていたところ 先に中国入りしていたSamさんより ★号線の☆駅2番出口からすぐ とのメール着信

無事に ホテルで合流し ふたり共通して馴染みの中国茶家さんへ向かおうとするとき Samさんより 日本のSuicaなる 地下鉄のプリペイドカードを買ったほうが良いのではとの提案は このあと滞在するに 実に適切な判断だった
何しろ 3泊4日の滞在中で タクシー利用は 帰国の日の空港までを含めて2回だけ
あとは 1号線から16号線まで 上海の地下を縦横無尽に張り巡らした路線での移動により 保証金を含んだ50元のカードを 全額 使い切ったのである

旅を兼ねて茶葉を求めに出向くようになった最初のころは タクシーが主で 公共の交通機関を利用することなど考えもしなかった
2年ぶりのせいもあったのか 急速に進歩した上海の交通事情を身を以て感じ入り 衛生面や治安 そしてお国柄にも手探りで赴いた あの時代に思いを馳せる旅でもあった 


 30分ほどで着いた店内にて お茶の前に まずは夕食をと お向かいの餐亭へ

DSC05422.jpg

「なんでも好きなものを」 と言われたので 私からは 酸辣湯を
小龍包 揚州チャーハン ピータン入りの野菜炒め とろみのある塩味のエビ ・・・ etc

DSC05423.jpg

店主は北京へ旅行中とのことで そのママのお点前により 烏龍茶・水仙の老茶三昧
高価な価値ある茶葉でありながら そこは Samさんの人徳により 惜しげない  
 

二日目の朝
朝食は 昨夜 お茶屋さんの帰りにコンビニで調達済み

4yNsXOUYYAjPlUM1496144646_1496144685[1]

パン ライチ ティーバックの紅茶 伊藤園の緑茶・中国バージョン
日常でPCをフル活用し 中国国内では 日本のLINEに代わる WeChat を使いこなすSmaさん
ブログには まったく興味がなくても 両手を膝に 「ブログ用ね」 と協力的なのが嬉しい

今日の予定は 2か所の お茶市場

地下鉄から上がって 表通りに出ると 
いたるところに 今 中国で流行とも言えそうな レンタル自転車が目に入る
日本のニュースでも紹介されたこの光景は 旅行者にとって ちょっとした風物詩  

DSC05433.jpg

1件目の市場では Samさんが深く交流のある 黒茶専門店へ

DSC05428.jpg

目的の黒茶 何種かを味見しているうちに いつの間にか お昼ごはんの時刻
ちょうど 今 中国では 日本で5月5日に当たる旧暦での 「児童節」
「粽があるから お昼を食べて行かないか」  と
さすが ここでも Samさんの人徳に私まで便乗させていただけることに 

準備を始めた 店主さんの身内らしい女性が 冷凍の粽を鍋に入れたり碗を並べたり
その自然な光景を動画に収めたくてカメラを向けると 記念撮影に協力してくれて

[広告] VPS
 

昼食後は 現地駐在の日本人も 日常的に足を運ぶ お茶市場へ

DSC05419.jpg

道すがら見つけたバイク用デザインの傘は アイデア賞もの
何かと文化的な進化が面白くもあり 驚異的な国だなぁと思う
 


お茶市場には 何種類にも及ぶ茶葉を扱う 何件ものブースが並ぶ
そこで 
それぞれが自分と相性の良いお店をチョイスし 好みのお茶を手に入れるわけだが  この日 偶然にも Samさんと私が常連とするお店が 同じだったことを知ることとなってビックリ
この旅での 嬉しいことの一つだった

DSC05444.jpg

安吉白茶
茶名は白茶と言っても 浙江省安吉県の緑茶である

DSC05446.jpg

香りと味を楽しむ日本茶と違い 湯水の中で広がる芽を目でも楽しむ中国の緑茶

DSC05448.jpg

水色は薄くても 味はしっかり
 

そして ここでも 多種多様なお茶の試飲を続けていくうちに いつの間にか 夕食の時刻
お腹が空いてるのは 店主さんも同じのようで 「ご馳走するから デリバリーを」 とのお気遣いにより 数分後に届いた焼き万頭 

DSC05452.jpg

地元の方々には ごく一般的なメニューなんだと思うけれど 私は初体験 ・・・
口に入るモノに対しての衛生面が 日本以上に徹底している場面に驚かされる お国柄でもある
小さなビニール袋で付いて来た酢を 爪楊枝で突ついて容器の蓋に注ぎ 美味しくいただいた
 

凍頂ウーロン ジャスミン茶 龍井の新茶 大紅胞 などを存分に調達して満足 
この旅で2回のうちの1回となる タクシー利用でホテルに戻る

夕食が やや物足りないままなため ホテルに隣接の餐亭で 軽く 青菜入りの粥を



3日目の朝は 特に決めたこともなく とりあえず朝食がてら 豫園へ

DSC05460.jpg

朝から 宮爆鶏丁 ・・・ とは言っても 既に10時を回っていたっけ

豫園周辺 城隍庙の小物売り場を 一通り  
Samさんが試着したチャイナ服は サイズが合わず断念

地下鉄で フランス系の大型スーパーへ

スーパーの前で立つ地元男性のカートに入った ショウブとヨモギの葉に 私の目がテン
日本と一緒なんだ!
やはり お風呂に入れるのか伺うと そうではなく 玄関に魔除けとして飾るのだそうだ

では 日本でお風呂に入れる理由は何なのか そのうち調べてみよう ・・・

 
DSC05465.jpg
 

勉強熱心なSamさんは また お茶屋さんへ行きたいというので ここからは別行動とし 私は布市場へ

いたるところのレンタル自転車  

DSC05461.jpg

中国の交通事情を反映している情景に興味津々 ついついカメラを向けてしまう


最終日の夕食は 一人となって もう一度 酸辣湯
それから あまり人気のない ジョウナンシャオユエンズは 酒粕に白玉のデザート風
何とかの一つ覚え通り 最初に暗記した中国料理名
これで十分と思ってオーダーしたら 「スープばかり二つでいいのか?」 と
夕食だし 一人だし これで良いのです

DSC05469.jpg



日曜日である
上海タイムで19時から 「女城主 直虎」 を見なくてはなので 食べきれなかったのは 持ち帰り
テレビの前で もう一度 好物のスープ2点を頂きながら 「直虎」 鑑賞という至福


帰国の朝 15階 ホテルの窓より
早朝のせいか 地下鉄が充実したからか 高架が こんなに空いているのが目新しい
これまでの無駄なクラクションが鳴り響く 渋滞の交通事情から一変した秩序が感じられる

[広告] VPS


初日同様の パンと紅茶とライチで朝食を済ませ
この旅で 2回のうちの1回であるタクシー利用で 虹橋空港へ

機内食までの時間を考慮し ラウンジでは 主食を控え デザートをたっぷり

DSC05484.jpg
 
機内食は 和をチョイス

DSC05500.jpg



搭乗した時から 着陸前に気流の関係での揺れる可能性が アナウンスされていた

 
[広告] VPS


空に映える雲の流れを撮ろうと カメラを手にしたころ 
機体が揺れ始めたけれど 富士山を見つけたとあっては カメラを手放すわけにはいかず 



無事 帰国



スポンサーサイト

<< 留守中のスマホ  TopPage  心地よく >>

コメント

キャップおかえりなさいまし(* ̄0 ̄)/

見てきたんですね
るりとうわたの空

至福の4日間楽しめたようで良かったです。


SAMさんのサイズが合わないチャイナ姿見てみたかったです( ̄∀ ̄)

直虎って上海でも放送してるんですね!?
そういう所にビックリです

2017.05.31   きよ   編集

今日は(*^_^*)

お茶の旅でしたか。
本場の味を堪能されましたか?

中国のお茶は、種類が沢山あるんですね(*^^*)

レンタル自転車、主人は借りて乗った事があるそうです。

結構便利だったと言ってましたが。
地下鉄も新幹線も随分便利になった様ですね。

やはりオリンピックが開催されたからでしょうか。


楽しまれて何よりでしたね(^_^)

2017.05.31   toto   編集

お茶の魅力は・・・

麦さん

お帰りなさい~


中国茶は奥がふかそうですね。私は娘が香港に6年位でしょうか、住んでいました。何度も香港へ行きましたが、娘も婿も(オーストラリア人)一切お茶に興味を示さず、私もそんな状況で、中国茶は面倒とスルー

有名な御茶やさんもへぇーと(笑)お土産にも何とか茶のティバックを買ったりしてました。

今思うと、もう少し興味を持てば良かったと後悔しています~

その頃お知り合いだったら、お勉強できましたのにね
残念でした。

2017.05.31   ねこやま   編集

コメントありがとうございます

v-365 きよ さん

るりとうわた色の空を飛んで、麦わらキャップ、戻りました(*´▽`*)

ツアーだと、このような楽しみ方は出来ませんね。
良かったです。

日本の和服とチャイナドレスは、どんな女性にも似合うデザインなんだそうですが、
サイズばかりは・・・

ホテルにもよりますが、ここは、BSのリアルタイムのと、過去の録画の番組とが見られましたよ。


v-365 toto さん

お茶市場から、茶館から、お茶のオッカケ旅でした(*^▽^*)
交通事情とお茶と、本場の中華料理。

中国茶の種類は、1000種を超えるのだそうですよ。

おぉ! ご主人はレンタル自転車を体験なさったのですね。
さすがに、きっとタクシーを呼ぶのもOKですね~。

オリンピックは、2008年でしたっけ。
急激に進化したように感じました。
少し前までは、一人でも苦になりませんでしたが、もう、海外は、誰かが一緒でないと不安な年齢です~(*´▽`*)


v-365 ねこやま さん

私も、最初は、健康茶のイメージから首を突っ込んだのでしたが、
知れば知るほど、奥の深さはアリ地獄のようです(*^^*)

あら、ステキ~!
お嬢さん、国際結婚なんですね。
香港に6年暮らせたら、ラッキーですね~!

気候的に、香港は、白茶が向いてると聞いたことがあり、香港の茶館では低い温度で淹れた白茶を頂きましたが、とても美味しかったですよ。
きっと、ねこやまさんもハマったと思います。

この先、出会いのキッカケが、なにがあるか楽しみです。
何しろ(*´▽`*) ふふっ! ・・・たまご・・・


2017.06.01   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/448-504efea9




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad