るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


秋の種蒔きに追われつつ

それぞれに うってつけの適期はあるにしても 春蒔きは春の 秋蒔きは秋の彼岸ごろが種の蒔き時期と 大雑把に心得ています

今年も その季節がやってきて 今日は蒔こうか 今日こそは蒔こうか と思いながら 栗の渋皮煮に凝ってみたりして 種のほうは いまだ手付かず

今年の夏は 炎天が続く時期に雨が多かったことが幸いして 山ではキノコが豊作なんだとか

DSCN2622.jpg

言われて見れば 9月に入って快適な秋空が続いたころ どちらからともなく 「山に行こうよ」 となり 行楽好きの友と登った弁天山にて 色んなキノコと遭遇したのは9月16日のこと

DSCN2604.jpg DSCN2621.jpg
DSCN2623.jpg DSCN2632.jpg


秋の山に行けば 必ず何らかのキノコを見る事ができるけれど こんなにも多く ましてや これまでに見たこともなかった驚くほどに鮮やかなキノコとの出会いは やはり 雨が多かったこの夏の気象によるものなのでしょう

DSCN2614.jpg


渋い色で覆われる秋の山で ひときわ目立つ艶やかな姿に とても食べられるとは思えない先入観から カメラに納めるにも手に触れないよう注意を払ってのことでしたが あとで知るには どうやらタマゴタケという名の食べられるキノコと判明

食べられるらしい と 同行した友に伝えると いつかハワイでは海岸端に立つ大木の下に落ちていた木の実の味を試した彼女ですら
あの色じゃ 食べられると聞かされても食べる気にはならない ・・・   とな

DSCN2616.jpg


色々な植物の毒に要注意としても キノコの毒は 特別に恐れる危険が含まれているような気がするのは キノコは 「菌」 というイメージからでしょうか

私がこよなく愛すオキシペタラムにも カットした際の切り口から漏れる白い液体は目に触れると視力に影響するらしいし 知らなければ つい食べてしまいそうな あの可愛らしいオキナワスズメウリにも毒があると聞きます

キノコに対して 命を落とすほどの毒ではないからこそ 毎年 毎年 その花姿を楽しみに種を蒔くことの繰り返し

 で いつ蒔くの?


冷蔵庫の野菜室で待つ種の訴えを負い目に感じながら 明日はメロン食べ放題のメロン狩りを伴う大洗方面バスハイク 

 で 行って来ます!





スポンサーサイト

<< 台風18号の前日  TopPage  るりとうわた色の空に >>

コメント

麦さん、こんにちは。


歴史物語の再開です。
時代は古代の飛鳥時代あたりです。





あまりテレビドラマは見ないほうだけど、家内が面白いというので観たトンイという韓国の時代劇は面白かった。朝鮮李王朝は戦前の日本帝国が朝鮮併合とともに滅ぼしたという歴史が少し気にかかるがドラマは実によく出来ていた。韓国の人たちはドラマ好きで、日本なら続きはまた来週のお楽しみ~♪となるところが、60分ドラマが週に二回とか三回とか続く。おそらく撮影するほうも大変だろうと思う。

トンイは朝鮮李王朝の王位継承に絡んだ政治劇と人情劇を組み合わせた人間ドラマで、主人公のトンイは低い身分で生まれたが、ついには王の側室となり王子を生み育てる。そして他の王子と王位を争いついにはトンイの産んだ子が王様になる。

王位継承に絡んだ権力闘争は、朝鮮王朝だけの特別なお話ではない。わが日本でも皇太子に男児が生れないことから、跡継ぎをどうするか話題になった。秋篠宮に悠仁親王が生れてやれやれこれで天皇家も安泰だということになった。天皇の跡継ぎが男の子でなければならないという決まりがいつ成立したのか知らないが、「男系の男」という仕組みは明治以降の話のような気がする。明治になるまでは女性の天皇は公然と認められていた。

日本は70年前まで家柄や血筋というものがものを言う時代であった。歴史を遡ればいつの時代もそうだった。巷の民にとっては身分はどうでも良いことではあるが、幸運にも殿上人にまみえる身分を勝ち得た者は、家柄と血筋が欲しくなる。それにはどうしても書いたモノ(家系図と伝記)が必要だということになる。

日本で最初に身分を明らかにし、それを記録したのが天武天皇だと言われている。歴史の教科書によれば、稗田阿礼という記憶の天才が覚えていた歴史伝承を文字として記録したもので、古事記と呼ばれている。また中国の歴史書をまねて日本の歴史を述べたのか日本書紀と呼ばれている。そこに語られている歴史は神話の時代から始まり、神々の子孫としての天皇家の正当性が記されている。そして、物語のなかには、日本の古代王朝にも王位継承をめぐって数々の争いがあったことが分かる。

ここからが歴史問題

問題三十六  
天皇としての治世期間は14年。古代日本の統治機構、宗教、歴史、文化の原型を
作った。実兄の娘を妻に娶り、この妻ものち天皇となった。天皇を称号として使用し、日本を国号とした最初の天皇とも言われている。この天皇とは誰でしょう?




問題三十七
  中大兄皇子は藤原鎌足とともに西暦645年から「大化の改新」と呼ばれる政治改革を断行した。この「大化の改新」のプロロ-グとなったク-デタ-事件を何と呼ばれているでしょう?

問題三十八
  668年、琵琶湖南部の蒲生野という草原で薬猟が行われた。薬猟では、男たちは薬効があるという鹿の角を獲り、女たちは薬草を採る。その時に、二人の貴人が下の歌を詠み合ったという。その二人とは誰か? また歌の意味はなんだろう?

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る
紫草の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我れ恋ひめやも 

問題三十九
  天武天皇の長男でありながら、母の身分が低かったが故に皇太子になれなかった王子。歴史家や小説家のなかでは、十市皇女と恋仲ではなかったのか?という話題がある。この王子とはだれでしょう?


日本の古代王朝における皇位の継承には、近代に確立されたような直系長男子の
相続のような明確なルールがあったわけではなく、兄弟間や時には女帝の誕生と
いったことが頻繁に起きた。古代の万葉の時代を彩った王朝劇の中で最大のもの
は、壬申の乱であるが、そのほかにも皇位継承がからんだ血なまぐさい事件は数
多く起きている。なかでもこの二人の絡む事件は、その悲劇的な背景から人々の
同情を誘ってきた。二人とも、有能であるがゆえに警戒され、罠を仕掛けられて
死んだ。しかして死に臨んで、無念の思いを歌に残した。それらの歌からは、悲
劇の皇子としての姿が浮かび上がってくる。

問題四十
  次の歌を詠んだ悲劇の皇子とは?
    磐代の浜松が枝を引き結びま幸(さき)くあらばまた還り見む
    家にあれば笥(け)に盛る飯(いひ)を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る

    また歌の意味はなんでしょう?

問題四十一
  この皇子は誰でしょう?
ときの女帝によって死を賜った悲劇の皇子。天皇の長子として生まれ、その母は女帝の姉であったこともあり、血統的には申し分なかったが、母を幼くして失い、政治的な後ろ盾は小さかった。それでも幼い頃から聡明さを発揮し、人柄も人に慕われるものを持っていたため、女帝は彼がわが子のライバルとして脅威に思っていた。父の天皇が死するや、あとを継いだ女帝は、間髪を置かぬが如くに皇子に謀反の罪を負わせ葬り去った。

   うつそみの人なる吾や明日よりは二上山を我が兄(せ)と吾(あ)が見む

  この歌は皇子の姉の大伯皇女が弟の葬られた二上山を弟の形見と思って眺めましょう
と歌ったものである。




ぼちぼち調べてみてくださいね~♪ 何事も史の文字付けて学となる!

2014.10.07   えんてつ   編集

えんてつ さん

こんばんは。

私は、テレビは大好きですがドラマは見ないですね、、、。
あっ! 朝ドラだけは日課です。

韓国ドラマの人気は、覚めた目でみていましたが ^^;
私も見たら嵌るに違いないと思い、意識して避けています。
私のことですから、見始めるとアリ地獄ですから、誘惑しないで下さい(笑)

歴史問題、再スタートですね。

問題三十六は、降参。
問題三十七は、乙巳の変、ですね?

問題三十八はググってみたら面白そうなので、ゆっくり楽しませて頂きたく、、、
以降、回答が遅れます ^^ゞ

2014.10.08   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/51-075a1397




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad