るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


歴史問題  ラストスパート

なんちゃって歴女が 本物の歴女に成り得るでしょうか!
いよいよ ゴールのテープが見えてきました歴史問題 最後の10問です


問題八十一
>頼光の大江山の鬼・酒呑童子を退治したという活躍は世に鳴り響くことになりましたが、真実は何だったのでしょうか?

・ 鬼は架空の生き物ですから、武勇的人物像として鬼退治の話、ということですか?



問題九十一
 1608年近江国高島郡小川村に生まれる。名利を避け、清貧の中で求道生活を続けた高徳の人として広くその名を知られた。彼の教えは近隣の農民にも及び、その感化力に驚いた熊沢蕃山が入門を請うた。また老いた母のために職を辞し、母の喜びをわが喜びとした逸話は、近代になってからも孝の道徳をあらわす典型として、国定教科書に収められた。内村鑑三は日本史上最も理想的な教育者として『代表的日本人』の中でその求道生活を紹介した。さて、この日本陽明学派の祖といわれている人物とは?

・  中江 藤樹


問題九十二
貴族や皇族のためであった仏教を庶民に開いた人。1186年、京都大原勝林院での問答(談義)では、居ならぶ各宗の碩学を前にして、諸宗の法門、修行の方軌、得脱の有様についてのべ、さらにこれに対して浄土の法門こそ現今、万人に適したただ一つの教えであることを示した。
この大原談義において浄土門を示し知恵第一と称された人物はだれか?
また、この時、この人物に仕えていた人に蓮生という人がいたが、この人物の経歴は非常に有名である、これについて答えなさい。

・ 法然上人
・ 熊谷直実ですね?
平家に仕えていたが石橋山の戦いを契機として源頼朝に臣従し御家人となる
のちに出家して法然上人の門徒となり蓮生と号した


問題九十三
明治新政府時代の軍人の妻。名前を「七」といったが結婚に際して、「七」は八百屋お七を連想させるということで、「静子」に変名した。姑の寿子との折り合いが悪く、二人の男児が生まれたあとでついに別居した。明治45年7月30日の明治天皇の崩御のあと、9月13日の大喪の礼の当日、夫と共に自害・殉死した。この夫婦とは誰でしょう?

・ 乃木希典 静子


問題九十四
江戸城内での刃傷事件は元禄赤穂事件が有名だが、赤穂事件以外にも記録がある。1684年、淀川河川工事のいきさつから、ときの大老・堀田正俊を江戸城内で刺殺した大名とは誰でしょう?

・ 稲葉正休


問題九十五
徳島県出身、明治から昭和の婦人活動家。徳島の小学校などで代用教員をしていたが1909年上京した。病気の弟との貧困の中での生活苦から勤務先での社長のセクハラ行為を拒否できない状況を雑誌に投稿して議論となる。1914年12月号の雑誌「青鞜」は「生きるために女が自分の性を売ることは許されるのか」という、当時としてはショッキングな問いかけで始まる。このとき論戦を張った安田皐月には、生きるために女が自分の性を売ることがとうてい理解しがたいと主張した。安田皐月は日本女子大を卒業して、親の支援を得て独立した販売店を経営するという、当時としては進んだ女性でしたが、貧困の中で生きるために苦しんでいる女性が、自分と同じ『青鞜』の一員であることが許せなかったようだ。さて、この論争において「私たち女に財産と職業がない事は本当に忘れぬ事の出来ぬ災害である」と主張し、貧困の中を歩み、昭和の戦後の時代まで生き抜いたこの女性とは誰でしょう?

・ 生田花世


問題九十六
今年の夏は各地で豪雨水害が発生しました。近畿では、京都・福知山も被害があった地域でした。
さて、この福知山は城下町で知られていますが、江戸時代、ある魚をめぐって城主は自害、お家断絶という血生臭い事件が起こりました。さて何という魚をめぐる事件だったのでしょう?

・ 寒ブリ


問題九十七
幕末の思想家。
1854年、ペリ-が日米和親条約締結の為に再航した際に、金子重之輔と二人で伊豆下田港に停泊中のポ-ハタン号へ赴き、乗船して密航を訴えるが拒否された。のち自首し、下田で取調べを受けた後、江戸伝馬町の牢屋敷に送られたが、罪人として国元へ送られ野山獄で幽閉された。翌1855年放免となり出獄し塾を開いた。1858年、幕府が無勅許で日米修好通商条約を締結したことを知って激怒、討幕を表明して老中首座である間部詮勝の暗殺を計画するが藩により逮捕された。翌1859年、老中暗殺の企てが幕府に露見し安政の大獄に連座、幕府の命により江戸に護送され斬首された。享年30歳。
この思想家とは誰でしょう?

・ 吉田松陰


問題九十八
日本にそろばんが伝わったのは14世紀だといわれています。そして、そろばんの普及と共に計算技術も発達してゆきました。江戸時代の初めごろに、日常生活に必要な計算の方法を書いた参考書が編纂されました。そして、この本によって日本独自の数学である「和算」の基礎が築かれました。著名な和算学者の関孝和や貝原益軒もこの本を手に取りました。さて、この本の題名と著者は誰でしょう?

・ 塵劫記
・ 吉田光由


問題九十九
江戸時代、摂津の人。俗姓下川氏。若い時に真言宗の僧として高野山で修業し、大坂生玉の曼陀羅院住職となる。その間に、下河辺長流と出会い、学問的な示唆を受ける。その後は遍歴を重ねる。和泉国池田万町・伏屋重賢宅に仮寓し、古典を渉猟する。仏教書や和漢の古書に精通した学識で古典を研究し、「勢語臆断」、「古今余材抄」などの古典の注釈や、仮名遣い研究で優れた業績を残した。人となり清介、貧に安んじ、素に甘んじた人柄で、水戸徳川光圀の命で執筆した『万葉代匠記』(『万葉集』注釈書)は、実証的で緻密、しかも創見が多く、後世に大きな影響を与えた。「国学」は本書の成立を以て始まったとされる。この人物とは?

・ 契沖


問題百
1854年生まれ、佐賀県唐津出身の建築家。17歳の時に唐津藩の英語学校に入学、明治5年、上京(当時、唐津から東京までは、船を乗り継ぎ、開通したばかりの横浜~新橋は鉄道を利用し、それでも唐津から12日間もかかる旅だったそうです)。20歳の時、工部省工学寮第1回入学試験があり、やっとのことで末席、しかも再試験で合格します。当初、造船を志望しますが、教養課程終了後、造家科、今の建築学科に進みます。 明治10年、建築学科に英国から25歳の若さでジョサイア・コンドルが教授として着任します。 明治12年、末席で入学ながら、何と工部大学校を首席で卒業します。この頃、首席で卒業した者には官費で英国留学がご褒美としてありました。さらに帰国後には英国からの教授に替わり教官となって後輩の指導に励みました。
この建築家とは誰でしょう? また彼の建築物を三ヶ所あげなさい。

・ 辰野金吾
・ 日本銀行本店 東京駅 奈良ホテル



今回は けっこう自信があります。
さて 有終の美を飾ることができるでしょうか !



スポンサーサイト

<< 5個 100円  TopPage  奥多摩の むかしみち >>

コメント

麦さん、こんにちは。

スレ立てありがとうございます。ついにやりました100問~♪
きょうは立冬とか、でもこの活力で冬もゆうゆう乗り越えられるといいね。


歴おんな百歩あゆんでみえるもの仰ぐ夜空の百の流星  ~♪
先日、火球とやらが世間を騒がせたとか・・・・・


問題八十一
ついこの間、レジェンドという言葉が流行しましたが、頼光さんもその一人なんでしょうね。鬼というものが認知されたのもこの時期だといわれています。当時の人々は鬼を現実のものと考えていたのでしょうか? それとも物語の中だけの架空の話だったのでしょうか? 
わたしと同年齢で、大好きなゴジラが認知されたのはいつ頃でしょうか? 1000年後、1954年にゴジラが現れて人々を苦しめたという物語が残っているのかも知れません。 


問題九十一
 正解!中江藤樹は、近江聖人と言われて、わたしの年代までの滋賀県人は学校で教わりました。陽明学の考え方は、「知行合一」といって、知識と行動は合致しなければ意味をなさない。知識があるだけでは何の値打ちもないし、単に行動だけというのもいけないということで、分かりやすい反面、かなり過激な意味合いを含んだ考え方です。大洲藩に仕えていましたが、年老いた母のために辞職を願いますが認められなかったので脱藩し浪人となって故郷の近江の母のもとへ帰りました。ほんとうに優しい人だったようで、人は優しくなければ生きていく資格がないと、どこかで聞いた言葉がぴったりの人物です。


問題九十二
正解ですが75点! 法然さんは、庶民がみずから修行をして「成仏する」なんて出来っこない。ただ仏にすがって極楽に「往生(生れ変る)」するしか道はないと悟りました。ここでいう仏とはお釈迦さんの前に人間が修行して仏になったという法蔵菩薩が修行中に48個の「願」をかけました、そのなかで、もし修行が実って仏となったならば、わたしの名前を唱える人々をわたしの国・極楽へ生れ変らせて欲しいという「第十八番目の願」がありました。この法蔵菩薩は無事に仏(阿弥陀如来)となりました。法然さんは、この阿弥陀如来の十八番目の願にすがって極楽往生するのだと庶民に教えました。いわゆる他力本願ということです。これが正しいのかどうかの論争が「大原談義」でした。その後、仏の名前を唱えるだけで極楽へ生れ変れるなんて邪道だとする古い仏教宗派の僧や貴族たちは、讒言をして法然さんを流刑にしました。

蓮生さんは、元は熊谷直実という源氏方の武士でした。一ノ谷の戦いで、馬を泳がせて沖へ逃げる平家の若武者を呼び返し討ち取りました。この人は平敦盛という16歳の若き大将でした。自分にも同年代の息子がいることから、逃がそうとしますが、仲間の軍勢が近づいたことから泣く泣く首を取ります。平敦盛は清盛の甥、笛の名手で、祖父の忠盛からいただいた「青葉」という笛を持っての戦いでした。熊谷直実は、息子ほどの年齢の若者の命を奪ったことによって 戦の無情さや世の無常観を感じ、心に深い傷を負いました。 これが出家して法然さんの弟子となる動機だといわれています。

それから400年後、織田信長が幸若舞「敦盛」を好んで舞ったとか。


問題九十三
正解!乃木将軍は日露戦争での戦略的失敗で多数の兵士を死なすとともに二人の息子を亡くしました。その後、学習院の院長を務めました。明治天皇への殉死は日露戦争での過ちを懺悔しての自刃だといわれています。


問題九十四
正解! 稲葉正休が江戸城内で大老・堀田正俊を刺殺した。淀川河川工事の責任者に任命された正休が工事代金を水増し請求したとの疑念から仕事を外されたのを恨んでの刃傷事件。


問題九十五
正解! 「青鞜」は平塚らいてうが中心となった婦人解放雑誌であった。生田花世は伊東野枝らとおなじく男女同権を目指していたが、「青鞜」内部では、女性の貞操観念を重大視する論調もあった。
伊東野枝は、ふとどき者として、甘粕憲兵隊長らに虐殺される(大杉事件)が、亀戸事件と同じく関東大地震の混乱のなかでの不当な弾圧事件であった。


問題九十六
正解! 福知山城主であった稲葉紀通と丹後宮津城主の京極高広との間で起こった事件は「寒ブリ」に関連したとされる。もともと稲葉紀通は乱心が激しく非道な行いが多かったようで、最後は幕府に対する謀反の疑いまで取り沙汰された。


問題九十七
正解! 吉田松陰は1830年生まれ、「松下村塾」で知られていますね。1854年に黒船で密航しようとしますが、1854年はわたしの生まれる丁度100年前なんですよ。明治維新に向けての新生日本の人脈を形成した人物です。
数え30歳で刑場の露に消えるまで、じつに前科五犯でしたが、死に臨んでは、・・・・
「いよいよ首を斬る刹那の松陰の態度は、実にあっぱれなものであった。悠々として歩き運んできて、役人どもに一揖(いちゆう)し、“御苦労様”と言って端座した。その一糸乱れざる堂々たる態度は、幕吏も深く感嘆した」「小生、獄に坐しても首を刎ねられても天地に恥じ申さねばそれにてよろしく候。」

松陰には複数の辞世が残っている。そのなかで「絶筆」とされるものは江戸での刑死直前に詠んだ歌である
「此程に 思定めし出立は けふきくこそ嬉しかりける」。・・・・・死への覚悟はとっくにできており、きょう死ぬことを聞いてもうれしく感じるほどだという意味となる。イスラム国の戦士たちもおそらくそんな心境ではないかと思うと恐ろしい。


問題九十八
正解! 江戸時代は鎖国で国を閉じていた故に、日本独自の技術や文化が発展しました。塵劫記は江戸時代を通じて最高の参考書だったといわれています。明治になって西洋かぶれしましたが、今頃になって「和算」が見直されてきています。


問題九十九
正解! 最初に公式に仮名の使い方を定めたのは、藤原定家でした。定家は古い本を書き換えたりしているうちにおかしな使い方がされていることに気が付いて、乱れを正そうとしました。そして時は流れ江戸時代になって、定家の仮名使いにも問題があることが分かりました。契沖はお坊さんでしたが「万葉集」の研究をしてそれに気が付きました。
時は、鎖国の真っただ中で、契沖の指摘は多くの人に注目され、日本の古典が見直されることになりました。「国学」とは日本の歩んだ道の再評価の中から生まれ、その最先端は「国粋主義」となりました。


問題百
正解! 辰野金吾さんこそは、明治維新の日本において、目に見える形で新生日本を表現した人です。辰野金吾が東京スカイツリ-を眺めて何というだろうと考えてみるのも歴史の面白さです~♪



 麦さん、よく頑張っていただきました。出来栄えもよろしく「歴女」に列することは間違いないと思います。まさしく終り有きの美しさです。

官兵衛さんに限らず、「大河ドラマ」は歴史への興味を広げてくれますね。また、ときどき共に歴史をかじりましょう。来春はわたしも今よりさらに自由が増えると目論んでおります。麦さんと以心伝心、官兵衛さんの便りを求めて示し合わせて探索に出かけようと思います~♪


歴おんなニセ過ぎるほど本物に ~2014-11-7完

2014.11.07   えんてつ   編集

えんてつ さん

立冬で、こちらは18℃の予報でしたが、実際は、もっと暖かい感じでした。

大きな流れ星でしたね。
宇宙船でなくて残念! 


今回も、満点ではなかったですね。
マイナス25点は、蓮生さんの経歴に平敦盛の名前が出てこなかったから、ですか?

100問!
頑張りました! 自分を褒めてあげましょう。
ウィキペディアに行かずに答えられたのは、秀吉が秀頼可愛さから、甥の秀次に切腹を命じた問題だけ。
ほとんどが参考文献の丸写し  (^▽^;)

川中島の戦いが済んでから関ヶ原、大坂の陣 辺りまでを想定していたので、思いがけず広範囲に及んで辛かった~!

鳴かぬなら 代わりに泣いた ニセ歴女



2014.11.07   麦   編集

こんばんは。 

ちょいとしんどい目にあいましたね。

問題の答えを調べるなかで新しい気づきとか疑問とか納得とかがあったことと思います。

蓮生さんの経歴を語るときに敦盛抜きではダメだと思います。{青葉の笛}は歌にもなっていますよね。

人気があるのは、古代の皇子たち、戦国、幕末
だと思います。なので、ちょっと範囲が大きかったですね。
答えはいろんな情報を集めるのが普通ですから
PCの時代で良かったです。


鳴き声の彼方にひとつまるい月  ~♪

2014.11.07   えんてつ   編集

えんてつ  さん

リアルタイムに こんばんは!  です。

いえいえ、しんどいほどではありませんが、ちょうどPCの調子がイマイチの時で、検索して記入するとフリーズしたり、外出が重なって忙しい時だったりと、回答が遅れるので、気になる時がありました。

解く過程は、面白かったですよ。
意外な発見がありましたしね、回答に対して、えんてつさんの補正も勉強になりました。
でも、まだ、全部を把握していません。
これから、ゆっくり・・・
次は、、、
秀吉、信長、家康、限定でお願いします、あっ、官兵衛クンもね。 (^^ゞ、

明日は、もしかしたら、中央道の紅葉が見られるかも、です。

2014.11.07   麦   編集

こんにちは。

今週は中盤頃から気温が下がるとのことです。
いよいよ冬到来かなと思います。

昨日の夜のこと、知人宅でとある相談があっての帰り、小雨が降ってきたので車で送っていただきました。9時過ぎぐらいでしたか、家に到着寸前の
ところで、自動車の前を大きな角のある雄鹿が現れて横切りました。細い田舎道だし夜のことでスピ-ドが全然出ていなかったので良かったです。
衝突ぜずに済みました・・・・ほっ。。。

自動車の前をさっと問題なく横切るのはドキッと
するだけですが、夜間に飛出しで車のライトのほ
うに顔を向けた時はやばいです。立ち止まることがありますからねwwwwww

去年は、昼間に雌鹿が出てきて、マロンが必死で吠えていましたがぜんぜん気にしていませんでした。

俄猟師涎垂らして鹿を見る・・・これぐらいの気持ちにならないと鹿にバカにされるに違いない!





中央道の探索、いろんな発見がありましたね。
林檎は家にアルプス乙女ちゃんがいますが、実り
という面での迫力はぜんぜんです。
いつかまた麦さんと紅葉狩りできると嬉しいですが、このさいですから、歴史探索に名を借りて略奪計画立案中です~えっへっへ~♪

>秀吉、信長、家康、限定でお願いします、あっ、官兵衛クンもね。


合点承知ということで、近かじか始めようと思います。

さてお次鳴かしてみしょう難問で・・・うそうそ

2014.11.10   えんてつ   編集

えんてつ さん

こちらは暖かかったですが、でも、明日は雨で寒くなりそうです。
今年、暖かい冬だといいですね。

鹿は夜行性でしたか!
えんてつさんの周辺で暮らす鹿は、人馴れしちゃったんですね。
涎垂らしてですねぇ~、、、猟師免許取得の目的は、そちらでしたか(≧▽≦)

リンゴの種類が増えましたね。
皮が黄色いリンゴ、実が赤いリンゴも。
アルプス乙女、早く大きくなって、いっぱい生るといいですね!

三千院の紅葉は、なかなかゴールできないのに、歴史問題のほうが、先にゴールしてしまいました(笑)
おっ! 立案中ですか! ふっふっふ~♪

戦国の御三家とは、せっかく仲良くなれたところなので、お手柔らかにお願いしますね。
一気に十問は、(--〆)

鳴かすなら 殺してしまえ 恐歴女~


2014.11.10   麦   編集

こんにちは。

今朝は3℃でした。冷え込み具合、近畿で3番目だとか・・・・
いよいよ霜が降りてきそうです。
まだ皇帝さん咲いていないんですよ。

鹿君ですが
奈良公園の鹿みたいに大人しいと良いのですが
一番の被害は、田植え直後の稲が伸び出した頃に
田んぼに入って食べることです。
これに反して、イノシシ君は秋の収穫時期に田ん
ぼの稲を食べに来ます。
最近特別大きい食害はアライグマです。
春から秋にかけて畑で出来るものが狙われます。


略奪計画は別途ご提案させていただきます~♪


豊さと徳を織り混ぜ旅はゆく ~御三家


2014.11.11   えんてつ   編集

えんてつ さん

今日、ブログ巡りをしていたら立派な皇帝ダリアが咲いていました。
我が家は蕾の気配もないので、今年は咲かないと思いますが、えんてつさんのところでは、蕾はありますか?
どういう理由なんでしょうね、、、
早くから手をかけて来たんですけどね、、、
皇帝さまだから、気まぐれ、わがままなんですかね。


収穫までに敵が多いですね。
囲いをするのも大変ですよね、、、。
山には美味しいものがありそうですが、やはり人間が食べるものが、一番、美味しいのでしょう。

私の特技は他力本願!
頑張ってくださいね~( *´艸`)

わぉ!
負けました、、、 by ホトムギス


2014.11.11   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/69-125880be




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad