ラン ラン ラン


隣が空き地だったころ 敷地の境界に白樺を植えました

白樺の成長は著しく 空き地が整地され6件の建売住宅が建設される運びとなったときには 半分以上の枝が境界を越えていて やむなく 伐採せざるを得なくなった無念
せめて ヒコバエを伸ばして小さな株に育てられたらと 幹を1mほど残したのでしたが 祈り空しく1本のヒコバエを見ることもなく 2階の窓から手が届くまでに育った白樺の大木は枯れてしまいました

地上擦れ擦れにカットすることで 株立ちの白樺を見ることが出来たかもしれない 今ならではの知識

樹木は 根だけになると命の危険を感じ 残った生命力の限りを発揮して芽を出すけれど 切り倒されても それなりの長さの幹が残っていると安心して 生き永らえる気力が怠慢になるのだそうです

年間を通して15℃を必要とするデンファレを 温室のない家で尽くせる限り育ててきたものの デンファレ以外にも殖える一方の洋ランたち
手がかかる子は自然消滅しても諦めがつくことから 昨年の冬はデンファレを疎かに扱った母

案の定 この春 一本も新芽を出さなかったので ベランダの隅に放っておいたデンファレが 

DSCN3363.jpg

命の危険を感じたのですね

冬の間  大切に育てていたら 春に咲くはずの花
新芽を見つけたのはベランダに放ってから どれくらいの日数が過ぎたころだったでしょう
放られて 命乞いとも思われる 季節外れのデンファレを愛でていたら あの時 もっと根元までバッサリと処刑していたら 生き延びたかもしれない白樺のことが思い出されました

一輪が枯れたために 花屋の売り場から抹消されて譲り受けたミニの胡蝶蘭も 我が家では意気揚々と咲き誇り ランラン

DSCN3367.jpg


国内出張は 日帰りが常のハタラキバチさん
珍しく 女満別で一泊と聞き ランラン

飲み友を招待し 食べごろに漬け上がったオリーブで ワインを 軽く一本 空けちゃいました 

DSCN3362.jpg



本当に嬉しいことは ここでは秘密
昨夜 思いがけず我が家に飛び込んだ もう一つの ランラン に 嬉しさを隠せない今日 ・・・  




スポンサーサイト

<< 私が優しくなるとき  TopPage  麦の カミングアウト >>

コメント

今晩は(^-^)
麦さん、、、
ひょっとして
イケるくちですか(酒)
軽くワイン1本
なかなかと見ました(笑)
お友達とランラン羨ましいですね。

3つ目のランランが気になりますよ~

2014.11.19   h.j   編集

h.j さん

イケるんですよ~i-281 (*^-^*)
もしかして、h.jさんも?

特にこの日は、階段下で2009年から寝ていたワインだったので、ジュース並みのピッチで、あっという間でした。
なんて言うと、ものすごい酒豪みたいですね。
ほんとは、ケーキと和菓子が大好き、お酒好きというより、酔っ払いが好きなんですよね。
愉快になるから(≧▽≦)

3つめのランラン、そのうちにポロッと言っちゃいそうです~(*^▽^*)

2014.11.20   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/77-e235620d




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad