るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


コンペイトウ が咲いたけど


植物は裏切らない とは 花好きさんに限ることなく 日常で よく見聞きする言葉です

手をかければかけるほど それに見合った花を見せてくれたときに報われる苦労

植物に対して 裏切る という負の言葉が さほど不自然でないのは 世間に 裏切られるという苦い経験を持つ者が 溢れているからなのでしょう

私を裏切ったのは 愛情いっぱいに育てたのに 好きな人が出来たら さっさと親を捨てて出て行ってしまった娘 なんてね


今年も咲きました

DSCN3381.jpg

コンペイトウ という名の シャコバサボテン

DSCN3382.jpg

コンペイトウのように可愛い


花屋さんに並んでいた コンペイトウという名前と形が可愛いくて 連れて帰った子

根が詰まってきたので植え替えして 早いうちに室内に取り込んだ


DSCN3454.jpg

ぐんぐん育って コンペイトウが ただのシャコバサボテン



手をかけたら 裏切られたぞ





スポンサーサイト

<< 虚礼廃止の時節柄  TopPage  おおぉ! 一位!  &  戦国時代限定  歴史問題 Ⅱ >>

コメント

こんばんは。

此方には、初めての訪問です。

植物に限らず 手を掛け 愛情を注ぎ育てた事が
報われると・・・嬉しいモノですね。

麦さんの娘さん…母としての愛情からのお言葉、
裏返しの心根と 微笑ましく思いますが。。。(笑)

私も、取り返しのつかない怪我を負わせた娘には
人並み以上の愛情を 注いだつもりですし、
その娘が嫁ぐと決まった時・・・
本当に嬉しく、万感の想いで送り出しましたよ。
決して裏切られたとは 思いませんでしたけどネ。。。あはは。

コンペイトウと云う蝦蛄葉サボテン…
花が、コンペイトウの様なのかナ??

それが、普通のシャコバサボテンでは・・・
そりゃ、・・・ガッカリ!…でしょうね。
ご愁傷さまです。

2014.11.29   てつ!   編集

てつ さん

こちらへも、いらっしゃいませ <(_ _)>

手をかけ愛をかけた子供たちが居なくなり、もっぱら植物に手をかけております。
そうですね、目は口ほどにモノを言い、と言いますが、私の指も、口以上にモノを言いまして、裏切った娘への愛がキーボードに満載です(*´▽`*)

花嫁の父は、結婚の際の第二のヒロインですからね。
幸せな結婚をすることが親の願いですから、むしろ、「結婚しません」なんて宣言されたら、悲しいかもしれませんね。


花自体が、コンペイトウのようなシャコバなのに、今年は、普通のシャコバになってしまいました。

去年は植え替えもせず、凍えそうになるまで、室内に取り込まなかったせいか、こんなに立派には伸びなかったんですけどね。
来年は、手をかけないことにします(^▽^;)




2014.11.29   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/85-6b95416d




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad