るりとうわた色の空に

このブログのリンク&ブックマーク そして書かれた内容の持ち出しは コメント欄を含めて禁止です


歴史問題 & 我が家の 「生類憐みの令」


犬が保護された印象の強い 「生類憐みの令」 は 綱吉が戌年生まれだったから 

実際は 犬だけでなく すべての生き物が対象で
先代の異母兄 家綱 の命日である5月8日 吹矢で燕を撃った多々越甚大夫(只越甚大夫)は死罪 
傍に居た 同僚の山本兵衛は八丈島へ流罪になったとな

今 我が家の生類は メダカ 亀 金魚 グッピー 犬 そして トノ殿 
私は戌年ではないけれど 我が家でも やはり 犬への愛が一番になっている

もし それでトノの怒りにより流罪となるなら 八丈島でなく ハワイにしてほしいかな


DSCN3499.jpg
先代のトトロと同じように ジャーキーを手で押さえて食べる ムー


問-11
信長、秀吉、家康から少し離れた話題になりますが・・・・
徳川家は、家康、秀忠、家光の三代でほぼ完全な徳川幕府体制を構築しました。家康は創業者としての権威があり、また長生きしたことが幕府にとって大きなプラスになりました。
ところで、秀忠、家光の果たした役割とは何でしょう。


現代でも、後継者としての三代目は注目視されますね。

家光が果たした役割の代表的なものは
・武家諸法度の一部改正
・参勤交代の確立
とありますが、ともかく、その後に徳川幕府を存続させることができたのは三代目家光の偉業でしょうか。

江は、次男の国松の方を可愛がったのですよね。
もしも家光を、豊臣を仇とする春日局でなく、江が育てていたら、どうだったでしょう。

秀忠は、関が原にも間に合わなかったし、家康が健在でしたから、ほとんど家康が牛耳っていたと思うのですが、、、
江戸幕府と、大奥の基盤を築いたこと、でしょうか。


問-12
家光のころの徳川家の石高はいくらぐらいだったのでしょう?


25万石 
366万両の金銀もあり。




スポンサーサイト

<< 賢者の生き方  TopPage  マ が悪い >>

コメント

麦さん、こんにちは。

ム-ちゃん、お行儀よくて、おりこうさんですね~♪
こちらちょっぴり雪化粧になってうちのワン公たちは童謡を絵でみるがごとくでしたよ。

では

問-11
信長、秀吉、家康から少し離れた話題になりますが・・・・
徳川家は、家康、秀忠、家光の三代でほぼ完全な徳川幕府体制を構築しました。家康は創業者としての権威があり、また長生きしたことが幕府にとって大きなプラスになりました。
ところで、秀忠、家光の果たした役割とは何でしょう。

現代でも、後継者としての三代目は注目視されますね。

家光が果たした役割の代表的なものは
・武家諸法度の一部改正
・参勤交代の確立
とありますが、ともかく、その後に徳川幕府を存続させることができたのは三代目家光の偉業でしょうか。

江は、次男の国松の方を可愛がったのですよね。
もしも家光を、豊臣を仇とする春日局でなく、江が育てていたら、どうだったでしょう。

秀忠は、関が原にも間に合わなかったし、家康が健在でしたから、ほとんど家康が牛耳っていたと思うのですが、、、
江戸幕府と、大奥の基盤を築いたこと、でしょうか。



家光は生え抜きの自他ともに認める「生まれながらの将軍」です。単なる「おぼっちゃま」という飾り物で終わるのか、王道を学び取って幕府の権威を高めるか、三代目の毛並みの良し悪しはとっても重要です。家光は、将軍の権威をもって祖父と父の偉業を完成させようとしました。それは幕府統治の秩序の確立だったと思います。

家光に関しては、お江と春日局の確執があったように伝わっていますが、戦国ならば、家督も長男だからではなくて一番強い兄弟が継ぐのが普通です。ということで家康の目論見は武力制覇から武力統治ということで武力独裁体制を急ぎました。家光をお江が育てていたら、のちのちの国松(忠長)の事件は起こらなかった可能性は大きいと思います。

 秀忠は関ヶ原をはじめ失敗が多いまぬけさんのようなイメ-ジがありますが、家康の意図を汲んだ優秀な二代目であったという評価が増えていますよ。関ヶ原に際して信州上田城で真田親子に翻弄されて遅刻してしまったことも、万が一に備えて真田家を押えると同時に上杉家の押えを任務としていたのではないかという見方です。家康は関ヶ原に秀忠がいなくても勝算があった。ただ恐れとして討伐途中であった上杉軍が江戸を急襲すれば一気に形勢が逆転してしまう。

 もう一つの根拠に秀忠軍には、当時の徳川家康の最大の軍師である本多正信が付き従っていたことです。関ヶ原の東軍はもしかするといつ何時、三成憎しの立場から豊臣家のためにという立場に変身するかわからないという可能性がありました。そのためには戦力拮抗という見かけ上の状況が必要だったのでないかという見方です。家康と正信の計略のもとに秀忠は兵を動かした、遅刻した秀忠は家康に面会拒否されますが、部下のとりなしというか諌めに従って許しています。

 関ヶ原の情勢そのものは、史実的には東軍が破れる可能性があったので、秀忠の遅刻はあり得ないというのが本論ですね。上田攻めを途中で切り上げることは容易いことなので、秀忠の行動は戦国七不思議のひとつにあげる人もいるぐらいです。

問-12
家光のころの徳川家の石高はいくらぐらいだったのでしょう?

25万石 
366万両の金銀もあり。


幕府の所領は、直轄の天領と将軍家武将一族の旗本の領地を合わせたものになります。家光のころは、改易などで没収した領地も含めて、天領が200万石、旗本衆が300万石ぐらいではないかと言われています。合計500万石になりますが、これには将軍家以外の徳川親藩は含まれていません。吉宗の時代には合わせて800万石ぐらいになりました。
幕府の所領と将軍家の領地とは同じという考え方をしましたが、厳密に将軍家の所領ということではどうだったのでしょうね。



では、続けて問-13
その前に、ハワイへ流されるときには、召使にでも使っていただけたらと思います~♪

綱吉はホントに「生類憐みの令」 で有名ですね。でも、表には出ませんが「赤穂浪士の討ち入り」は綱吉の時代です。

綱吉は、有罪か無罪かで悩みます。それはどうしてでしょうか?

また、浪士たちは切腹することになりましたが、幕府は苦心の末に、通常の切腹とは少し違ったやり方をしました。それはどういう方法だったのでしょうか?

2014.12.19   えんてつ   編集

えんてつ さん

犬は本来、♪雪の庭を駆け回り~、ですよね。
初代のトトロを思い出します。
鼻に雪が付いたりして、可愛かったです。

問-11、12、どちらも残念でしたか!
数学と違って、これ、と言う答えは出にくい、、
って、弁解しておきます(*´▽`*)

私、半永久的に浮いていられる河童です。
えんてつさんは、八丈島までなら流れ着くでしょうが、ハワイまで? どうでしょう ( ̄▽ ̄)

問-13
時節に相応しい問ですね。
これも抽象的ですが、、、

<回答>忠臣蔵の『忠』は、心の真ん中に揺るぎないものがあった、という歴史家がいました。
正義を貫くための事件として、討ち入りを賞賛する武士もいたり、今、切腹させて命を落とすことで、後々の武士として誇りを保つことが出来る、とか、綱吉の周囲に、さまざまな考え方があったから。
元々は、刃傷事件を起こした浅野内匠頭が悪い。
「吉良に斬りつけたこと」よりも殿中で刀を抜いたことが問題。

これだけ書けば、一つくらい正解がありますかね(≧▽≦)


通常の切腹とは少し違ったやり方とは。

<回答>
三宝を通常以上に離して置き半身屈める処を打ち首にした。

2014.12.19   麦   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://maririn620.blog.fc2.com/tb.php/96-ff33038b




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad