順調

 
メダカの記録が続きます

孵化は順調で 10匹以上を確認したけど 多くの動き回るメダカベビーに もう点呼は無理のようです


今朝 18日
新たな発見があり 育ての母は嬉しい悲鳴!

ヒメダカのお腹に卵を見っけ!
既にホテイソウの根にも 3個くっついていたので隔離しました

赤と白の同居につき シマシマ紅白メダカの誕生があるかどうか ・・・

ヒメダカも黒メダカも 卵を抱えた体で すばしっこく他のメダカを追いかけます

我が子を守るためなのか イライラして八つ当たりかなのか メダカの妊婦さんの気持ちが解るはずもなくて 追われ気味の白メダカを 別のカメに移動
いえ カメが足りなくて ハッポースチロールの箱が白メダカの新居となり 歩道に面した我が家に また一つ水槽が増えました

ふふっ!
ここは 「アクアショップではありません」 

お花も咲いてます

モナルダ
DSCN6389.jpg
花姿通りのタイマツバナ という和名を持ち ベルガモットとも
 
 
柑橘系のベルガモットと同じく ベルガモットという別名を持つ花のことを語りたいのだけど



独り言を語るに 句読点は要らない

一文字分のスペースが 私の語りの句読点
その文型は blogを綴るようになって10年 ずうっと変わらない

句読点がないと読み難いかもしれないけど 私の綴りは私の声であって 文章ではないから ・・・

そんな 私なりの訳あって 句読点でなく 息継ぎのスペースなのです


私が 他所様のblogについて語るとしたら

冒頭に おはようございます とか こんばんは とか 書き出しのblogは 好かない

読み手に 皆様 と表示するblogも 好かない


何を どう書こうと 他人が何を言う権利もないこと 

だよね




 


今日のニュースは


出かける用事がある明後日の天気を調べようとしたら 今日16日の23時に雨となっています

そんな気配は感じないのにな ・・・ と思っていたら 雷が一回 そのあと 本降り
大急ぎで外に出て 水面が淵まで数㎝ほどしかない黒メダカの容器を軒下に入れました

昨日から孵化が始まった黒メダカは 9匹になりました

 DSCN6397.jpg
淵の方で2匹が寄り添っています


と 旬なニュース

これだけじゃ寂しいので ご近所さんの庭で採れた 季節の果物 ビワの話も書いとこう


DSCN6361.jpg



先週末のこと 「ねぇ 明日 忙しい?」 と お向かいさん
彼女の こういう言い回しは曲者で 案の定 ビワをもぐのを手伝ってほしい とのこと
例年は ご主人と済ませるところが いま ちょっと腰を痛めているところなので 私に白羽の矢が立ったのだ

明日の午前中なら 夫が家に居るけど ? 
と言ったら 
「ご主人を使うわけには ・・・」     気が引けるらしい

まぁ その気持ちが解らないでもなく 女子二人で ビワもぎに奮闘したのでしたが 
テレビの通販で見たことのある高枝切り鋏とか 先が三つに割れた槍みたいのとか 切り落とした枝を受け止める網とか 彼女の家には いろんな道具が揃っていて それらを使い分けながらのビワもぎが面白いこと この上なし

これだけ採れればいいわ という彼女の声を無視して 殆どの実を収穫し終えたところが 「お父さんとやるとケンカになるし お父さんより上手だわ 来年もお願いね」 

こういう作業に どうやら私は向いているらしい

気持ち良い汗をかいたあと 向こう3件両隣にオスソワケして 私の分は枝付きのままにしていただき 近くに最近 開店したダイニングバーにてランチ

DSCN6357.jpg


クラブハウスサンド と ピザを シェア


DSCN6359.jpg


200円プラスすると セットになっている飲み物にケーキが付いてくる 


ランチ一食 及び 枝付きのビワ  〆て  一日雇用された専業主婦に嬉しい日当なり 





 


好きなもの 好きなこと 好きなことば


古くから言い伝えられる <情けは人のためならず> とは その人のためにならないから情けをかけてはいけない と間違って解釈されがちなんだとか

私も 正しくは 他人にかけた情けは自分に戻って来る との教えであると知ったのは つい先ごろのこと
だけど 間違った解釈の方が戒めの言葉としては好きかな
と言うのも 正しい教訓にしては 他人にかけた情に対して見返りを期待する気持ちが見え隠れするような気がするから


DSCN5520.jpg 
種から育ったフウリンオダマキの初開花


意味としては逆になる <天に向かって唾を吐く> は 他人を批判をすると その不心得に対して それなりのものが自分に返ってくる ということでしょうか

私は 他人様を批判できるほどの者ではないので そのような事態に直面することはないと思っているけど 時には他人の言動が腑に落ちなかったり 私の常識では許せないと思える事に対して 私なりの気持ちを文字にすることがあり それは もしかしたら他人への批判だとして 受け取られる可能性はあるかも

悪意ではなく 私が思うままを発信した結果で それまでの疑問が溶けたとしたら嬉しいだけのこと


DSCN5531.jpg
コボレダネで鉢いっぱいに ゲラニュウム・ピウンギナツム



人を批判すれば自分に戻ってくる という戒めの言葉は ネット世界の聖人君子ならではの教訓のようで 実際は その言葉そのものが blogを書く者に対する批判なわけで いずれ そこらへんで渦巻いているものが 聖人君子風のところへ戻っていくっていうことかな


DSCN5534.jpg
夏が近づいて グリーンアイスという名の涼しげなミニバラが開花



好きなものは <宇宙の広さ>

好きな言葉は <奥が深い> 


大きな花にも小さな虫にも 大きな事にも小さな言葉にも 好きな事にも好きじゃないものにも 常に同じ目線で平等に対応する 広くて深い聖人君子とは ちゃらんぽらんでは有り得ない ・・・・・









今日の生き物係


ボーリングに向かう自転車で 春のブラウスは寒いかと重ね着したら 暖かいを超えて暑いくらい

立春は 日常で取り沙汰されることが多いけれど 立夏は知らないうちに過ぎているので 今日が春の花便りなのか 夏の花便りなのか解らなくて困った生き物係

ググってみたら 立夏は5月初旬らしい

ということで春の花便り シラー・カンパニュラータ
植えた覚えのない場所に なぜか出てきた1年目の年に1本 何年目かに2本 その後ずっと 毎年2本の花茎が上がります

DSCN5486.jpg



『 なんだか解らない もしかしたらチューリップの原種かな 』 と 花友さんから届いた球根
咲いてみると どうみてもチューリップとは思えず たぶん オーニソガラム・ウンベラータム
シラーと同じく丈夫なので 特に手をかけることはなく そのせいか去年は咲かなくて 球根が溶けたかと気になったけれど 今年は2株が咲いて ひと安心

DSCN5497.jpg



道の駅で 5匹くらいかな と思って連れ帰ったタナゴは 8匹いました
カメに入れていたけれど メダカや金魚と違って タナゴは横から愛でたく 透明の容器に入れ替えました

DSCN5503.jpg



久しぶりのボーリングは 3ゲームの挑戦で 1ゲームのポイントは非公開
2ゲーム 3ゲームは 聞かれたら答えるけれど 出来れば聞かれたくない ってな ぐあいでした






あぁ~ぁ  ヤダ! ヤダ! 


花友さんより 今年は 少し早いらしい季節の風物詩 掘りたての筍が届きました

すぐには食べきれない量から せっかくの新鮮さを生かしたく 知り合いへオスソワケも習慣になり ここのところ ご無沙汰の友の家へ出向いたところ 「お茶して行かない?」 「良いの?」 「だって久しぶりじゃない?」 「そうね じゃ少しだけ」

久しぶりの話題は 初節句を前にオバアチャンの笑顔があふれ 独立したお嬢さんに託されたフェレットくんの苦労話も

健康食品会社から 別に何も頂いていませんけど
お医者さんで皮膚病と判断されたフェレットくんの抜け毛の回復が見られず たまりかねたご主人が 「これを飲ませてみたら」 と ご自身が愛飲している酵素を提案して半年

すっかり元通りのフサフサとなり 最近は 少しだけ太って来たとのこと
太ったのが良いのかどうかは解らないけど

 
※※さんのフェレット 酵素で毛が生えたらしいけど 飲みますか? 
と アールワンを食べていたハタラキバチさんに問いかけたら  ま!確かに 「飲まなくてもフサフサだから」 と のたまって


DSCN5479.jpg



「へぇ~? 人間用の酵素が? じゃ ムーちゃんにも アールワンを食べさせたら良いいかな?」 と 小さなお皿に分けてあげたところが ドッグフードよりも食べっぷりが良くて

「おいちいでちゅか~」 と 数年前に還暦を過ぎた爺

「あらまぁ おサラを きれいに なめまちたね~」 と ムーちゃんの食事係


あぁ~ぁ ヤダ ヤダ!









Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad