花の記録

 
たかがブログ って 言った人がいた

そうですよ 
たかがブログ

今の私にとって たかがブログ

でも 

あなたは 知ってるの?

「明日も生きていたいのに 明日 死んでいく その人と 私を代わらせてください」 

と 神様に祈りながら ブログを書く人もいるってことを


ブログを書く すべての人のことを知っていたら たかがブログ なんて とても とても そんなことは 言えない


あなたに言われなくても 
今日の私には
たかがブログなど ・・・ 

でも

「どんな時にでも 花の種を蒔くことを忘れるような人間にはなりたくない」 


そう言った人のことが思い出されて その人のブログを お訪ねして

私が咲かせた花とは 別の世界で咲くような その人が咲かせた花の色を見ていたら 私の体の どこかから芽が出た

ブログを書こう!


クリスマスローズ 二種

DSC04934.jpg

糸ピコティとは言えないピコティ


DSC05098.jpg

ソバカスという可愛い言い方も 愛好家さんに許されるかどうかのスポット


DSC05095.jpg

年々 衰えるムスカリ バレリーフィネス
今年の花茎は 4本
いいかげん 植え替えてあげないとね


DSC05103.jpg

終盤のキリタンサスが意外に可愛い


DSC05106.jpg

ピンクスズランの芽は 今年も二つ
咲くかなぁ ・・・

DSC05122.jpg

朝から雨の中 撮ってきた
黄色いカタクリも発芽したけど 花は期待できない ・・・
 

カメラに収めたままだった 花の記録



 


とある場所を訪問して

,

引用禁止とは書いてなかったので 某ブログのコメント欄より 引用

甲さん、乙さん、慰め有難う御座いました。
なんだか、疲れました。

しかし、こういう人(きよさん)のことを無知な分からず屋というのでしょうか。
人のお節介を焼くよりも、まずは自分の実力を見極めよ!と言いたいですね。
何回も同じことを言うようですが、少しは「自分が!自分が!」から離れて客観的に己を省みよと言いたいです。

こういう手合いにはけんつくを食らわす以外に方法は無いでしょう。(^^)

しかし、この世の中「死んでも負けたくない!」と願い、何処までもしつこく食い下がる人たちがいるのですね。
なぜ、そのような硬い心になってしまったのかしら。
不思議で、気の毒な感じがします。

大抵の人は「まあ、いいか」フン♪フン♪フン♪とさっさと負けて心を軽くして生きていくのですが

しかし、こういう人たちにとってはブログが勝負の場なのでしょうか。
長い人生には誰にでも勝負時というのがあると思うのですが、
それが彼女たちの場合はブログなのかしら。
たかが、ブログでしょう。(^^)

もっと違う勝負の場があるような気がしますがね。
生きるか死ぬかの切羽詰まった状態のソレが。

向こうで麦さんの※※さんへの返コメを読み「あ、こりゃダメだ!」と思いましたね。
※※さんは麦さんを思い良いことを言っているのですが。
麦さんは人のハナシを聞かないのですね。
そして持論を繰り返す。

もしかしたら、自分が間違っているのかも知れないなあと考える心の余裕がない人に冷静な判断ができる訳がなく。

まあ、麦さんもきよさんと同レベルですが、しかし、麦さんは邪推と妄想と思い込みが入っている分始末が悪いですわ。

さて、向こうではこれからも、また訳ワカメなことを口走ってウルサイでしょうが、じゃんじゃんお邪魔して楽しませてもらいましょう。
 
  


麦 とは 私の事ですね。

麦  ・・・・・・・ 邪推と妄想と思い込みが入っている分始末が悪い
きよさん ・・・ 無知な分からず屋


これを書かれたコメント主さんは 
きよさん そして麦の人格を このように査定が おできになるほど ご立派な人格者なのでしょう

そして一方では

さて、向こうではこれからも、また訳ワカメなことを口走ってウルサイでしょうが、じゃんじゃんお邪魔して楽しませてもらいましょう。  

このような 
人間として 卑しく 低レベルな行為を企てる人格

これを 半世紀以上に亘り 私が培ってきた日本語で表せば  「矛盾」 ですね



※ 引用されることに 都合が悪い場合は お申し出ください
   コメント主さんが仰る通り たかがブログ
   私が PC前に へばりついて居るわけではありません
   引用拒否の申し出に気付いた時点で 私に時間の余裕がありましたら 非公開として保存する作業を行います





ディズニー・シー で ホワイト・デー

 
あーちゃん天使から バレンタイン・デーに ほんの気持ちを受け取っていた爺
うっかり お返しを忘れてしまった罰則で ディズニー・シーの年パスを要求され 出張中の爺に代わり行って来た

ここまで来たからには 当然ながら入場するわけで 私のチケットは 娘からのプレゼント
そりゃ そうよね 
テーマパークには あんまり興味ない私が 成り行きから 止むを得ず お付き合いするのですから


 そうは言っても 万人の夢の国は 入場した瞬間から 万人が 夢の中

DSC05020.jpg

DSC05014.jpg

DSC04994.jpg


[広告] VPS
 

アトラクションの待ち時間をチェックし 入手したチケットの予約時刻まで 移動やライチタイムに当てたりと さすがに 常習親子の時間の使い方は 人気タレント並み 


DSC05040.jpg

DSC05037.jpg

いたるところに ミッキーへのこだわり

DSC05034.jpg

どうやら 事前にネットで予約していたらしい人気のビュッフェで 待つことなくランチ
もう 私の年代では ついていけない社会を実感
 


hBXMoKLejpXtSbh1489966243_1489966952[1]
 


 「あーちゃんだけ ってわけにはいかない!」 という 爺の計らいで ソンくんにもプレゼントされた ホワイト・デーのペナルティーは 
一昨年 サンタさんから届いた年パスが有効期限となり 二人にとって 3カ月ぶりの シー


DSC05080.jpg

Kfkexdwk_WVRIc51489967043_1489967097[1]


 
プロメテウス火山 噴火!

[広告] VPS
 

夢の国からの 帰り道 
何度も 何度も繰り返される  「 ばば! ありがとう 」  に 私の方から 「ありがとう」 の言葉を贈りたかった 天使の笑顔でした



 


続きはこちら >>



気持ちを 形にして



1か月前の 2月14日 バレンタインデーのこと

このブログを無料で読む あなたへ
私から ほんの気持ちを贈り 
ホワイトデーには 形にして返して欲しいと発信した

 
気持ちを形にして返す 
 

私が現役時代から チョコレートを贈るバレンタインのイベントに こんなギャグめいた遊びもあった

それが いまだに健在だとは知らなかったけれど
たぶん ママの入れ知恵でしょう 
あーちゃんから スマホを通して贈られた気持ちを ホクホクと受け取ったハタラキバチさん

それが ホワイトデー当日は出勤だったこともあって お返しのことを すっかり忘れていたらしい

夜になって あーちゃんから請求のメールに困惑の爺は  「なんでも好きなもの」  と返信すると

「ディズニー・シーの年パス!」 と 来た

このペナルティは 酷すぎる

しかし あーちゃん命の爺に 二言は無し


nqRcvtDTr2H1vTX1489660592_1489660930[1]
 

そんなわけで 19日 みんなで シー行きが決行されるらしい

ムーちゃんは 長い お留守番になるので 思案中の私

で  これを 無料で読んでる あなたに

シーの年パスとは言わないから せめて 一日  ムーちゃんを預かってくれないかなぁ ・・・
 



 


次元が異なる世界


 
このごろ ブログのイメージが 変わった

自分が書くことも よそのブログを 読むことも 


最近になって お気に入りになった 小林麻央さんのブログさえも 忘れていた

久しぶりに お訪ねしてみた
次へ 次へ ・・・ と めくっていくと いくらでも 新記事が目に入る
こんなにも長い間  ブログを楽しむことを 忘れていたのね

このところ 胸に引っかかることを解すためだけのブログ訪問だったことに 気付かされる



お風呂に入ったらしい 麻央さん

その日のことを 綴った後に 

ほー。
あたたまったので そろそろ出ます。
 


と あって その日の呟きは 〆られていた


麻央さんが PCを 浴室に持ち込み お風呂に入りながら 綴っていたはずはない

その日  どうしても温まりたい理由があって  お風呂に入った麻央さんのKOKOROは ブログで呟く時間が お風呂に入っていた次元の KOKOROだったのだと思う

だから もしPCが 寝室に設置してあったとしたら その呟きの瞬間は 麻央さんにとって 寝室が お風呂だったのだ

と 私は 判断する



言った言わない
嘘だ 噓ではない

「あたたまったので そろそろ出ます。 」 

嘘でしょ ・・・
あなたは 今 PC前にいるのに お風呂から出るなんて 有り得ないこと ・・・
そんな嘘を言ったら ダメ ・・・

もちろん 麻央さんに そんなことを思う人がいるとは思わないけど


こんな風に ブログを綴る麻央さんの形を 嘘だと責めるような そんな次元が 実存する世界


「謝ったから許した」

なんで謝ったのか いまだ理解してない次元

嘘を言ったから謝ったのではない

嘘など言ってないけれど そのような状態になった その場では 相手の気持ちを収めていただくに 謝った方が良い と思ったから謝ったのだ 



謝った側と似たような次元で生きている私には 理解できる


志那人 と 言った 言わない

第三者の思い違いである

第三者の思い違いを そのまま信じた人がいる

信じた貴女が悪い

だから 謝りなさい  と


謝れば それでいいいの?

それすら謝れば それで丸く治まるの?

そんな 単純なことではなく そこには もっと深く捻じれた事柄と 感情とが 他に いくらでもあるはず

「第三者の思い違いを そんまま信じた私が悪かった ごめんなさい」  と 一時的に謝ったとして
そんなことで 簡単に治まるようなことではないはず 


もし 私が 今 そのような  小さな次元に入り込んで 同じ次元で考えたとしたら


不愉快な思いをさせて ごめんなさいね 
あなたのブログは 政治とは全く関係ないけれど 
私の都合で 
どうしても あなたのブログを リンクしておきたいの
 
だから許してね
 

という 謝罪の言葉を求めることになる


でも 私は そんな次元での謝罪など 必要としない

意地でも外さないわ!
という 意気込みのようなものが伺える

相手の意地みたいなものを認めれば ここは丸く収まる 

そのような次元で 私は生きていたい 




 




Copyright ©るりとうわた色の空に. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad